あなたの副業が会社にばれない!税理士が教える副業がばれない方法。副業がばれないためのEブック

あなたの副業が会社にばれない!税理士が教える副業がばれない方法。副業がばれないためのEブック

ごあいさつ

代表税理士 斉藤一生副業がばれないノウハウをご提供する当サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。 お越しいただいた方の中には、「サラリーマンやOLで副業としてサイドビジネスをしている方」、「ネットで副業している方」、「副業で水商売(キャバクラ・ホステス・風俗)をしている方」、「これから副業を始めたい方」など、様々な方がいらっしゃると思います。副業をする理由は、夢や目標を実現する為、収入を安定させるため、など様々なことと存じます。

一方で、「副業でどのくらい稼いでいるかとか、副業の存在を会社の人に知られるのは気持ちが悪い」という個人の情報を守りたいという理由で、税金の申告・納税をしないという安易な判断をされている方が多いと感じております。これは、本人にとっても、国や地方自治体の税収の観点からも決して望ましい状態ではなく、納税者と税務署・地方自治体の間を取り持つ業種である税理士としても大変心配しております。このような状態を少しでも解消できればと考えております。

当事務所では、副業のご相談を日々お受けし、非常に多くのお客様に副業がばれないためのアドバイスをしております。その豊富な経験をもとに、お客様一人ひとりに寄り添った、最良の提案をできるよう努力いたします。

税理士事務所センチュリーパートナーズ
代表税理士 斉藤一生

副業についてこんなことでお悩みではありませんか?

副業についてこんなことでお悩みではありませんか?

サラリーマンでサイドビジネスをしているが、年末調整などで勤務先にばれたくない。|OLをしているが、副業で水商売(キャバクラ・ホステス・風俗)をしていることを会社にばれたくない。|マイナンバー制度によって、今までばれなかった副業がばれてしまうのではないか不安。|副業で、派遣のアルバイトをしていることが勤務先に知られたくない。|ネットでアフィリエイトの副業をしているが、勤務先にばれないためにどのような確定申告をすれば良いかわからない。|これからサイドビジネスを始めたいが、どんなサイドビジネスがあるのか具体的な職種を知りたい。|これからサイドビジネスを始める予定だが、会社にばれないためには、確定申告の際に何に注意すれば良いのかわからない。
サラリーマンでサイドビジネスをしているが、年末調整などで勤務先にばれたくない。|OLをしているが、副業で水商売(キャバクラ・ホステス・風俗)をしていることを会社にばれたくない。|マイナンバー制度によって、今までばれなかった副業がばれてしまうのではないか不安。|副業で、派遣のアルバイトをしていることが勤務先に知られたくない。|ネットでアフィリエイトの副業をしているが、勤務先にばれないためにどのような確定申告をすれば良いかわからない。|これからサイドビジネスを始めたいが、どんなサイドビジネスがあるのか具体的な職種を知りたい。|これからサイドビジネスを始める予定だが、会社にばれないためには、確定申告の際に何に注意すれば良いのかわからない。

現在副業をされている方へ

副業が勤務先にばれたくない

現在お勤めの会社に、「自分が副業をしている」とか、「別に稼ぎがある」ということをあまり知られたくない、という方は多いでしょう。

特に、これから年末調整の時期を迎えますが、手続きに当たって不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お勤めの会社に副業がばれてしまうと、「本業に集中できていないのではないか」などと勘違いされてしまうケースもあると思われます。

そこで「サラリーマン・OLで副業している方」や「ネットで副業をしている方」、「本業とは別にアルバイトをしている方」に副業がばれないおすすめの方法をご提供いたします。

※就業規則違反を勧めたり、前提としてはおりません。就業規則はご自身で御確認ください。

マイナンバー制度で副業はばれるのか?

副業をされている方にとってマイナンバー制度は気になるところでしょう。マイナンバー制度とは、平成27年後半から住民票を有する全ての人に1人1つのマイナンバー(個人番号)が簡易書留にて通知されるもので、確定申告書にもこのマイナンバーが必要になります。「副業がばれるかどうか」ということに関しては、きちんと知識を身につけておけば、このマイナンバー制度の問題は乗り越えることが可能です。つまり、副業はマイナンバー制度が始まってもばれないようにできると考えております。

ただし、一部の方は、マイナンバー制度の導入により、問題が引き起こされてしまう場合もあります。そのような方も、きちんと申告することで問題は解決できます。まずは、自分がマイナンバーの影響を受けることになるのかどうか、ここの見極めが大切です。

マイナンバー制度導入でサイドビジネスが勤務先にばれるという記事が雑誌やネット上で出回っていますが、マイナンバー制度と副業が会社にばれることとは、直接的には関係しないと考えております。

副業をされている方は、きちんと情報の取捨選択を行ってください。「雑誌に載っているから」という理由だけで情報を鵜呑みにすることはとても危険です。当サイトは、サラリーマンやOLで副業をしている方やネットで副業をしている方、副業がばれたくない方に、役に立つ内容を多く記載しております。

マイナンバー制度導入でサイドビジネスが勤務先にばれるという記事が雑誌やネット上で出回っていますが、マイナンバー制度と副業が会社にばれることとは、直接的には関係しないと考えております。

副業をされている方は、きちんと情報の取捨選択を行ってください。「雑誌に載っているから」という理由だけで情報を鵜呑みにすることはとても危険です。当サイトは、サラリーマンやOLで副業をしている方やネットで副業をしている方、副業がばれたくない方に、役に立つ内容を多く記載しております。

これから副業を始めたいとお考えの方へ

これから副業を始めたいが、
勤務先にはばれないようにしたい

これから副業でサイドビジネスを始めようという方、ネットでの副業をしようという方の場合、何も考えずに副業で収入を得てしまうと、後に取り返しのつかないことになり兼ねません。ネットでの副業や、ネットで稼ぐことをお考えの方、サラリーマンやOLをしながら副業したい方は、「副業の確定申告」と「ばれるリスクに関する論点」を理解する必要があります。副業を開始するにあたっては、節税などの観点も重要ですが、人によっては会社にばれない方法も重要となるのではないでしょうか。

※ 気になる項目をタップしてお読みください

当サイトでは、副業がばれない方法・確定申告に関しての具体的手順について、実践的で正確な情報を提供しております。
サラリーマンでサイドビジネスを考えている方、ネットで稼ぐことをお考えの方、副業がばれないためのおすすめの方法を知りたい方は、是非、当サイトを最後までお読みください。当サイトは、税金のプロである税理士が、以下のような副業をされている方へ向けて、有益な情報を提供することをお約束します。

アルバイト

※ 副業が給与所得・アルバイトの場合は、市区町村の対応いかんでどうしてもばれるリスクを消滅させることができないことがあります。市区町村の対応により万一ばれてしまった場合には、返金に応じます。

サイドビジネス

※ アフィリエイト、せどり、ポイントサイト利用などのネットビジネスや請負業、日払いの仕事、またネットワークビジネスなど、あらゆるサイドビジネス。

在宅のお仕事の内、
業務委託契約
に基づくもの

また、どのような副業だと問題ないのか勉強して、今後安心して副業を続けたい方にもお勧めです。

当サイトは、副業のご相談を日々お受けしている
税理士事務所・センチュリーパートナーズ
運営しております。

副業がばれないためのEブック

副業がばれないためのEブック

あなたは副業をされている、もしくはこれから副業をされたいと思っていると存じます。

“もし副業がばれたら…”

副業が勤務先にばれて、あなたにとって良いことなど、ひとつも無いと思います。

実は副業は“税金を通じてばれてしまう”のです。

当サイトでは、税金の専門家である税理士が、正確な情報を把握した上で運営しておりますが、あなたに万全な対策を取っていただくために、“副業がばれないためのEブック”を特別にご用意しております。

税理士事務所
センチュリーパートナーズ
代表税理士 斉藤 一生

副業がばれないためのEブック

4,500円(税込み)

税理士である私が作った万全な対策!!

  • PC・スマホ・タブレット 全てのデバイスに対応!
  • PC・SP・タブレット 全デバイス対応!
  • インターネットでお好きな時にいつでもアクセス!
  • インターネットでいつでもアクセス!
  • 万が一の返金保証付き※返金保証について
  • 閲覧可能期限を保障※閲覧可能期限について

「副業がばれないためのEブック」の目次

「Eブック」の目次

Eブック内でご提供している情報の目次は以下の通りとなります。全てを読んでいただくのには少々時間が必要ですが、基本知識を初め、マイナンバー制度に関することや、様々な状況に応じた診断をご用意しておりますので、しっかりと内容を理解していただいた上で、確定申告を実行することが重要です。さらに、副業によって高い収入を得ている方の為に、効果的に節税するためのノウハウもご用意しておりますので、こちらも併せて参考にしていただければ幸いです。

  • Ⅰ 副業が勤務先に知られないための基本知識
  • Ⅱ 高収入の副業には具体的にどんな職種があるのか?

    (これから副業を始めたいとお考えの方に)
    ※ばれにくい副業の探し方、についても記載

  • Ⅲ マイナンバー制度で副業はばれるのか?
  • Ⅳ ばれない副業診断
    • 年間の医療費の金額は10万円を超えていますか?
    • 住宅ローンがありますか?
    • ふるさと納税をしていますか?
    • 日本赤十字社各都道府県支部への寄付など、住民税額の減税メリットを享受できる寄付を行いましたか?
    • 副業を事業所得として申告する場合で、赤字になる可能性はありますか?
    • 年末調整の注意点
    • 副業の所得が小さすぎる場合の注意点
    • 確定申告書(第二表)記載上の注意点
    • 申告後は、必ず市区町村に確認を
  • Ⅴ 節税診断
    • 自宅が賃貸で、自宅兼仕事場の場合、家賃の一部を経費計上していますか?
    • 自宅兼仕事場の場合、光熱費の一部を経費計上していますか?
    • 携帯電話代・プロバイダ代の内、仕事で使っていると考えられる金額を経費計上していますか?
    • 電車賃の内、仕事で使った部分を経費計上していますか?
    • ビジネスのためのセミナー代、書籍代などを経費計上していますか?
    • 仕事用のPCの購入代金など、備品を経費計上していますか?
    • 仕事で車を使っていますか?
    • 利益とは、売上から経費を引いた金額のことを言います。利益は20万円超となりますか?
    • 節税効果の大きい確定申告の方法

Eブックご利用イメージ

充実の基礎知識|診断形式で回答|節税ノウハウも
充実の基礎知識|診断形式で回答|節税ノウハウも
※ 気になる項目をタップしてお読みください
副業がばれないためのEブック|お申し込みフォームへ
当サイトは、副業のご相談を日々お受けしている
税理士事務所・センチュリーパートナーズ
運営しております。

サービスの特長

サービスの特長

当サイトでご提供しているサービスの特徴をご紹介いたします。

当サイトでご提供しているサービスの特徴をご紹介いたします。

Point1. 正確な
    住民税対策の情報を記載

住民税対策

インターネット上では、なかなか手に入らないような正確な住民税対策の情報有料Eブックに記載しており、Eブック一つで、住民税により副業がばれるリスクを排除・減少させることが可能です。当サイトを運営する税理士事務所が作成しており、非常に正確な情報となります。
ただし、ご自身で調べて何とかできる方もいらっしゃると思われますので、より多くの情報を得て確実性を高めたい、という方に向いております。

Point2. 平成27年より施行される
    マイナンバー制度に
ついて言及

マイナンバー制度

マイナンバー制度の導入については、副業で収入を得ている方にとって、近年で最も注目すべきトピックスと言えます。 「副業がばれないためのEブック」では、いち早くマイナンバー制度に関する税理士の見解を記載しておりますので、マインバー制度によって副業がばれてしまうことに不安を持たれている方々にとって、非常に価値ある情報を提供しております。

Point3. 副業がばれやすくなる
ケースについて
    診断形式で回答

有料サービスイメージ

医療費控除や住宅ローンなどを初め、副業がばれやすくなるケースについて、診断形式で大変分かり易く解説しております。 「副業がばれないためのEブック」の一番の目的は、「節税」ではなく「副業がばれないこと」です。「副業がばれない」ために取るべき対策が客観的に、診断形式で解説されているため、当Eブックをお読みいただく方のそれぞれのお悩みに、的確にお応えすることが可能です。

Point4. 節税のノウハウもご提供

節税ノウハウ

最大の目的は、前述の通り「副業がばれない」ことになりますが、副業がばれないための対策を万全に取ったうえで、さらに節税するためのノウハウもご提供しております。特に、サイドビジネスなどが軌道に乗り、副業で高い収入を得ている方にとって、より価値のある情報です。全員が全員とは言えないでしょうけれど、多くの方にとって、こちらで頂戴する料金以上の節税をしていただきたいと思っています。ただし、脱税の相談や、申告したくないといった違法の相談には応じかねます。さらに、こちらも診断形式で解説しておりますので、様々なケースに対して的確で分かり易い回答をご用意しております。

Point5. 相談オプションサービスのご提供

メール/電話サービス

副業がばれないためのEブックの内容は正確な情報ですが、お読みいただいた際のご理解や、確定申告の際の手順に不安が残る方のために、メールや電話での相談オプション付きのサービスを、低価格でご提供しております。確定申告時に、少しの不安も残したくない方にお奨めのサービスとなります。

※ 気になる項目をタップしてお読みください
副業がばれないためのEブック|お申し込みフォームへ
当サイトは、副業のご相談を日々お受けしている
税理士事務所・センチュリーパートナーズ
運営しております。

お客様の声

お客様の声

当サイトで提供しているサービスを実際にご利用されたお客様の声をご紹介いたします。

在宅でネットワークビジネスをしているお客様

サラリーマンをしながら、副業で
ネットワークビジネスをしているお客様の事例

サラリーマンをしながら、副業でネットワークビジネスをしているお客様の事例

サラリーマンでありながら副業をしているということを勤務先にばれることが嫌だと思い、市役所に確認の電話をしたが、なんとなく不安を感じ、当サイトの「副業がばれないためのEブック」のお申し込みをしていただいたお客様です。

電話の際、市役所の職員が言っていたのは、「副業の住民税を普通徴収にできますよ」という話だけだったということでした。「そのまま確定申告すると会社にばれる状態になるところだったので、「副業がばれないためのEブック」を手に入れて本当に安心しました。」と言っていただけました。Eブックをご覧になった後にリスクに気付いたため、無事に副業がばれない形で申告ができることになりました。この方も含め、多くのサラリーマンの方から、「安心しました。」という言葉をいただくことが多いのですが、この「安心しました。」という言葉は、「ありがとうございます。」という言葉以上に、大変嬉しいお言葉です。

水商売でホステスをしていたお客様

日中帯は企業でOLをしながら、副業として、
水商売(キャバクラとクラブの2箇所)で
ホステスをしていたお客様の事例

日中帯は企業でOLをしながら、副業として、水商売(キャバクラとクラブの2箇所)でホステスをしていたお客様の事例

きちんとした処理をすれば、副業がばれることはないということを当方で調べたうえでお客様にご連絡したところ、大変喜んでいただきました。また、最終的には確定申告のご依頼をいただき、税金をしっかり取り戻すことができました。

お客様に「気さくで話しやすい税理士事務所」といっていただき、非常に嬉しいことでした。この「気さくで話しやすい税理士事務所」というのはよく言われる言葉ですが、当サイトを運営する税理士事務所・センチュリーパートナーズは、非常に話しやすい雰囲気の専門家集団だと思っております。お電話でも、その雰囲気はお分かりいただけると存じます。

このお客様の場合、水商売での事業収入が1,000万円を越えており、少々確定申告が難しいことに加え、節税対策が必要だったため、確定申告もご依頼いただきました。ですが、ほとんどの副業については、ご自分で簡単に確定申告が可能ですので、必ず確定申告を税理士に頼まなければならない、ということではありません。

なお、当初このお客様は、「現金手渡しの日払いで報酬をもらったりするため、会社にばれないのではないか?」とおっしゃっていましたが、それでもばれることがあることをしっかりと説明させていただきました。これは、多くの方が誤解されている点ですが、日払いや手渡しなら副業がばれないという、ことはありませんので、ご注意ください。また、手渡しだから、納税しなくて良いとか、そういうことはありません。きちんと確定申告・納税は行いましょう。

在宅の副業がばれないか不安になっていたお客様

在宅で副業をしており、ばれないかどうか
不安になっていたお客様の事例

在宅で副業をしており、ばれないかどうか不安になっていたお客様の事例

副業が在宅ワークの場合は、所得区分が給与所得になるのか、それとも雑所得等になるのかが分かり辛いケースがあります。そのため、まずはその点を確認していただくようお伝えし、その方の所得区分に応じた対策を打っていただきました。在宅ワークによる収入が、このケースでは報酬という雑所得に区分されるものだったため、ちょっとした副業がばれないためのコツをお伝えし、比較的容易に問題が解決いたしました。

在宅副業が会社にばれない方法については、ご相談件数も多いためお悩みになっている方が多いようです。ぜひ、当サイトのサービスにお申込みいただき、安心して在宅での副業を続けていただければ幸いです。

※ 気になる項目をタップしてお読みください

サラリーマンをしながら、副業でネットワークビジネスをしているお客様の事例実際に、「副業がばれないためのEブック」をご活用いただいたお客様の事例をいくつかご紹介させていただきます。ご依頼のうち、「副業がばれないためのEブック」の提供は、ほぼ100%がインターネット経由でのお申し込みです。 皆様、口を揃えておっしゃっていただけるのは、Eブックを読んでみたら、もともと自力で調べ、副業がばれないようにしようとしていたことに無理があったと気がついた。「副業がばれないためのEブック」を手に入れて本当に助かった。」というお言葉です。

「申し込むか悩んだけど、「副業がばれないためのEブック」を手に入れてよかった。Eブックを手に入れなかった場合のことを考えるとゾッとする」といった嬉しいお言葉をいただくことも多くございます。

日中帯は企業でOLをしながら、副業として、水商売(キャバクラとクラブの2箇所)でホステスをしていたお客様の事例「「副業がばれたくないなら、申告しなければ良い」といった回りの人の言葉を鵜呑みにしなくて良かった。税金もきちんと納めた上で、会社の人に知られないのであれば、最も安心できる。」といった声も多いです。副業がばれたくないから申告をしない、という判断に至る人が非常に多いと思うのですが、これは法律を無視したハイリスクな考え方ですので避けてください。税金に対しての反発を覚えることがあるとは思いますが、国の大切な収入である税金は、公平・平等な課税の元に徴収されています。「税金を納めたくないから」ではなく、「副業がばれたくないから」という理由のために、申告がなされず、課税漏れ、納税漏れが多く起きているであろう事態を懸念しております。それは申告をしない本人にとっても、危険なことなのです。住民税の徴収システムが、このような無申告を招いているとさえ、考えております。

※ 気になる項目をタップしてお読みください

お陰様で、「副業がばれないためのEブック」に従って行動すればよいので実行が簡単」
といった内容のお言葉も、多くのサラリーマン・OLで副業をしている方や、
ネットで副業をしている方々よりいただいております。

※ 確定申告の細かな記載方法をご提供するものではありません。あくまでも副業がばれないために必要なことが記載してあります。

副業がばれないためのEブック

4,500円(税込み)

税理士である私が作った万全な対策!!

  • PC・スマホ・タブレット 全てのデバイスに対応!
  • PC・SP・タブレット 全デバイス対応!
  • インターネットでお好きな時にいつでもアクセス!
  • インターネットでいつでもアクセス!
  • 万が一の返金保証付き※返金保証について
  • 閲覧可能期限を保障※閲覧可能期限について

「Eブック」のお申し込み方法

副業がばれないためのEブック|お申し込みフォームへ
当サイトは、副業のご相談を日々お受けしている
税理士事務所・センチュリーパートナーズ
運営しております。

他サービスとの違い

他サービスとの違い

あなたはネット上に散らばっている情報で本当に大丈夫ですか?

あなたはネット上に散らばっている情報で本当に大丈夫ですか?

副業がばれないための情報は、様々なかたちで手に入れることができますが、
一番の問題点は、「その情報通りに行動した結果、本当にばれないのか」という点です。

この点について、当サイトは、
他の「住民税から副業がばれない方法」を案内しているサイトと明確に違う
とお伝えすることが出来ます。

プロの税理士が作成しているEブック
には、最新の情報が記載されている
副業がばれないためのEブック

インターネットに記載されている情報だけを頼りにしてしまうと、「それはどの年度のことを言っているのか」「次の確定申告で同じ方法をとれば良いのか」が不明確です。

なぜなら、確定申告の記載方法や関係する制度は、毎年変わっている可能性があるからです。副業がばれないためには、確定申告をする際に細心の注意を払う必要があります。

特に、現在懸念されているのは、マイナンバー制度の導入で、確定申告にどのような影響がでるのか?というところです。

プロの税理士は、制度や確定申告書の記載方法が変更になる際、常に最新の情報を得ており、当サイトのサービスをご利用いただければ、その最新のノウハウを手に入れることが出来るのです。

一般の税理士に依頼する場合
に比べ、価格が低い
 
一般の税理士に依頼する場合に比べ、価格が低い

税理士に相談・レポートを依頼した場合、通常数万円かかるのが相場ではないでしょうか。

しかし、当サイトが提供するサービスでは、「副業がばれないためのEブック」閲覧で4,500円、最も充実した「副業がばれないためのEブック」閲覧+電話相談オプションでも14,500円、と税理士にレポートや相談をした場合の一般的な価格よりはかなり低く抑えられているのではないでしょうか。

価格は安いですが、しっかりとプロの税理士が対応いたしますので、安心してご利用いただけます。


電話やメールで相談ができる(お申し込みから1ヶ月以内は無制限)
 
電話やメールで相談ができる(お申し込みから1ヶ月以内は無制限)

税理士に相談・レポートを依頼した場合、通常数万円かかるのが相場ではないでしょうか。

しかし、当サイトが提供するサービスでは、「副業がばれないためのEブック」閲覧で4,500円、最も充実した「副業がばれないためのEブック」閲覧+電話相談オプションでも14,500円、と税理士にレポートや相談をした場合の一般的な価格よりはかなり低く抑えられているのではないでしょうか。

価格は安いですが、しっかりとプロの税理士が対応いたしますので、安心してご利用いただけます。

プロの税理士が作成しているEブックには、
最新の情報が記載されている

インターネットに記載されている情報だけを頼りにしてしまうと、「それはどの年度のことを言っているのか」「次の確定申告で同じ方法をとれば良いのか」が不明確です。

なぜなら、確定申告の記載方法や関係する制度は、毎年変わっている可能性があるからです。副業がばれないためには、確定申告をする際に細心の注意を払う必要があります。

特に、現在懸念されているのは、マイナンバー制度の導入で、確定申告にどのような影響がでるのか?というところです。

プロの税理士は、制度や確定申告書の記載方法が変更になる際、常に最新の情報を得ており、当サイトのサービスをご利用いただければ、その最新のノウハウを手に入れることが出来るのです。

電話やメールで相談ができる
(お申し込みから1ヶ月以内は無制限)

電話やメールでプロの税理士に質問が出来るサービスをご用意しています。副業がばれない方法をどれだけ自分で調べても、現在の自分の状況に当てはめた時、本当に自分の副業はばれないのだろうか?と心配な方は多いと思われます。そのような方にメール相談オプションや電話相談オプションをご用意しております。

税理士への無料相談会などが開催されているケースはたまにありますが、一度相談してみて、自宅に帰ってから気になることが出てきたとしても、2回目は相談料がかかるケースが多いです。しかし、当サイトでご提供している電話やメールでのご相談オプションサービスは、お申し込みから1ヶ月以内であれば、回数無制限でご利用していただくことができます。

※メール相談オプションと電話相談オプションはEブックを申込みいただいた方だけが利用できます。オプションのみの申し込みはできませんのでご注意ください。

一般の税理士に依頼する場合に比べ、
価格が低い

税理士に相談・レポートを依頼した場合、通常数万円かかるのが相場ではないでしょうか。

しかし、当サイトが提供するサービスでは、「副業がばれないためのEブック」閲覧で4,500円、最も充実した「副業がばれないためのEブック」閲覧+電話相談オプションでも14,500円、と税理士にレポートや相談をした場合の一般的な価格よりはかなり低く抑えられているのではないでしょうか。

価格は安いですが、しっかりとプロの税理士が対応いたしますので、安心してご利用いただけます。

※ 気になる項目をタップしてお読みください

必ずお読みください

繰り返しますが、よく、副業の収入や利益が20万以下なら確定申告は不要(無申告でOK)とインターネット上に書かれているのを見かけますが、これは所得税の確定申告の話であり、実際は住民税の申告が必要となります。ここを誤って理解されている方が多いのでご注意ください。多くの方がこの情報を鵜呑みにして勘違いされており、これは後々のトラブルの原因となるので、正確な知識を持っていただければと思います。つまり、20万円以下でも、住民税の申告をする必要があり、そこに対して対策を打つ必要があります。20万以下だから申告は一切不要とか、高収入だから申告が必要というものではありませんので、ご注意ください。納税義務はきちんと履行しましょう。税務署と市区町村のどちらに確定申告をするべきか、ということが重要です。

デザイナー、ネットビジネス、アフィリエイト、せどり、ポイントサイト利用、ネットワークビジネス、キャバクラやクラブ、水商売等は基本的に事業所得(もしくは雑所得)です。在宅・内職の仕事の場合は、その契約内容により、事業所得(雑所得)となることも、給与所得となることもありますので、事前に確認をする必要があります。なお、手渡しの日払い報酬だからばれない、申告しなくてもよいということはありません。日払いの報酬でも振込の報酬でも、副業がばれるか・ばれないか、ということとは関連性がないとお考えください。少なくとも、「手渡しだから、誰にもわからないだろうから税金を納めなくてもいいや」という考え方は法律を無視した考え方ですし、リスクを大きくするだけですからやめてください。本人が平気と思っているだけで、税務署は気がつくというスタンスでいてください。最初から注意して対応さえすれば、副業が勤務先にばれなくできることがほとんどです。インターネット上の間違った情報を鵜呑みにしてしまうことが、サラリーマンやOLの方の副業がばれる最大の原因ということができます。まずは安心して副業をできる知識をつけてください。そうすれば安心して副業が出来ます。

就業規則違反を推奨する趣旨ではありません。就業規則はご自身で必ず御確認ください。

副業がばれないためのEブック|お申し込みフォームへ
当サイトは、副業のご相談を日々お受けしている
税理士事務所・センチュリーパートナーズ
運営しております。

税理士のご紹介

税理士のご紹介

当サイト及び当サイトでご提供する有料サービスは、
副業のご相談を日々お受けしている税理士事務所・センチュリーパートナーズが運営しております。
当サイトにお越しいただいた皆様が、安心して、当サイトに掲載している情報をお読みいただいたり、
有料サービスにお申し込みいただいたりできるよう、自己紹介させていただきます。

代表税理士略歴

代表税理士 斉藤一生

税理士事務所・センチュリーパートナーズ
代表税理士 斉藤 一生

代表税理士 斉藤一生
  • 税理士事務所・センチュリーパートナーズ 代表税理士 斉藤 一生

  • 1981年3月3日、神奈川県厚木市生まれ
  • 2003年明治大学商学部卒業
  • 大学卒業後、愛知県で日本特殊陶業株式会社に入社
  • 同社退社後、税務会計の勉強期間と、横浜の税理士事務所に7年間強の勤務を経て、独立に至る

税理士事務所概要

事務所名 屋号:税理士事務所センチュリーパートナーズ
(税理士会登録名:齋藤一生税理士事務所)
所在地 〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-2-10 西牧ビル301
アクセス ・JR山手線・埼京線 恵比寿駅徒歩4分
・日比谷線 恵比寿駅徒歩4分
主な業務内容 税務相談サービス、税務、会計顧問(決算書・申告書作成も含む)、会社設立、個人事業開始手続、年一決算だけ処理、記帳代行、給与計算代行、所得税確定申告、相続税、贈与税申告、決算書、財務分析(財務体質改善と融資に強い決算書の作成)

雑誌の取材をいただきました

雑誌の取材をいただきました|サンデー毎日

先日、「副業がばれない方法」について取材を受け、サンデー毎日に運営元の税理士事務所であるセンチュリーパートナーズの税理士が記事に出ております。取材では、

  • 「副業による収入が20万円以下だと何も申告しなくてよい」
  • 「普通徴収を申告書で選択すれば絶対にばれない」

などといった、不正確な情報を鵜呑みにしてしまったために、副業がばれるケースが多いことなどを、記者の方にお話させていただきました。

現在の、マイナンバー制度導入を初めとした、確定申告に関わる劇的な状況変化を鑑みると、平成27年度・平成28年度における対策が、最も重要であると言っても過言ではありません。

※ 気になる項目をタップしてお読みください

副業がばれない方法に関して、雑誌の取材をいただきました。

先日、「副業がばれない方法」について取材を受け、サンデー毎日に運営元の税理士事務所であるセンチュリーパートナーズの税理士が記事に出ております。取材では、

  • 「副業による収入が20万円以下だと何も申告しなくてよい」
  • 「普通徴収を申告書で選択すれば絶対にばれない」

などといった、不正確な情報を鵜呑みにしてしまったために、副業がばれるケースが多いことなどを、記者の方にお話させていただきました。

現在の、マイナンバー制度導入を初めとした、確定申告に関わる劇的な状況変化を鑑みると、平成27年度・平成28年度における対策が、最も重要であると言っても過言ではありません。

副業がばれないためのEブック

4,500円(税込み)

税理士である私が作った万全な対策!!

  • PC・スマホ・タブレット 全てのデバイスに対応!
  • PC・SP・タブレット 全デバイス対応!
  • インターネットでお好きな時にいつでもアクセス!
  • インターネットでいつでもアクセス!
  • 万が一の返金保証付き※返金保証について
  • 閲覧可能期限を保障※閲覧可能期限について
副業がばれないためのEブック|お申し込みフォームへ
当サイトは、副業のご相談を日々お受けしている
税理士事務所・センチュリーパートナーズ
運営しております。

副業がばれるよくあるパターン

副業がばれるよくあるパターン

1.「ネットで稼ぐ方法」や「サラリーマンの副業」など「副業がばれない方法」について自分で調べたり、聞いてみたりしたところ、確定申告書上で普通徴収(自分で納付)を選択すればよいというところまではわかった。2.実際に確定申告書で普通徴収を選択して、自分で確定申告をした。3.そのまま何もせずに、6月を待っていた。4.しかし、残念ながら、副業分は普通徴収してもらず、、6月にはばれてしまった。

副業がばれるときのよくあるパターンと、多くの方が誤解されている副業に関する知識をご紹介します。

 

最も多いケース

確定申告書で普通徴収(「自分で納付する」)
選択したのに副業がばれてしまった

  1. 「ネットで稼ぐ方法」や「サラリーマンの副業」など「副業がばれない方法」について自分で調べたり、聞いてみたりしたところ、確定申告書上で普通徴収(自分で納付)を選択すればよいというところまではわかった。
  2. 実際に確定申告書で普通徴収を選択して、自分で確定申告をした。
  3. そのまま何もせずに、6月を待っていた。
  4. しかし、残念ながら、副業分は普通徴収にしてもらえず、6月にはばれてしまった。

「サラリーマン・OLで副業をしている方」や「ネットで副業をしている方」の多くが、勤務先にばれてしまうのは、このような1〜4の経緯をたどっているためです。ただし、勤務先の人が気づかないケースもあり、運良く勤務先にばれなかったという方も中にはいらっしゃいます。

サラリーマンやOLで副業をしている方や、ネットで副業をしている方は、確定申告書の「自分で納付」という欄を選択すれば大丈夫、というインターネット上に書かれた情報を鵜呑みにして、確定申告書の第二表で普通徴収を選択するのですが、結果的に特別徴収として会社に通知されてしまうことがよくあります。確定申告書の第二表に丸をつけただけで安心することは出来ません。

確定申告書で普通徴収(「自分で納付する」)
選択したのに副業がばれてしまった

  1. 「ネットで稼ぐ方法」や「サラリーマンの副業」など「副業がばれない方法」について自分で調べたり、聞いてみたりしたところ、確定申告書上で普通徴収(自分で納付)を選択すればよいというところまではわかった。
  2. 実際に確定申告書で普通徴収を選択して、自分で確定申告をした。
  3. そのまま何もせずに、6月を待っていた。
  4. しかし、残念ながら、副業分は普通徴収にしてもらえず、6月にはばれてしまった。

「サラリーマン・OLで副業をしている方」や「ネットで副業をしている方」の多くが、勤務先にばれてしまうのは、このような1〜4の経緯をたどっているためです。ただし、勤務先の人が気づかないケースもあり、運良く勤務先にばれなかったという方も中にはいらっしゃいます。

サラリーマンやOLで副業をしている方や、ネットで副業をしている方は、確定申告書の「自分で納付」という欄を選択すれば大丈夫、というインターネット上に書かれた情報を鵜呑みにして、確定申告書の第二表で普通徴収を選択するのですが、結果的に特別徴収として会社に通知されてしまうことがよくあります。確定申告書の第二表に丸をつけただけで安心することは出来ません。

よくあるパターン

次に多いのが、以下に列挙するパターンです。これらの控除がある場合は、どうしてもリスクが残ってしまうこともあります。

  • 損益的に普通徴収にできなかったパターン(ネットビジネスなど個人事業に多い)
  • 住宅ローン控除が絡んだパターン(多い)
  • ふるさと納税をしたパターン
  • 医療費控除が絡んだパターン

   そして、「最も多いケース」とは別に存在するのが、

  • 確定申告後に何もしなかったパターン

となります。(確定申告をして安心してしまっていたケース。)これは稀なケースではありますが、念の為、確定申告後も気を抜かないことをおすすめいたします。確定申告後にも、確認作業が必要です。

次に多いのが、以下に列挙するパターンです。これらの控除がある場合は、どうしてもリスクが残ってしまうこともあります。

  • 損益的に普通徴収にできなかったパターン(ネットビジネスなど個人事業に多い)
  • 住宅ローン控除が絡んだパターン(多い)
  • ふるさと納税をしたパターン
  • 医療費控除が絡んだパターン

   そして、「最も多いケース」とは別に存在するのが、

  • 確定申告後に何もしなかったパターン

となります。(確定申告をして安心してしまっていたケース。)これは稀なケースではありますが、念の為、確定申告後も気を抜かないことをおすすめいたします。確定申告後にも、確認作業が必要です。

よくある誤解

副業の収入が20万以下なら確定申告は不要?

副業の収入が20万円以下であれば確定申告は不要ですよね?
申告しないで良いのなら、何もしなければ会社にばれませんよね?

上記のような質問が、毎日のように寄せられています。


まずお伝えしたいこととして、副業がばれるかどうかについて20万円を基準に判断される方がいらっしゃいますが、その基準と副業がばれることとは直接的な関係がありません。20万円以下だから確定申告をしなかったという方は、副業がばれる可能性がありますのでご注意ください。


20万円基準が関係するのは所得税についてですので、副業の収入が20万円以下の場合、税務署に確定申告をしなくても、代わりに市区町村の税務課への確定申告は必要となります。「サラリーマン・OLで副業している」、「ネットで副業をしている」ということが勤務先にばれるかばれないか、という事とは関係がありません。


金額が小さいので「申告しなくてもよいですか?」というご質問をされる方が多くいらっしゃいますが、それは間違いです。法律違反に該当することであり、当サイトがそれに加担することはできないため、「確定申告をしてください」とお伝えしております(節税は推進いたします)。税金は国家の重要な収入であり、当サイトの立場からしても、法律は守っていただくことをお願いしております。確定申告をしなければ副業がばれないという考えは誤りですので、ご注意ください。

ご自身が政務書と市区町村のどちらに申告をすれば良いのか、判断するのは難しいと思います。以下のフローチャートを参考にしてください。

フローチャート

※ Eブック及びフローチャートは、所得税及び住民税について記載されたものです。

報酬が手渡し(日払い)ならばれない?

副業の報酬を手渡し(日払い)で受け取れば、
税務署にも会社にもばれないですよね?

残念ながら、そういうものでもありません。 相手の会社が経費に落とせば、その会計帳簿から、あなたがもらった報酬の存在はばれるものです。これは、手渡しであってもばれてしまうものです。また、在宅(自宅)で副業を少しするだけなら大丈夫、といったようなこともありません。

手渡しで受け取る方も、在宅ワーク副業でお小遣い稼ぎ程度の方も、確定申告はきちんと行っていただくようお願いいたします。また、「確定申告をしなければ、その分だけ税金を納めなくて良いのでその分だけ儲かる」とか、「せっかく稼げる副業を見つけたのに、税金で持っていかれたくない」というのは法律を無視した考え方であり、大変危険です。金額が少額であっても確定申告を行っていただくようお願いいたします。

副業がばれない為に最も避けるべきこと

副業がばれない為に最も避けるべきことは、この「よくある誤解」のような勘違い、つまり「副業がばれたくない」と考えている方が、副業の収入が20万円以下だからとか、手渡しでもらっているから、という理由で確定申告をしないことです。

副業の収入が20万円以下であろうとも、確定申告を市区町村に対して行い、ばれるリスクを排除もしくは低くする方がはるかに安全と言えます。少なくとも、20万円以下で確定申告も何もしなくても良いという情報は誤りだとご理解ください。

なお、副業収入が20万円以下の場合は、住民税の確定申告のみ行えば問題ありません。確定申告の期限後であったとしても、規則どおりに申告するようにしてください。
※ペナルティが生じないから確定申告をしなくて良いということを言っているわけではございません。「申告期限が過ぎてしまったから、もう確定申告しなくても良い」という考えは、絶対に持たないようにしてください。このような判断で行動されると、勤務先へばれてしまうことにもつながりやすいと考えておりますので、ご注意ください。

「サラリーマン・OLで副業をしている方」、「ネットで副業をしている方」の副業がばれてしまうのは、そのほとんどの場合において住民税が原因であり、反対に、その問題さえ解決できれば、ばれる可能性は大変低くなります。住民税の問題を乗り越えるためには、確定申告時に工夫をすることが大切です。インターネット上の間違った情報のみで副業の確定申告をされる方や、確定申告をしない方、というのは、どうしても副業がばれやすくなってしまいます。


副業がばれることを防ぐため、専門家である税理士が作成した、他では手に入らない内容を記載した「副業がばれないためのEブック」を、当サイトではご提供しております。既にサラリーマンやOLで副業をされている方や、ネットで副業をされている方が、勤務先にばれない対策のためにお読みいただくのもよいですし、おすすめの副業についても記載しておりますので、これから副業を始めたいとお考えの方には必ずお読みいただきたいものです。

お申し込みフォームは当サイトの一番下にご用意しておりますが、冒頭でも申し上げましたように、当サイトには、税理士だからお伝え出来る重要な情報が多く記載されておりますので、まずは当サイトをご一読いただくことをおすすめいたします。

「サラリーマン・OLの副業」や「ネットでの副業」がばれないようにする方法とは、すなわち、副業の確定申告を細心の注意を払って行うということです。事実、多くの方が何となくインターネットの情報を頼りに確定申告を行い、副業がばれてしまっているのが現状ですので、当サイトにお越しいただいた皆様はそのようなことがないように、「副業がばれないためのEブック」をご活用していいただくことをおすすめいたします。

副業を行っている方は、まずは、「副業がばれないためのEブック」の内容をよく読んで実践していただき、ばれるリスクをできる限り廃除して確定申告を行っていただければと思います。「サラリーマン・OLで副業をしている方」、「サイドビジネス、ネットで副業をしている会社員の方」から、「副業がばれないためのEブックで、副業がばれないためのノウハウを知ることができて本当に良かったです。これで安心して副業を続けられます。」といつも喜んでいただけることが、何よりの我々の励みです。ありがとうございます。

※ 気になる項目をタップしてお読みください

インターネット上に氾濫する
2つの誤った情報

2つの誤った情報

確定申告書で「自分で納付(普通徴収)」の欄に
丸をつけておけば、絶対に会社にばれない?

副業の住民税を自宅に送ってもらうためには、確定申告書で「自分で納付(普通徴収)」の欄に丸をつけておけば、絶対に会社にばれない。

普通徴収になるとは限りません。 「事業の損益」「住宅ローン控除」「医療費控除」「配当控除」などの問題があるため、これだけでは安心出来ないのです。そして、市区町村の職員にミスをさせないための対策も必要となります。

副業の収入が20万を越えなければ確定申告を
しなくてよいので、会社にばれない?

副業の収入が20万を越えなければ確定申告を
しなくてよいので、会社にばれない?
 

所得税の話であって、副業の確定申告をこの基準で考えることは間違いです。 住民税にはこのような規定はありません。あくまで、副業収入に対する住民税は発生するので、その部分は申告する必要があります。副業収入については、住民税を納付する義務がありますので、きちんと納税義務は果たしてください。これは、大変間違いの多い点です。

当サイトをご覧の皆様は、
絶対に鵜呑みにしないでください!

インターネット上でよく見かける誤った情報です。当サイトをご覧の皆様は、これらを絶対に鵜呑みにしないでください。確定申告書上で住民税を自宅に送ってもらう方法(普通徴収)を選択しただけで、必ず自宅に送ってもらえるとか、副業が絶対にばれないということはありません。もちろん、それだけで大丈夫な場合も多いのですが、ケースによっては、どうしても副業の住民税を自宅に送ってもらうことができないのです。

このような情報を鵜呑みにして副業を始め、実際には同僚などにばれてしまうケースが多く、税務の専門家としてもこのような状態を非常に危惧しております。正直、税理士の立場からすると、こういった不十分な情報のみがインターネット上に記載されており、これによって副業がばれてしまったという方が多くいらっしゃるのは、非常に残念です。

インターネットに情報を書くのは自由ですが、税理士でもなく、副業の確定申告のシステムや、それぞれの市区町村ごとの住民税通知の処理の仕組みを知らない方が、自由に情報を記載し、「こうすれば絶対に副業はばれません」と書いているのを見かけるたびに心配で仕方ありません。

なぜなら、副業がばれない方法に関してインターネット上で調べているサラリーマンやOLの方などは、真剣であり、不安でもあり、勤務先にばれた場合のリスクも大きいのです。副業をしていることで、上司から「本業の仕事に集中できていないのではないか」とか偏った見方をされることを恐れる人も多いものです。この状況を踏まえ、より正確な、副業の確定申告に関する情報の提供が求められます。

また、サラリーマンやOLとして正社員で働きながらも、週末や夜間にアフィリエイトで稼いだり、ポイントサイトで稼いだり、ネットビジネスをしたり、ネットワークビジネスをしたり、水商売(キャバクラ、クラブのホステス等)で働いたり、デザイナーとして個人事業をたてたり、講師をしたり、在宅ワークで業務委託の副職をしたりと、本業以外の仕事をされている方は意外と多くいらっしゃいます。インターネット上で情報提供されている方は、その影響力の大きさを認識するべきだと考えております。副業の確定申告のシステムについて、しっかりとした知識を持って実行していただければ、副業がばれるリスクは最小限にすることが可能です。

サラリーマンやOLの方が行う副業がアフィリエイト程度の場合は、勤務先にばれても大した問題ではないかもしれませんが、就業規則で、ちょっとしたネットビジネスも禁止されている場合も多く、その場合は問題となってしまいます。なお、公務員などの職種は、おそらくアフィリエイトなども禁止規定に該当するのではないかと思います。在宅のお仕事なら問題ないとお考えになっている方もいらっしゃいますが、在宅ワークも基本的に副業に当てはまるとお考えください。

※ 就業規則に関しては、お勤め先により異なりますので、しっかりとご確認いただきますようお願いいたします。

※ 気になる項目をタップしてお読みください
副業がばれないためのEブック|お申し込みフォームへ
当サイトは、副業のご相談を日々お受けしている
税理士事務所・センチュリーパートナーズ
運営しております。

副業がばれないためのノウハウをご提供

副業がばれないためのノウハウをご提供

副業がばれないためのノウハウをご提供

会社にばれたくない!!

当サイトでは、上記のような方々に、読むだけでも役に立つ情報をご提供しております。当サイトをじっくりお読みいただいた上で、「副業がばれないよう万全の対策で確定申告したい」というご要望に応じるため、別途有料サービスもご用意しておりますが、まずは当サイトをじっくりお読みいただき、副業がばれない方法や副業の確定申告に関する知識をつけていただくことをお奨めいたします。

これから稼げる副業をしたい、ダブルワークで高収入を目指したい、といったことの前提として、安心して副業を始め、続けることができる土台を作ることが大切です。

確定申告によって、副業が勤務先に
「ばれる」ことを回避するノウハウ

ここでは、確定申告によって、副業(副職)が勤務先にばれる可能性を最小限にする方法(手順)についてご説明します。

なぜ、サイドビジネスをすると、住民税から
サラリーマン・OLの副業がばれるのか?

サラリーマン・OLの方が支払っている住民税は、提出された確定申告書の本業の給与収入の金額と、事業所得(雑所得ほか)の金額を合計して計算されます。このように確定申告に基づいて計算された住民税額が、次の6月以降に勤務先(本業)の給与から、住民税として天引きされることとなると、副業がばれるのです。

このとき、勤務先(本業)の給与計算担当者が、「この社員、会社でもらっている給与の割には住民税が高いから、何か副業をしているかもな・・・」と気付いてしまうことで、サラリーマンやOLの副業がばれてしまうのです。したがって、サラリーマンやOLの方々の副業が高収入の場合、会社で住民税を天引きされてしまうと、簡単に勤務先にばれてしまう、と言うことができます。

また、赤字申告で確定申告することにより勤務先にばれることがあります。副業による収入は、確定申告書の事業所得もしくは雑所得などに区分されますが、事業所得(不動産所得も同様)に区分された場合、副業であるサイドビジネスによる赤字は給与所得と相殺され、住民税の金額を大きく下げてしまうことがあるためです。

マイナンバー制度導入によって、
ばれやすくなるのでは?

マイナンバー制度の導入については、副業で収入を得ている方にとって、近年で最も注目すべきトピックスと言えます。TVでの報道や、雑誌やインターネットの記事を見て、「これまでは勤務先にばれずに副業を行えてきたが、マイナンバー制度によってばれてしまうのでは?」と不安に思われている方も多くいらっしゃることでしょう。

こちらも結論としては、マイナンバー制度と副業が勤務先にばれることとは、直接的には関係しないと考えております。重要なことは、しっかりと情報を取捨選択し、正確な情報を入手したうえで対策することです。TVや雑誌で少しかじっただけの情報を鵜呑みにすることは、非常に危険です。

ただし、あってはならないことなのですが、サイドビジネスをして稼いでいるのに、これまで申告をしないできていて、たまたま税務署や市区町村からの指摘が入らなかったという人もいるでしょう。そういった人にとっては、マイナンバー制度は脅威となるでしょう。きちんと納税義務は果たしてください。

「副業がばれないためのEブック」では、皆様のニーズに応えるため、マイナンバー制度導入後のことに関しても掲載しております。

サラリーマン・OLの副業がばれてしまうことを
避ける方法はないのか?

結論として、ばれない方法はあります。 副業をしたことにより、追加で発生した住民税の納付書を自宅に送ってもらうようにすればよいのです。ただし、例外的に、所得控除や住宅ローン控除などの額によっては、ばれてしまうことがあります。このような場合でも対策を打てることも多くあります(ただし、節税面では、若干あきらめなくてはならない部分が生じることがあります)。

※ 気になる項目をタップしてお読みください

当サイトがご提供するサービスを
お奨めしたい方

副業を会社に知られたくない

自分の副業(副収入)やサイドビジネスが会社に知られたくない。

マイナンバー制度導入前に対策したい

マイナンバー制度導入に当たって、しっかりと対策しておきたい。

副業を始める前にリスクを回避したい

これから、週末起業、ネットビジネス(アフィリエイト、せどり、ポイントサイトなど)、業務委託の仕事、ネットワークビジネスなどの副業を始めたいが、まずは、ばれてしまうリスクを回避するために準備を整えたい。※同時に、就業規則のご確認はお忘れずに

相談料を税理士に払いたくない

毎年副業対策の相談料を税理士に払うのはちょっともったいない。

このようなニーズに対して、より多くの方にしっかりとした情報や知識をお持ちいただき、安心して確定申告を行っていただくために、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を提供しております。こちらのコンテンツでは、確定申告書の記入方法の案内ではなく、住民税から副業がばれない方法に焦点を絞っています。確定申告書の書式は毎年異なりますが、基本的には難しいものではないので、税理士に依頼せずにご自身で行うことをお奨めします。その際には、「副業がばれないためのEブック」を併用していただき、住民税から副業が会社にばれないようにしてください。

確定申告を自分で行いたい

税金の確定申告は自分で行いたい。

基本的に、ただ副業の確定申告をするだけであれば、ご自身で行うことができます。税務署が配布する確定申告の手引きを参照し、慎重に数字を埋めるだけのものです。(ご自身で、ご自宅で作成できるレベルのものですし、実際そのように確定申告されている方は非常に多くいらっしゃいます)。 税理士に依頼すると、少なからず費用が発生しますので、ご自身で行われることをお奨めいたします。ただし、収入が非常に大きい個人事業をしているような場合は、税理士に依頼した方が結果的に節税できるケースもありますし、副業やサイドビジネスで高収入を得ている方は、確定申告を税理士に依頼することもご検討ください。

※ 気になる項目をタップしてお読みください

副業で得た収入の税金を全く払いたくない、などといったお考えの方には、お役に立てないEブックでございます。それは法律違反に当たることであり、またマイナンバー制度の導入により、今後、税務署や市区町村は簡単に無申告を見つけることができるようになります。無申告は、むしろ副業が勤務先にばれやすくなる原因とさえ考えています。

あくまでも、「しっかり確定申告は行うが、勤務先に副業がばれないようにしたい」と考えている方々へ向けたEブックでございます。就業規則はご自身で御確認ください。就業規則違反を当事務所が推奨しているわけではありません。

当サイトの中でここまで記載してきた内容は、充分に有益で役に立つ情報であると考えられます。

この時点で、ご自身で確定申告できると確信された方もいらっしゃることとは思われますが、
「さらに万全な対策を行ったうえで確定申告したい」というニーズにお応えするために、
当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を有料にてご提供しております。

副業がばれないためのEブック

4,500円(税込み)

税理士である私が作った万全な対策!!

  • PC・スマホ・タブレット 全てのデバイスに対応!
  • PC・スマホ・タブレット 全デバイス対応!
  • インターネットでお好きな時にいつでもアクセス!
  • インターネットでいつでもアクセス!
  • 万が一の返金保証付き※返金保証について
  • 閲覧可能期限を保障※閲覧可能期限について
副業がばれないためのEブック|お申し込みフォームへ
当サイトは、副業のご相談を日々お受けしている
税理士事務所・センチュリーパートナーズ
運営しております。

副業がばれないためのノウハウをご提供

副業がばれないためのノウハウをご提供

お申し込みの流れ(日本全国対応)

1. 下部フォームよりお申し込みください

当サイト下部より、お申し込みをしていただきます。

2. メールにて入金先をご案内します

当サイトより、「入金先のご案内メール」をお客様のメールアドレスにお送りいたします。

3. サービス代金のお振込みをお願いいたします

「入金先のご案内メール」に記載されている銀行口座へ、お申し込みいただいたサービス代金のお振込みをお願いいたします。

4. ログイン情報をメールにて発行いたします

お客様のご入金が確認でき次第、お客様専用の「会員ID/パスワード」をメールにて発行いたします。

5. ログインしてサービスをご利用ください

メールに記載された「会員ID/パスワード」でログインいただきますと、お申し込みいただいたサービスをご利用開始いただけます。

※ 気になる項目をタップしてお読みください
STEP.1 メールフォームよりお申し込みください。STEP.2 メールにて入金先をご案内します。STEP.3 サービス代金の振込をお願いいたします。STEP.4 ログイン情報をメールにて発行いたします。STEP.5 ログインしてサービスをご利用ください。

迷惑メールフィルタを設定されているお客様は、「info@century-partners.biz」からのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

東京税理士会 渋谷支部 登録番号122533

お申し込みフォーム

お名前必須
フリガナ必須
セイ
メイ
メールアドレス必須
電話番号必須
利用規約】をお読みください必須
 利用規約に同意する
お申し込みの前に必ずお読みください
お申し込みにあたっての注意事項
SSL
このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。
このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。
また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。