よくある“副業がばれた”パターンその4「確定申告後、何もせずにいたらバレた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「確定申告後、何もせずにいたらバレたパターン」について、お話します。
副業やサイドビジネスをされているサラリーマンの方は、だれでも会社にばれるのは避けたいと考えるのは当然でしょう。「自分はうまく隠しているから副業がばれることはない」「副業の確定申告はしたことないけど、ばれることはない」と考えている方でも不安はあるはずです。そんな方はこちらをよく読み参考になさってください。

副業がバレたパターン

副業やサイドビジネスのことがばれるパターンはほぼ決まっています。
まず知っておいてもらいたいのが、確定申告をしないと会社にばれる可能性がとても高いということです。確定申告をしていなくても、副業をしている会社が報酬の支払についてz税務署に届け出ます。そのため、所得に関する情報は把握されてしまうのです。そして、申告を迫られるのですが、その後には市区町村にも所得情報は伝わります。ここで、既にばれないための対策を打てなくなっていることもありますし、申告を焦って行うことになるので対策が行えず、ばれてしまうことがあるのです。本業の会社へ副業の住民税の通知が送付されると副業は会社にばれてしまうのです。これが確定申告をしないと会社にばれてしまう理由です。

たとえ確定申告をしても、その後何もしないでいたら会社にバレるというパターンもあります。副業の確定申告は普通徴収を選ぶのですが、普通徴収にならなくて会社にばれてしまうのです。これには理由がいくつかありますが、一番多いのが確定申告書の第二表の普通徴収の「自分で納付」という欄を選択しただけということです。本業の会社に収入金額や住民税額が通知されてしまう可能性があります。

この他では、「ネットビジネスなどの個人事業だと普通徴収にならないパターン」「医療控除や住宅ローン控除が関係するパターン」などは、会社にばれる可能性があります。

確定申告はどうやってすればいいのか?

とは言っても「自分一人で確定申告をする自信がない…」という方もいらっしゃるかと思います。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。具体的にどのような事項に注意すればよいのか、どのような税額控除・所得控除があると副業がばれるリスクが上がるのかということを中心に記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>