副業初心者のOLさんにおすすめの副業

OLの方で仕事終わりや休日に副業を行う方は少なくありません。OLの給料はなかなか上がらず、結婚資金や老後の貯金をためるために副業を始める方も多いようです。そこで、今回OLの方におすすめな副業をご紹介します。すぐに結果が出るものばかりではないですが、OLの仕事や女性ならではの趣味を生かすことで他の副業よりも遥かに稼ぐことができます。

女性向け商材のライター

文章を書くのが得意な方はライターの仕事がおすすめです。OLの方で、ブログやSNSをやっている方は文章作成も得意かと思いますが、そのスキルを十分に生かせるのがライターです。女性の方が書きやすいタイトルも多くあるので強みを生かして、たくさん執筆すれば高収入が狙えるお仕事です。

ライターのお仕事はクラウドソーシングサイトで募集しているので、まずは登録して自分に合った仕事を探し見るのがいいでしょう。

簡単!楽しい!「ポイントサイト」

ポイントサイトは、会員登録やメルマガ登録、メール受信、ゲームなどを行うことで、ポイントが貯まるサイトのことで、貯まったポイントは現金と交換することができます。ネットショッピングをするOLの方はポイントサイトを通じて買い物を行うだけで勝手にポイントが貯まります。アフィリエイトやアドセンスとは違い、自分でホームページを作らなくても行えるので初心者の方にも始めやすい副業です。仕事終わりや休日だけでなく、仕事の休憩時間などのちょっとした空き時間にも行える簡単なお仕事です。

女性におすすめ「美容・健康系アフィリエイト」

アフィリエイトは、自身のブログやサイト上に企業のバナー広告を貼って宣伝し、その広告経由で商品・サービスが売れた場合に企業から広告報酬がもらえる仕組みのことです。ブログやサイトを持っていることが前提になりますが、今は簡単にブログやサイトが作れるサービスがあるのでそこでまで難しいことではありません。OLの方であれば美容・健康系のアフィリエイトがおすすめです。この分野は競合が多いですが、ほとんどが男性運営のサイトばかりです。OLの方は女性目線のサイトを作ることで既存のサイトと差別化することができるでしょう。アフィリエイト報酬は他のネット副業と比べて高額なので、計画を立て、継続して行うことで高収入を狙うことができます。

報酬が発生したら確定申告を

副業をしていることは周りに、特に本業の会社の方には知られたくないものです。副業をしているのがバレないためにもしっかりと確定申告を行いましょう。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。具体的に何に注意して確定申告を行えばよいのか「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」なども記載しています。ご興味をお持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

サラリーマンで月5万円稼ぐ副業とは?

本業の給与だけでは足りず、副業を始めようと考えている方が増えています。副業を始めようと思ってもネットの間違った情報に左右され、結局1円も稼げなかったという方は少なくありません。そこで、今回はサラリーマンの方でも月に5万円以上稼げる副業についてご紹介します。

収入アップ確実「アルバイト」

まず始めに、サラリーマンの方でも確実に稼ぐことができるのが「アルバイト」です。アルバイトなら働いた分だけ収入をアップさせることができます。時給1000円のアルバイトなら月に50時間働くことで月に5万円の収入を得ることができます。

ただし、サラリーマンの方は働ける時間が限られているのでアルバイトで稼げる収入の上限がすぐに分かってしまいます。そのため、大幅な収入アップは見込めないでしょう。

ハイリスク・ハイリターン「投資」

続いて、紹介するのが「投資」です。投資には「株式投資」「先物投資」「FX」「不動産投資」などがあります。投資は、お金を預けた期間と額、投資の種類やリスク度合いによりどれだけ収入が得られるかが決まります。例えば、多額の投資資金があり、年利の高い株式に投資すれば配当金だけで月に5万円程度稼ぐこともできるのです。

では、投資は多額の資金を持っていなければ始めることができないのでしょうか。実はそんなことはなく、少額の資金からでも投資を始めることができます。各投資には「レバレッジ」というルールがあり、少額の資金で多額の資金を用いて投資した時と同様の投資成果を得ることができます。

自己資金以上のお金を動かすことができるため、その分リターンも大きくなりますが、当然リスクも大きくなるので注意が必要です。

在宅ワーク!週末起業!「ビジネス」

最後に紹介するのが「ビジネス」です。ビジネスというと会社を立ち上げるイメージを持つかもしれませんが、ここで言うビジネスは時給が決まっていない業務委託の仕事を言います。例えば、クラウドソーシングなどで募集しているライターやデザイナーの仕事は業務委託にあたり、報酬は事前に発注者と交渉します。長期的に仕事をもらえれば月に5万円以上稼ぐことも可能です。

クラウドソーシングサイトに自分のスキルに合った仕事があれば自分の好きなことで月5万円以上の収入を得ることができるのです。

副業をする際の注意点

副業を始めようと思う方は、まず、就業規則をチェックしましょう。副業禁止の会社で副業をしているのがバレると罰則を受けることがあります。また、副業を禁止していない会社でも周りに副業をしているがバレたくないという方もいると思います。

副業をしているのがバレてしまう原因は、住民税の納付方法によるものです。住民税の納付を特別徴収にしていると副収入分にかかる住民税も本業の給与から天引きされてしまいます。そこで、会社は住民税の変額に気づき、副業をしているのではないかと疑ってしまいます。

そうならないために、正しい確定申告の方法を学ぶことが大切です。サラリーマンの方でも副業で収入が発生したら確定申告をしなければいけません。そこで、当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しており、確定申告の際の疑問やお悩みにお答えすることができます。ご興味をお持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業で在宅ワークをする時のメリット・デメリット

バレない副業として注目が集まっている「在宅ワーク」。小さな子供がいる方や介護中の方など、副業で家を空けるのが難しい方も行える副業として人気があります。自宅でできる副業は、時間の都合もつけやすく続けやすいのが特徴です。メリットの多い在宅ワークですが、当然在宅ワークをする上でのデメリットもあります。そこで、今回は副業で在宅ワークをする時のメリット・デメリットについてご紹介します。

在宅ワークのメリット

在宅ワークをする上でのメリットについて以下のものが考えられます。

仕事量を調整できる

在宅ワークには、ドロップシッピング、オークション、ライター、アフィリエイト、デザイナーなどの仕事があります。これらの仕事はすぐに成果が出るものばかりではありませんが、基本的には仕事をした分だけ成果に反映されます。
本業の仕事が忙しい時は仕事の量を減らすことができ、空いた時間に行うことができる、個人の生活環境に合わせワークスタイルを築くことできる副業です。

人間関係のわずらわしさがない

会社で働く場合、職場の人間関係に気を使う場面も出てきます。しかし、在宅ワークなら周りに関係なくマイペースに仕事を行うことができます。

バレにくい副業である

在宅ワークは、給料所得という形態でお金をもらうアルバイトではなく、自分で確定申告等を行う業務委託の仕事がメインです。そのため、給料から住民税が天引きされるアルバイトよりもバレない工夫を施すのが簡単です。
しかし、業務委託の仕事であっても何の対策もしないと副業をしているのがバレてしまうことがあります。副業をしているのがバレないための対策をとるようにしましょう。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークをする上でのデメリットについて以下のものが考えられます。

時間管理が必要

マイペースに仕事ができる在宅ワークですが、その分納期までに仕事を終えるように自己管理や体調管理を徹底しなければいけません。

収入が安定しない

ライターやデザイナーの仕事には必ず納期があります。納期までに仕事を終えなければその後、仕事の発注が来なくなることもあります。また、ドロップシッピングやオークションは、売れる時もあれば売れない時もあるので、毎月の収入が安定しないことがあります。

副業をしているのがバレないために

在宅ワークは比較的バレにくい副業ですが、本業の会社にバレないためには、しっかり確定申告をしなければいけません。副業をしているのがバレる原因は、確定申告や納税の手続きにあります。それを防ぐために、確定申告についてしっかりと学び、どのようにしたら会社にバレないか知る必要があります。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がバレないためのノウハウやおすすめの在宅ワークなど幅広い内容が記載されています。副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。ご興味をお持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

週末起業をする際に気をつけたいこと

サラリーマンやOLなどの勤め人の中には起業に憧れる方も多いのではないでしょうか。けれども、いきなり今の仕事を辞めて独立起業するのはリスクが高いはずです。
そこで、最近本業の会社に勤める方、主婦やパートをしている方が週末に起業をする「週末起業」が流行っています。そこで、今回は週末起業とは一体何か、週末起業を始める際の注意点について解説します。

週末起業とは

週末起業とは本業をお持ちのサラリーマンやOLの方、主婦やパートをしている方が週末や平日の仕事終わりの時間を使い、自分でビジネスを始めることです。会社を辞めずに小資本で起業することができるのでリスクを最低限に抑えることができます。また、自分のやりたいビジネスを始めることができるので「起業した」という充足感を得ることができます。

「週末起業」と「副業」には大きな違いがあります。副業は本業の収入だけでは足りない、またはそれ以上稼ぎたい方が行うものであくまで目的はお金を稼ぐことです。一方で「週末起業」はお金を稼ぐことも前提にありますが、それ以上に自分のビジネスに挑戦したい、自己実現をしたいという方が行うものです。

週末起業をする際の注意点

週末起業をするメリット、デメリットについてご紹介します。週末起業のメリットは先程書いたように本業に勤めながら別のビジネスを始めることができる点です。また、週末起業が軌道に乗れば本業を辞めてそのまま独立することもできますし、うまくいかなければ起業から手を引き本業に戻ることもできます。このように、本業を続けるか辞めるかの判断を、起業しながら行えるのもの大きなメリットとして挙げられます。

続いて、週末起業のデメリットは、まず、プライベートの時間が減ってしまう点です。週末起業は休日や仕事終わりの時間を使って行うので、友人と遊んだり、飲みに行ったりと自由な時間がなくなります。他にも本業に支障が出るという問題点があります。休日にも仕事を行うので身体を休める時間が減り、体調管理ができず、本業に支障をきたすことが考えられます。

週末起業をしているのがバレる理由

週末起業をする上で最も気をつけなければいけないことは、本業の会社に週末起業をしていることがバレることです。会社の就業規則で副業を禁止していなければ問題ないですが、禁止していた場合、副業をしているのがバレると減給や降格などの罰則を受けることがあります。

週末起業を始める方は、起業をしているのが会社にバレないための対策を行うことが大切です。副業がバレてしまう原因の多くは、住民税の納付方法によるものです。住民税の納付方法を特別徴収に選択していると住民税が本業の所得から天引きされます。週末起業で利益を上げると、その分所得も増え、住民税が変動します。そこで、会社は給与以外にも所得があることが分かり、「副業をしているのではないか」と疑うことになります。

週末起業をしていることがバレないためには住民税の納付方法を普通徴収に切り替え、本業以外の所得にかかる住民税は個人で納付するようにしましょう。

週末起業がばれないための対策

「週末起業を始めたいけど会社にバレないか心配だ。」という方もしっかり対策をとり確定申告を行えば問題ありません。当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。具体的に、確定申告の際にどのような事項に注意すれば良いか、確定申告初心者の方にも分かりやすく記載されています。ご興味をお持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業でキャバ嬢をしている人がバレないために気をつけること

昼間はOL、夜は副業でキャバクラ嬢をされている方も多いのではないでしょうか。「ばれない副業」として人気のキャバクラですが、何の工夫もしないで副業をしていると知らぬ間に本業の会社に副業をしているのがバレているケースがあります。そこで、今回は副業でキャバ嬢をしている方が会社にバレないために気をつけることについてご紹介していきます。

会社の人が来る可能性のある場所は避ける

副業OKの会社で、会社にばれても問題ないと考えている方はいいのですが、副業がばれたくない方は注意が必要です。勤務先の上司や同僚が実際に店の方に来てしまうおそれがあります。そのようなことがあると、お互いに気まずいですし、副業をしているのがバレてしまいます。そうならいないためにも、キャバクラで働く方は本業の会社の方が来店する可能性がある場所は避けるようにしましょう。

副収入はしっかりと申告する

基本的に副業で得た収入が控除額の20万円以下であれば税務署へ確定申告はしなくても良いのですが(税務署に申告しない場合であっても、市区町村へは申告します)、それ以上稼いでいる場合は税務署へ確定申告を行う必要があります。副業をしているのがバレる原因は住民税の通知によるものです。副収入が20万円以下であっても、副収入が発生するとその収入に対して住民税の支払いが発生します。住民税の支払いがないと会社に通知が行ってしまう場合があります。また、住民税の納付方法を給与から天引きする特別徴収にしていると副収入分の住民税の通知も会社に届いてしまうので、注意が必要です。住民税の納付は自分で支払う普通徴収にしましょう。

副業に必要なドレス代金などの経費は申告できる

キャバクラなどで働いている方は、確定申告時、ドレス代金などの経費を計上することができます。所得税は収入から経費を差し引いた額に控除や税率をかけて求められます。つまり、経費を計上することで支払う税金を軽減させることができるのです。ただし、経費には計上できるものと、できないものがあります。基本的に「お店までの交通費」や「ドレスやアクセサリーの衣装代」など営業活動に関わる費用は、経費に計上することができます。一般にプライベートに関わる費用は、経費に計上することができません。そのため、キャバクラで副業をしている方は確定申告時に必要な領収書などは、きちんと保管するようにしましょう。

確定申告を正しく行うために

副業をしているのがバレないために確定申告は忘れずに行わなければいけません。ただ、確定申告を正しく行えるか不安だという方も多いと思います。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。確定申告を行う際の注意点や、税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

メリットの多い副業「覆面モニター」とは?

みなさんは覆面モニターという言葉を聞いたことがあるでしょうか。最近注目を集めている副業の一つで、メリットの多い副業と言われております。特別な資格はいらず誰にでも簡単に始めることができます。そこで、今回は「覆面モニターの始め方と注意点」についてご紹介していきます。

覆面モニターとは?

覆面モニターは、「覆面調査」や「ミステリーショッパー」などとも呼ばれています。覆面モニターとは、実際に店舗に行き、商品やサービスを購入し、ネット上の簡単なアンケートに答えることで謝礼をもらうことができる副業です。調査はとても簡単で、レストランで食事をしたり、美容院で髪を切ったり、ネット通販で商品を購入したりと様々です。調査する店舗、内容は自分で選択することができるので空き時間を利用して行うことができます

モニター募集サイトに登録する

覆面モニターをするにはモニターの募集・求人サイトに登録する必要があります。サイトに登録したら興味のある調査を選択します。人気のある調査だと抽選になります。当選したら実際に店舗に行き、調査を実施します。調査後はアンケートに答え、レシート等の写真といっしょに調査会社に送ります。アンケートやレポートは短時間できる簡単なものばかりです。アンケートやレシート等を調査会社が確認し、問題がなければ謝礼が支払われます。

ファンくる
とくモニ

報酬が確定したら確定申告を

覆面モニターでは謝礼がポイントで支払われる場合があります。サラリーマンやOLの方がよく誤解しているのが、「ポイント収入なら確定申告をしなくてもよい」ということです。しかし実際はポイントを現金へと交換した場合に、収入として計上しなければいけません。確定申告をしないと本業の会社に副業をしているのがバレるおそれがあります。副収入が発生すると住民税を支払う必要があります(副業で得た収入が20万円以上であれば税務署へ確定申告をしなければいけません)。会社に副業をしているのがバレたくない方は住民税の納付を自分で行う普通徴収に切り替えるようにしましょう。

確定申告が不安な方はご相談ください

1人で確定申告をするのは不安という方も多いと思います。そこで、当サイトでは副収入が発生しても安心して確定申告が行えるように「副業がばれないためのEブック」を配布しております。副業しているのがバレないためのノウハウや今回ご紹介した覆面モニター以外のオススメの副業も数多く記載されています。また、税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しているので、困ったことがあればいつでもご相談ください。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

『副業がばれないためのEブック』

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業アルバイトと業務委託はどっちがばれにくいか?

副業には大きく二つに分けて「サイドビジネスでお金を稼ぐ方法」と「給料としてお金をもらう方法」があります。それぞれの賃金体系は異なり、バレにくさにも違いがあります。ここでは「サイドビジネスでお金を稼ぐ方法」を業務委託、「給料としてお金をもらう方法」を副業アルバイトとします。そこで今回は副業アルバイトと業務委託はどちらがばれにくいかについてご紹介していきます。

副業アルバイトとは?

副業アルバイトは、一般的にアルバイト先と雇用契約を結び、賃金を「給与」として受け取ります。給与所得に該当する場合、すでに税金が引かれているため、確定申告の必要はありません。ただし、年末調整の書類を副業先にも出してしまうと後に確定申告で追加納税が生じる場合があります。
そのため、副業アルバイトでは副業先の会社にはあらかじめ「副業である」と伝え、副業分と本業分を合わせたところで確定申告をすることになります。

一般に副業アルバイトよりも業務委託の方が副業をしているのがバレにくいと言われています。

業務委託とは?

業務委託とはサラリーマンやOLの雇用形態とは異なり、賃金を「報酬」として受け取ります。例えば、OLで夜にキャバクラやクラブで副業をするという方は「お店から仕事を請け負っている個人業者」という扱いになります。業務委託や自営業は会社員とはまったく別の考えが適用されるのでバレない工夫がしやすいのです。

業務委託には、キャバクラやクラブの他にデータ入力から記事の制作、アプリの制作請負といったインターネットを使ったクラウドソーシングサービスもこれにあたります。

こういった業務委託は、副業アルバイトに比べたら本業の会社にバレる可能性は低いです。しかし、何の対策もしないで確定申告をするだけでは会社に副業をしているのがバレてしまうことがあります。業務委託については個人で確定申告をする必要があります。住民税の納付方法を特別徴収にしてしまうと本業の会社に住民税の通知が届いてしまいます。会社で算出した額と通知を受けた額が異なっていると担当者は副業をしているのではないかと疑ってしまいます。
そのため、住民税の納付方法を普通徴収に選択し、個別に住民税を納付するようにしましょう。

副業をしているのがバレない確定申告

副業アルバイトや業務委託を副業としている方も、正しく確定申告を行えば本業の会社にバレることはありません。ただし、確定申告を行わないと会社にバレるリスクが高くなるので確定申告は忘れずに行うようにしましょう。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」を記載しており、副業アルバイトや業務委託のおすすめ副業もご紹介しています。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

マイナンバー制度は拒否すれば副業はばれないのか?

マイナンバーの通知が始まり、いよいよ来年からマイナンバー制度が施行されます。マイナンバー制度により、副業をしているのがバレるのではないかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。そんな中、マイナンバーを受け取らなければ会社に副業をしているのがバレないという意見があります。そこで、今回はマイナンバーを拒否すれば本当に副業をしているのがバレないのかについて考えてみたいと思います。

受取拒否しても「番号」は消えない

そもそも、マイナンバーとは年金や雇用、医療保険の手続き、生活保護、児童手当といった福祉の給付など今まで別々に管理されていた個人情報を一元化させることで行政サービスの効率化を図るために活用されるものです。

しかし、個人情報の漏えいや悪用などといった理由でマイナンバーの受け取りを拒否している人が多発しています。また、マイナンバー制度により副業をしているのがバレたくないがためにマイナンバーの受け取り拒否をしている人もいます。では、マイナンバーの受け取り拒否をしたらどうなるのでしょうか。

結論から言うと、受け取りを拒否しても、その人のマイナンバーが消えるわけではありません。また、マイナンバーを知らないままだと将来行政サービスを受けられなくなる可能性があります。社会保障や税の手続きの際にマイナンバーの提示が求められるようになります。その時、マイナンバーの記載がないと不利益を被るおそれがあります。

給与関係の納税と国民健康保険、年金などの手続きで従業員は会社にマイナンバーを提出することになります。副業がバレるのを防ぐためにマイナンバーを提出しない人も、おそらく出てくるでしょう。内閣官房の公式ホームページでは「従業員等がマイナンバーの提供を拒んだ場合、どうすればいいですか?」という質問に「社会保障や税の決められた書類にマイナンバーを記載することは、法令で定められた義務であることを周知し、提供を求めてください。それでも提供を受けられないときは、書類の提出先の機関の指示に従ってください。」と記載されています。つまり、現時点でマイナンバーの提出がないからといって特別罰則を受けることはありません。しかし、将来的にはマイナンバーの提出がないと不利益を被るおそれがあるので会社に提示を求められたら提出した方がいいでしょう。

マイナンバー導入と副業がバレる理由

副業をしているのがバレる一番の原因は住民税です。また、マイナンバーの導入により、今まで確定申告をしなかった人たちは申告の命令や指示により、副業をしているのがバレる可能性があります。したがって、マイナンバーの受け取りを拒否したからといって副業がバレないことはありません。

マイナンバーが導入されてもきちんと確定申告を行えば問題ありません。副業をしているのがバレる原因の一つに住民税の通知が考えられます。住民税の徴収方法を特別徴収にしていると会社に副業分の住民税の通知も届いてしまいます。そこで、会社に副業をしているのがバレるおそれがあります。

住民税の徴収方法を普通徴収にしていれば見つかる可能性は少なくなるでしょう。副収入分の住民税は自分で納付する普通徴収であれば会社に副業の住民税の通知が届けられることはないので、会社に副業をしているのがバレるリスクを軽減させることができます。

マイナンバーの導入で個人所得の流れが把握されやすくなりましたが、毎年、確定申告を行っていればそこまで心配することはありません。
そして、確定申告の際には住民税の納付は普通徴収を選択するようにしましょう。
しかし、それだけでは「副業がばれない」と安心する事はできません。
当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。今回紹介した副業がバレないための確定申告について分かりやく記載されおり、確定申告初心者の方にも重宝していただいております。ご興味お持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

正社員が副業することのメリットとデメリット

最近、副業を始めるサラリーマン・OLの方が増えてきました。副業をしている方の中には本業先以上の収入を得ている方もいます。そういう方を見て「自分も副業をはじめてみようかな」と考える人も多いのではないでしょうか。一方で副業を始めたからといってすぐに収入アップが見込める方ばかりでもありません。そこで今回は、正社員が副業をするメリット・デメリットについてご紹介していきます。

副業をするメリット

収入アップが見込める

年功序列や終身雇用制がまだ残っている日本では、サラリーマン・OLの方が急激に給与アップすることはあまりないでしょう。本業で成果を出してもそれが給与に反映されるのはいつになるか分かりません。
一方で、副業は歩合制の場合が多く、仕事をした分だけ収入アップの可能性があります。もちろん副業の中にもすぐに成果が出ないものもありますが、副業をしてお金を稼ぐことが出来た時に改めてお金を稼ぐ大変さを知ることができるでしょう。

リスクヘッジができる

もし、自分の勤め先が倒産してしまったら、その瞬間あなたの収入はゼロになってしまいます。また、病気にかかり仕事ができなくなることもあるでしょう。しかし、副業をしていればこうしたリスクを軽減させることができます。収入源が二つあれば本業先が倒産してもすぐに困ることとはないですし、万が一の時のために貯蓄をしておくこともできます。

独立起業の準備ができる

将来、会社を辞め起業したい方は副業から始めることをおすすめします。サラリーマン・OLの中には会社を辞めて将来起業したいと思っている方も多いと思います。しかし、すぐに会社を辞め起業して成功するのは大変難しいと言われています。実力や人脈、また運も必要になります。
副業からなら会社を勤めながらでも行うことができますし、将来起業するための知識や経験を積むことができます。また、副業が成功すれば、それをもとに起業することもできるでしょう。

副業をするデメリット

自由な時間が減る

副業を始めたら本業以外の時間で行わなければいけません。そのため、休日や仕事終わりの時間を使って副業をすることになるでしょう。副業を軌道に乗せるには時間がかかるでしょうし、自分の自由な時間を削ってでもやることになります。

会社にバレる可能性がある

副業をしているのが本業先の会社にバレる可能性があります。副業を容認している会社なら問題ないですが、副業を禁止している会社だと本業に支障が出る場合があります。また、副業をしているとサラリーマン・OLの方も確定申告をする必要があります。確定申告をするとの住民税の通知が会社に届けられます。副業をしているのがバレるのは住民税の通知によるものです。副業をして所得が増えると住民税も増えるので会社の経理担当もすぐに分かってしまうのです。会社に副業をしているのがバレないようにするために、住民税の納付方法を特別徴収から普通徴収に変える必要があります。副業分の住民税を自分で支払っておけば会社に通知がいくことがありません。

どのように確定申告を行うか

「副業を始めたいけど確定申告の方法がよく分からない」という方もいらっしゃると思います。そこで、当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。副業をしているのがバレないための確定申告について分かりやすく記載されています。また、おすすめの副業も紹介しているのでぜひ参考にしてみて下さい。ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

クラウドソーシングサイトで副業する際に気をつけること

副業として一番手堅くかつバレにくいのが、ネット上で行う「クラウドソーシング」なのですが、馴染みがない方には難しくに思えるかもしれません。
インターネットで行うお仕事というと難しいように思えますが、基本的には現実の仕事と何ら変わることはありません。

ネット副業は、比較的ばれにくい副業なので、本業の会社にばれたくないという方にはおすすめの副業です。

まずはしっかりとした交渉を

クラウドソーシングサイトによってどのような交渉方法を取るかは違いますが、大概の場合、チャットやメールなどで交渉を行います。
その際に大事な事は、まず作業内容をしっかりと聞くという事です。例えば、ライターと言っても、一から自分で文章を作るライティングと、最近はやりのまとめサイト方式の2つがありますし、細かく見ていくとどのような内容の文章を書くかや、文章の長さなど細かな指定があります。
そういったことをしっかりと確認し、その労働に見合う対価を払ってもらえるように交渉しましょう。
もし交渉に納得が行かなかったり、作業内容に不満や不信な点が見つかったのであれば早めにそのお仕事を断るという事も大切です。

問題があれば作業中でもどんどん聞くこと

金額交渉が終了し、支払いについてなども確認した上で契約を締結したら、早速、作業にとりかかりましょう。
作業は相手の指示に従うことを基本として、もしわからないところがあった場合自分でどうにかするのではなく、発注者にしっかりと確認をしましょう。
二度手間になると双方の時間の無駄ですし、早めに聞けば修正も手軽なのでしっかりと聞くことが大切です。

納品と支払い

制作や求められている作業はしっかりと納期を守りましょう。もし納期に遅れるようであれば、相手に迷惑がかからないように納期前にしっかりと連絡をすることが大切です。
クラウドソーシングにおいては、納品も基本的にインターネット上で行います。ですからファイル形式やどのような方法で納品を行うべきかという事もしっかりと聞いておき、それに従って納品を行いましょう。
納品が終わり、問題がない様であれば支払いとなるのですが、この際に問題がある相手だと支払いが行われなかったり、最初に締結した契約以外の要求を求めることがあります。
支払いがない場合は仲介しているクラウドソーシングサイトに相談し、公的機関に相談することになるのですが、そういったことが無いように信頼ができる相手からお仕事を受けるようにすることが一番大切です。

この3つを繰り返していけば滅多なことがない限りトラブルなく進められますし、相手からの評価も良くなるためリピートでお仕事がもらえるようになります。

それを繰り返していけば、副業でしっかりと稼げるというわけです。

いかがでしょうか?

「クラウドソーシングで副業をはじめてみようかな。」とお考えの方は、もうひとつ注意しなければいけないことがあります。

クラウドソーシングで得た副収入の確定申告についてです。

副業の確定申告

当サイトでは確定申告を行う方や会社にばれないように副業を行いたい方の為に「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、副収入で確定申告を行う方以外でも確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは