マイナンバーで過去の副業もばれてしまうのか?

マイナンバーの導入によって個人の所得の流れが税務署に把握されやすくなりました。過去に無申告をした方は修正申告の命令や追徴課税の通知を受けるかもしれません。マイナンバー導入に伴い、副業を辞める方もいらっしゃいますが、これだけで本当に副業をしていたのがバレないのでしょうか。

そこで今回、マイナンバー導入で過去の副業がバレるのか、副業がバレないためのマイナンバー対策についてご紹介します。

マイナンバー導入で過去の副業がバレる!?

マイナンバーの導入で過去の申告漏れが容易に把握できるようになりました。そのため、過去の何年分もの無申告分が指摘されることが考えられます。今からでも無申告分は申告しておくことをおすすめします。
副業がバレる原因に住民税の変額があります。住民税は通常、会社が給料から天引きする特別徴収の形をとっています。副業をしている方は副収入分については確定申告する必要があります。その際に、住民税の通知が会社に送られます。経理担当の方が住民税の通知を見て、会社で算出した額と異なっている、副業をしているのではないかと勘付いてしまいます。
住民税は前年の所得に対して計算されます。そのため、マイナンバー導入前に副業を辞めたからといって会社にバレないというわけではありません。

ただし、住民税の通知が行ったからといって過去の副業がバレることはありません。社員は原則マイナンバーを提出するようになります。ただ、会社側は目的を超えたマイナンバーの利用することが出来ません。会社側はマイナンバー通知カードに記載されている「個人番号」「氏名」「住所」「生年月日」「性別」以外を知ることができません。現状、マイナンバーから情報を検索できるのは行政機関だけなので、マイナンバーが導入されたからといって会社に過去の副業がバレることはないでしょう。

副業がバレないための対策

副業が会社にバレないために今まで確定申告をしなかった方もいるかもしれません。脱税の罪は重く、税務調査が入った場合に、過去7年前まで遡って調査される可能性があります。そのため、今副業をやめたからといって過去の脱税を帳消しにすることはできません。副業がバレる一番の原因は脱税です。マイナンバー導入で一番被害を被るのはおそらく今まで確定申告をしなかった方達です。無申告のため税務署から通知が届き、家族や身内に副業をしているのがバレる可能性があります。

副業をしているのがバレないためにも確定申告をすることが大切です。ただ、自分一人で確定申告をする自身がないという方も多いと思います。ネットには間違った情報もはびこっているので、自分一人で確実にできるというわけではありません。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がバレないためのノウハウが確定申告初心者方にも分かりやすく記載されています。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業がばれないために!扶養控除の範囲内とは?

アルバイトやパートをしている主婦や学生の方はよく「103万円の壁」「130万円の壁」という言葉を聞くことが多いのではないでしょうか。実際に103万円、130万円以上稼いでしまって扶養から外れてしまったというのはよく聞きます。
マイナンバーの導入により、社員の方は扶養家族全員のマイナンバーを勤務先に提出するようになります。このマイナンバーによって副業をしているのが家族や身内にバレてしまうことがあります。そこで、今回扶養控除の範囲を超えるとなぜ副業をしているのがバレてしまうのかについてご紹介します。

扶養控除の範囲内とは

まず、自分で税金を支払うのかポイントになるのが「103万円の壁」です。所得に課せられる税金には所得税と住民税があります。会社員やアルバイトの方は給与から一定額の「給与所得控除」を引くことができます。これに加え「基礎控除」があり、これらを合わせた金額以下は税金がかからない仕組みになっています。所得税の場合、「給与所得控除」が65万円、「基礎控除」が38万円で合わせて103万円までは所得税がかかりません。これを一般に「103万円の壁」と呼んでいます。

次に社会保険の扶養の範囲内であるかポイントになるのが「130万円の壁」です。会社員などの配偶者や扶養家族である場合、年収が130万円未満であれば国民年金「第3号被保険者」となり社会保険料を支払う必要がないのです。130万円を超えて半端に稼いでしまうと所得税や社会保険料の支払いで一時的に手取りが少なくなることがあるので注意が必要です。

副業をしているのがバレる原因

「103万円の壁」にはもう一つ注意すべきポイントがあります。それは会社員の手取りに関係しています。妻の年収が103万円以下なら、夫は「配偶者控除」で38万円を所得から引くことができ、所得税を抑えることができます。また、扶養手当の目安として配偶者や扶養家族の年収を103万円以下としているとこが多いです。配偶者や扶養家族の年収が103万円を超えていると一時的に夫の手取りが少なくなることがあります。

また、マイナンバーの導入で年末調整時「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」や「給与所得者の保険料控除申告書」にマイナンバーを記載することが求められます。マイナンバーにより扶養家族の所得も把握されるようになります。申請書を提出時に扶養家族であるはずの妻や子供たちの年収が103万円を超えており、内緒にしていた副業がバレるといったことが起こる可能性があります。

申告書にマイナンバーを記載する際には家族が本当に扶養家族に入っているか確認が必要です。また、会社員本人が副業をしている方は上記のような申請書は年末調整を行う本業の会社に提出するようにしましょう。

確定申告や年末調整を正しく行うために

ただ、確定申告や年末調整など分からないことが多いという方もいると思います。間違ったやり方を行うと副業をしているのがバレてしまう可能性があります。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がバレないためのノウハウや税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しています。副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業でサラリーマン大家をしている人は要注意。マイナンバー対策が必要か!?

サラリーマン大家が流行して以降、不動産投資に興味を持つ人は年々増加しています。サラリーマン大家とは普段はサラリーマンをしながら1棟のアパートやマンションのオーナーになることです。本業の収入の他に、家賃収入を得ることができます。サラリーマン大家の人気の理由に安定した収入を得ることができるというのが挙げられます。株式投資のように株価が日々値動きするということはないので家賃の滞納リスクがない限り毎月安定した収入を得ることができます。
一方で、マイナンバーの導入が本格的に始まり副業をしていることが本業の会社にバレるのではないかと不安に思う方も多いのではないでしょうか。マイナンバーと不動産は密接に関わっていると言われています。そこで今回、サラリーマン大家をしている方の副業がバレないためのマイナンバー対策についてご紹介します。

マイナンバーの提供機会が増える

サラリーマン大家をしている方はマイナンバーの提出機会が増えると言われています。
例えば、法人相手に不動産を貸している場合、法人は支払調書を税務署に提出します。その際に大家のマイナンバーを記載する必要があります。
また、相手が個人の場合でも必要経費を計上する際にマイナンバーを記載する必要があり、今まで以上に個人の収入が税務署に把握されるようになります。

マイナンバーの導入で副業がバレる!?

では、確定申告をしなければ副業をしているのがバレない…そう思っている方は要注意です。確定申告をしないと申告漏れにより、税務署からの修正申告の命令や追加徴収の通知を受ける場合があります。その際に家族や身内に副業をバレる恐れがあります。マイナンバー導入で申告漏れや脱税はすぐに発覚されるようになるので確定申告はしっかり行うようにしましょう。
副業がバレる原因に住民税の変動があります。本業で給与所得を得ている方は会社があなたの給料から住民税を天引きします。しかし、副業をやっている方が副収入分について確定申告を行うとその分が会社に通知されます。住民税は所得金額によって決まります。そのため、副収入分で所得金額が増えると会社が算出した住民税よりも多い金額が通知されます。そこで、あなたは副業をしているのではないかと疑われてしまうのです。
このようなことを防ぐために住民税の徴収方法を普通徴収に変える必要があります。通常、会社があなたの給料から天引きする特別徴収で行われています。この徴収方法だと副業バレのリスクが高まるので、普通徴収に変えることをおすすめします。

副業がバレないマイナンバー対策

マイナンバーが導入したからといって、会社が副業収入を正確に把握できるわけではありません。まして、あなたが何の副業をしているかを特定することはできません。確定申告を正しく行っていれば副業がバレるリスクはさらに軽減されるでしょう。しかし、どうやって確定申告をすれがよいかよく分からないという方もいると思います。
そこで当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がバレないためのノウハウや税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しています。副業を始める多くの方に重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業でFXをしている人のマイナンバー対策

株式投資・FXを副業として行う方でマイナンバー対策をしている方はいるでしょうか。マイナンバーの導入で「FXをしていたのが会社にバレてまうのではないか。」「自分は確定申告しなくて大丈夫だろうか」と不安に思う方も多いと思います。
副業をしていると会社側から本業をおろそかにしていると思われたり、実は会社の就業規則に反していたということがあります。そうならないためにも副業がバレないための対策をとっておくことが必要です。そこで、今回副業でFXをしている人のマイナンバー対策についてご説明します。

FX口座の種類

副業で人気を集めるFXですが、FXには一般口座、特定口座、NISAと様々な種類の口座があります。源泉ありの特定口座や非課税投資枠があるNISAは20万円超の利益が出なければ確定申告不要です。一般口座、源泉なしの特定口座の場合は確定申告が必要です。
株式投資・FXは損をする方も多いです。しかし、利益が出なかったからといって確定申告をしなくていいわけではありません。株式投資・FXでは損失を最長で3年間繰越控除することができます。今年損失が出たとしても翌年に利益が出れば利益と相殺して課税対象額を減らすことができるのです。たとえ、損失しか出なかった場合でも確定申告をすることをおすすめします。

FXで副業をしているのがバレる

マイナンバーの導入で副業をしているのがすぐにバレるのでしょうか。結論は今まで通りきちんと確定申告をしていれば問題ありません。
将来的には口座開設時にマイナンバーの記入が求められ、既に口座をお持ちの方もマイナンバーを提示するように通知されるでしょう。これにより、株式投資・FXで得た利益や損失が簡単に把握されるようになります。してがって、今まで利益が出ていたにもかかわらず確定申告をしなかった方は追徴課税の通知を受ける可能性があります。
しかし、特に対策をたてず確定申告を行ってはいけません。副業をしているのがバレる主な原因は住民税の通知によるものです。住民税の徴収方法を給料から天引きという特別徴収の形をとっている場合、副業をしているのがバレる可能性があります。本業以外の収入があると会社が計算した住民税額より多く会社に通知されます。そこで、この人は副業をしているのではないかと疑われてしまいます。
副業をしているのが会社にバレないためには住民税の徴収方法を普通徴収に変更しましょう。普通徴収にしておけば副収入分の住民税の通知が会社に届くことはありません。

副業をしているのがバレない確定申告

と言ってもどうやって確定申告をすればいいかよく分からないという方もいると思います。特に今まで確定申告をしたことがない方は間違ったやり方で行ってしまう場合があります。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。確定申告を正しく行うノウハウからおすすめ副業まで幅広い内容が記載されています。確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

キャバクラの同伴費用は経費?交際費と経費をしっかりと見極めよう

副業であれ本業であれ、キャバクラとアフターや同伴というのは切っても切り離せない関係に有ります。
アフターや同伴と言えば、お客様との食事などですがこの食事にかかる費用はある程度の基準があるとはいえ、経費として計上できる可能性があります。

キャバクラ関係者の多くは個人事業主

そもそもの話ですが「経費」を自分で確定申告するのは自営業者です。
一口にキャバクラで勤めていると言っても雇用形態は様々ですが、多くの場合は個人事業主として会社から仕事を請け負っているという形になります。これは従業員一人の会社を作っているようなことだと考えてください。

そこでサラリーマンやOLの場合、会社が変わりにやってくれる申告を、副業の方でも行う必要があるのです。

「交際費」は経費なのか?

自営業として確定申告を行う方であれば、確定申告の際に経費を提出する必要があります。
基本的には「収入-経費-控除」の計算で残った金額から税金が計算されるので、経費が多ければ多いほど節税になると考えて貰って結構です。

この経費や税金を定める法律の中に、「接待交際費」という枠があり一部の同伴費用はここに入れて申請することが可能なのです。

「交際費」は一部課税対象

「接待交際費」というのは細かな規定があるのですが、要は「お得意様や関係業者との接待や交際などに使うお金」ということです。
この交際費は、友人との食事代などは含まれず、あくまでも仕事に関わる飲食代だけが対象となりますのでご注意下さい。

「5000円以下の食事であれば課税の対象にならない」は法人税の話とお考え下さい

交際費は色々な規定が定められており、一概には言えないのですが、同伴費用というのも交際費の中に入るので、課税の対象になる可能性があるのです。

ただ、その一方で、控除規定や交際費ではなく経費に入れるという規定などもあるので、うまく使えばこれも節税になるとも聞いたことがあるかもしれません。

その中で、よく聞くのが、代表的なのが「飲食店での接待として一人5000円以下の食事」というものです。

この範囲内であれば交際費となり、これを超えると会議費になるというものですね。そして、交際費の場合は、経費として認められない部分が一分あると皆さんは聞いたことがあるかもしれません。

しかし、実はこれは個人の場合は気にしなくても大丈夫です。あくまでも法人税の話ですので。個人の場合は全額が必要経費に参入できるわけです。

細かな規定がある

「交際費」と「会議費」の違いというのは、一般企業でも扱いに困る部分で時折税務署が修正申告をするように要求することがあります。もしも法人を経営していて、交際費と会議費の相違がいまいちわからないという場合は、税理士に相談してみましょう。

副業の経費をしっかりと確定申告しよう

「自分で確定申告をするのは、不安…」という方も多いかと思います。
当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業中の方の為に確定申告のノウハウや節税方法などを記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

自分で確定申告を行ってみようという方で、興味があるのであればぜひ一度拝見していただけると幸いです。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

キャバクラ嬢やホステスが注意しなければいけないマイナンバー詐欺

色々な議論と問題を含みながら成立し配布が開始されたマイナンバー詐欺ですが、早速「マイナンバーが流失したので登録抹消の為にお金が必要」というおれおれ詐欺の亜種のような詐欺が報告されています。
このような単純な事件以外にも、アメリカでは成りすまし事件なども起きており、今後はもっと複雑な犯罪が起こりうると警告されているので注意が必要です。

マイナンバー詐欺の狙いは副業関係者?

[注意]
今起きている被害ではなく、予測の話も含まれていますので、その点を注意してください。

今後マイナンバー詐欺で一番狙われるであろうと言われているのが、副業関係の人間です。
 特に昼はOLで夜はキャバクラやホステスと言ったダブルワークの場合、会社に副業について知られたくないという人も多くいます。
 その一方で事実とは少々違うのですが「副業にもマイナンバーを申請する」という事から「隠している副業が会社に発覚してしまうのではないか」という危惧が多くあると考えている方が多いようです。
 そこで、税理士などを語って「他の人のマイナンバーで副業をばれないように納税をしてあげる」と高額な経費を求める可能性なども指摘されています。
 また「架空のマイナンバーを買わないか」という詐欺も予想されており、警察などでも注視している状況です。

マイナンバーでのなりすまし

 マイナンバー詐欺というのは、マイナンバーを口実にお金をだまし取るだけではありません。マイナンバーの不正取得を目的に行う場合もあると言われています。
 マイナンバーが導入されて長いアメリカでは、年末の確定申告で「なりすまし」が大量に現れるというがもはや一つの風物詩に近い物になっています。
 これは不正に取得したマイナンバーで他人に成り代わり確定申告を行う事で控除や還付金をだまし取るという物です。
 この他にも他人のマイナンバーを使い、個人情報を取得し、クレジットカードを不正に作成したり、他人名義の買い物などを行った犯罪も報告されています。
 
これはアメリカの話ですが、日本でも同様のことが起こる危険性があります。

このような危険を回避するために、むやみやたらとマイナンバーを他者に教えないようにしましょう。

詐欺の対象にならい為に正しい知識をつけよう

 副業関係者を狙ったマイナンバー詐欺が予想される一番の理由は「マイナンバーで会社に副業がばれてしまう」という危機感が有るためです。

 実際マイナンバーで確定申告を行わない人の確保率は上がると言われていますが、それはあくまで「上がる」という話で、しっかりと確定申告を行っていればマイナンバーがあるからと言って副業が本業の会社に発覚してしまう可能性は非常に低いと考えられます。

税務署も副業で有ろうが、納税さえしていれば会社に副業についてわざわざ伝えるなんてことはしません。

そうは言っても確定申告というのは難しいですし、会社にばれない為にはいろいろな工夫が必要です。そこで当サイトでは会社にばれないように副業を行いたい方の為に「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がばれないための確定申告のノウハウや節税方法などを記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業中のサラリーマンは年末調整で経費を申告できるのか?

年末調整というのは基本的には「会社が行ってくれる確定申告」です。そもそも一社のみでお金を稼いでいる方であれば、収入は会社が知っていますし仕事上の経費などは大抵会社が持ちます。

不動産控除や副業など特別な事情が無ければ会社が申告の代理を出来るのです。では、サラリーマンは「確定申告による経費の申告」は出来るのでしょうか?

サラリーマンが確定申告を行うとき

そもそもサラリーマンで1つの会社から給与をもらっている場合は、確定申告は行いませんが、特定の理由を満たす人は確定申告を行う必要が有ります。

例えば2000万円以上の給料を得ている方や、ダブルワークなどで20万超の収入がある方などが税務署へ「確定申告を行う義務」があります。

その他に、10万円以上の医療費を支払って医療控除を受けるという人やふるさと納税での控除、住宅ローンの還付など「確定申告を行った方が良い」人というのがいます。

サラリーマンの経費というのも後者のもので「特別支出控除」という枠が存在するのです。

「特別支出控除」とは

 「特別支出控除」というのは「給与所得」のある人が「特定の支出」をし、「会社が証明をした」場合に限って控除する事が可能というものです。
 
 これは概ね6つの項目があるのですが、例として、通勤費や転勤のための転居費、資格を取得するための費用や作業用の服、接待の際に使ったお金などです。
 これらの出費を会社が証明してくれるのであれば、確定申告で申請する事で所得額から差し引くことが出来るのです。

副業をうまく使うという方法もある

 また特別支出を使うのではなく「副業の経費」として確定申告を行う方法もあります。 経費というのは曖昧な所はあるのですが、税務署に認められるのであれば家賃や光熱費、研究用の書籍代やパソコンの購入費など様々な物が経費として認められるのです。
 例えば作業服などは、本業でも副業でも利用している場合、会社に作業服の購入費用を請求できない場合は。副業の経費として一部を計上できる可能性があります。他にも、副業で必要なものを購入した場合、申請できるものはいくつかあります。
しかし、だからといってむやみやたらと経費扱いするのはもちろんいけません。「あくまでも実際に副業の業務にかかった支出が経費になるのであり、副業の業務と直接の関係性のないものを経費としてはならない」ということは念頭に置いてください。

過去には「実態のない副業の経費を過剰に申請して、副業の事業を赤字にする」という方法でサラリーマンの脱税を指南していたコンサルタントが逮捕されたこともあります。

 適切な申告をしっかりと行うことは大前提ですが、認められる範囲で少しでも得をするために工夫をしましょう。

副業がばれないように確定申告をする

しかし、「こんな風に確定申告で経費を申告して、副業がばれてしまうことはないのだろうか?」と不安になる方もいらっしゃるかと思います。
当サイトでは、副収入を自分で確定申告する為に「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がばれないための確定申告のノウハウや節税方法などを記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業中の方は本業の会社で年末調整をしよう!

ダブルワークを行われている方が時折間違えているのが「年末調整」です。

サラリーマンやOLの方であれば、会社で年末調整をしている方がほとんどでしょう。しかし、副業アルバイトなどで会社に勤めている方は、副業先でも年末調整を求められることがあります。

そこで、ここでは年末調整と確定申告の関係性、そしてダブルワークの方はどのように対応したらよいかという事をお話します。

そもそも年末調整とは?

 そもそも年末調整が何かと言うと「サラリーマンの確定申告」に近いものです。
 自営業の方は収入や経費、控除などを基本的には自分で計算して税務署に提出し、納税を行います。これが「確定申告」です。

サラリーマンやOLの場合、この「年末調整」と「納税」は会社がやってくれます。収入から概ねの税額を予め決めておき、それを12カ月で割って給料から天引きし、会社としてまとめて納税を行うというシステムです。
ただし納税はあくまで概ねの額であり、医療控除や家族の控除などは加味されていません。そこで、年末にそう言った控除などを調整して、最終的な納税額を決める、というのが「年末調整」です。

年末調整をしっかりやれば還付金が受け取れる

 大体の人は言われるとおりに年末調整の書類を出すだけかと思いますが、この年末調整をしっかりと行えば還付金が戻って来る可能性があります。

 毎月天引きされている金額というのは概算であり、控除などを計算すると大抵の場合徴収額よりも実際の納税額の方が少ない傾向にあります。そこで年末調整でしっかりとした申告を行えば、還付金を受け取れるというわけです。

副業分は確定申告で

 ここまでの話はあくまでも「一社のみから給料をもらっている」場合の話であり、二つの会社に勤めているとなると話は変わります。

 所得税というのは個人の収入額にかかります。そして会社は副業分の収入を知らないため、最終的な収入は自分しか判らないわけです。そこで20万円以上副業で稼いでいる方は、本業の会社では「年末調整」を行い副業の収入は「確定申告」を行うという形になります。

 その為、副業の会社にはあらかじめ「副業である」「別に勤めている会社がある」と話しておく必要があります。これを忘れて年末になり二社に「年末調整」の書類を出してしまったという間違いがたまにあるのですが、これは誤りになります。

もし間違えて出してしまったら、あとから確定申告で追加納税が生じるでしょう。

副業分の確定申告方法

「副業分は自分で確定申告するといっても、どのようにしたら良いか分からない」という方は多いと思います。しかも、副業がばれたくないと考えている方は、特に確定申告の方法には注意が必要です。
当サイトでは副業を行う方の為に「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がばれないための確定申告のノウハウや節税方法などを記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業で風俗嬢をしている方の節税対策

気軽な気持ちで始めた風俗の悩み

欲しい物がたくさんあった私。気軽な気持ちで風俗嬢を始めました。
週3日で働き始めたんだけど、すごいお給料。
若い時の特権!と、ここ1年間ぐらい続けています。
でも知らなかったんです。私たちほとんどが、実は雇用されているOLのような立場ではなく、一人一人が独立した「個人事業主」っていう扱いを受けていることを。この場合、稼いだお金はどのように申告すればよいのでしょうか。昼間勤めている会社にはばれたくありませんが、ばれずに申告することは可能なのでしょうか。

個人事業主とOLの違い

風俗嬢に限らず、キャバクラ嬢、ホステスなども、いわゆる水商売で働いている人は店側と、「業務委託契約」というのをしています。これは「個人事業主」、平たく言えば自営業と同じ扱い、ということです。
その場合、確定申告も必要だし、節税も必要となりますよね。
この申告について、「お店がやってくれる」と思っている風俗嬢の方は少なくないようです。
でも、知っている人と知らない人とでは、色々な部分で差が出てしまいます。
まず、確定申告は年度末(大体毎年2月中旬から3月中旬まで)にしなくてはなりませんよね。でも、勘違いしやすいのが、申告する収入は前の年の1月1日から12月31日までの分なのです。
確定申告自体は、基本自分の住んでいる場所の税務署に出向いてするのが普通ですが、国税局のホームページから用紙をダウンロードして申告してもよいですし、ネット申告もできます。郵送もできます。郵送の場合、消印が最終日であれば問題ありません。

もはや常識、風俗嬢の節税対策

せっかく頑張って稼いだ副収入は少しでも取られる税金を少なくしたい、って思いませんか?
そこで、風俗で働いている女の子がやるべき節税を、まとめてみました。
もし自分が「業務委託契約」を受けている「個人事業主」という立場だとわかったら、絶対に青色申告の方を選びましょう。なぜなら、努力すればするほど、得をする申告の方だからです。
書かなければいけない項目は大体次の通りです。

  1. 納税地(ほとんどが自分の住所)
  2. 氏名,生年月日、捺印
  3. 職業(「個人事業主」とは記載できません。具体的な職業名を書かなければならないけれど、キャバクラ、とは書きません。「接待飲食等営業」と書きましょう。)
  4. 屋号(個人事業主になるためには届け出が必要です。思い浮かばなかったら、空欄のままでも大丈夫です。)
  5. 青色申告したい年を記載する(収入のあった年)
  6. 所得の種類(風俗嬢のように接客して、お金をもらっている場合、「事業所得」になります。他には家賃収入や山林売買など色々とあります)
  7. 事業所または所得の起因となる資産の名称、およびその所在地(事業所名のところは空欄で。所在地には自分の住所を書いてくださいね)
  8. 今回初めて、青色申告をする場合は「いままでに青色申告承認の取消しを受けたこと又は取りやめをしたことの有無」のところは無に丸をします。

そのほかもありますが、空欄で構わない部分です。
このときにモノをいうのが経費の存在。
経費は車だって経費として申告できます。でも知らないと、車など10万円を超える高額商品は経費として落とせる消耗品ではなく、固定資産として処理されてしまうんです。
例えば車の場合は6年(72か月)に分割されて、経費に計上することになっています。
ここで知っておきたいのは青色申告した人には減価償却の特例がある、ということです。
青色申告をしている人は10万円以上30万円未満の資産は「必要経費算入の特例」として、最高29万9999円まで経費として、その年に収入から引かれます。つまり、300万円の車を買ったら、10年間30万円の経費が毎年落とせるということです。
これを知っているのと、知らないのとじゃ大違いですよね。
このように、パソコンやスマホも経費で落とせます。
パソコンも新しくしたら、経費として大切にレシートを保管しておいてください。このように知っていれば得をする、ということが白色申告より、青色申告の方が、断然多いのです。
この経費はあくまで、風俗嬢の仕事上必要であることが前提です。個人の趣味に利用する目的のものは経費として計上出来ないので注意してください。

風俗嬢をやっていることがばれたくない

このように、副業で風俗嬢をやっている人は確定申告をすることで、経費を計上し節税をすることが出来るのですが、「確定申告をしてしまうと、会社に副業をしていることがばれてしまうんじゃないか」と考えている方は多いのではないでしょうか。実は適切な方法で確定申告を行えば、副業のばれる確率を低くすることが出来るのです。
当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。確定申告を行う上で具体的にどのような事項に注意すればよいのかわかりやすく記載したものです。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業で働きやすいキャバクラ派遣とは?

本業が他に有る方で副業を行うという場合、一番問題になりやすいのが時間の制限の問題です。本業での残業や、急な休日出勤などが有るからと言って、副業をそうそう休む事が出来ない為、なるべく時間制限がゆるい仕事の方が向いているという訳です。

そこで人気なのがキャバクラ派遣です。

キャバクラ界の派遣会社

キャバクラで働くには大きく分けて「在籍」と「派遣」の二つが有ります。「在籍」というのは一つのお店から仕事を貰うというもので、本職でキャバ嬢をやっているという方は大概これです。そしてキャバクラ派遣というのは、派遣会社的な所に登録し、指定されたお店に派遣されて働くというものです。

昼間にOLをしていて、夜はキャバクラ派遣をしているというダブルワークの方も多く登録しているようです。

キャバクラ派遣の仕事

 キャバ嬢というと、指名や営業がありますがキャバクラ派遣は基本的にヘルプの仕事に就くことが多いです。
指名した相手が居ないお客様にスポットで付いたり、特に指名がないお客様についたり、他には大型イベントの際に数合わせとして呼ばれるなど基本的にはヘルプや二軍でのお仕事と考えて貰って良いと思います。
こういった仕事で特定のお店につくわけではないので、営業をやる必要はありませんし、ノルマなどもありません。また働ける日も自由に設定できるので、副業に向いているのです。

キャバクラ派遣のデメリット

 キャバクラ派遣は「在籍」よりも自由度が高いメリットはありますがデメリットもあります。
 まず上にも書いたように基本的にヘルプでのお仕事がメインになるので、営業スキル等はあまりつきません。同伴やアフターと言ったノルマもないとは言えますが、そう言った技術を学ぶという点ではまったく向いていないのです。
 その結果、「在籍よりも稼げない」というデメリットがあるのです。
 キャバクラはノルマ制なので、ノルマ以下だとまったく稼げませんが逆にノルマ以上であれば何千万単位で稼ぐ人もいます。
 ただそう言った人々はほとんど「在籍」で稼いでいる人で、「派遣」でそれだけ稼げる人はほとんどいません。

副業に向いている仕事

 このようにメリット・デメリットがあるので万人に向いている方法とは言えませんが、副業でそれなりに稼ぎたいという人であればキャバクラ派遣というのは非常に魅力的な方法の一つです。
 
 ただし、気をつけなければいけないのは「副業がばれたくない」という方が、このようなキャバクラ派遣を続けている場合、本業の会社にバレる心配がないのか?ということです。

キャバクラ派遣をしている会社は色々ありますが、登録している会社とどのような契約をするのかが、「バレる」「バレない」に大きく関係してくると言って良いでしょう。
当サイトでは、副業がばれたくない方のために「副業がばれないためのEブック」を配布しています。これを参考にしながら登録するキャバクラ派遣の会社が、副業がばれにくい契約なのかを確かめていただくと良いかと思います。
もし、この資料を読んでも分からない、安心できないという場合は、税理士への相談が出来るアップグレードプランもありますので、ご活用くださいね。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは