正社員はマイナンバー制度で副業がバレるのか?

2015年の10月から導入されたマイナンバー制度は、副業をしている方たちにとって関心の高い話題ですが、どの程度本業に影響を与えるかは、まだ見えにく部分が多いでしょう。

とくに、正社員で副業している方たちは、マイナンバー制度の仕組みを理解していないと、ばれにつながってしまう可能性もあります。

今回は正社員で副業している人が、マイナンバー制度によって副業がばれないための対策についてお伝えします。

マイナンバーは年末調整にも確定申告にも必要

マイナンバー制度とは、一人にひとつの個人番号によって、行政手続きの簡略化を図るという制度です。これにより行政は、その人物が何処から収入を得ているのか、所得がどのくらいあるのかを把握することができ、脱税防止や手続きの簡略化を図ることができるのです。
この個人番号は、行政に提出するあらゆる書類に記載することが義務付けされます。つまり、本業の会社での年末調整・副業の収入を申告する確定申告の書類にもマイナンバーを記載することになるのです。

これによってこれまで別々に提出されていた書類も、紐付けが簡単になり、個人の収入は把握されやすくなるということです。

マイナンバー制度で副業がばれる?

正社員の人が、マイナンバー制度によって副業がばれるリスクが高くなるのは、副業でアルバイトをしている場合です。副業アルバイトで給料をもらっている場合に、この収入にかかる住民税と、本業の収入にかかる住民税を別々に支払うことが出来ない場合があります。正社員の方の多くが、給料から住民税は天引きされているかと思いますが、この住民税が同等の給料の社員と違ってくると「あれ?他に収入があるのかな?もしかして、副業をしているのかな?」という風に、経理の人に気付かれてしまうケースがあるということです。

マイナンバー制度によって個人の収入の把握は、これまでより簡単になります。別々に支払いたいという意向を汲み取ってもらえなくなるのも十分に考えられることなのです。

副業がばれないための対策

そこで、これまでばれずに副業をしてきた方も「副業がばれないための対策」をしっかりと考える必要があります。とくに、正社員の方は、本業にばれて降格されたり、減給されたり、最悪の場合は、解雇される可能性もあります。
就業規則を見て副業を禁止している会社にお勤めの場合、副業はオススメしませんが、すでに副業をされている方はしっかりと対策をとることが必要です。

当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」を記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業で水商売をするときのメリット・デメリット

OLの副業として人気のキャバクラ嬢やホステス等の水商売ですが、始める前にきちんとメリットとデメリットを検討しておく必要があります。水商売の場合、頑張ると本業より稼げるため、税金対策や、副業がばれないための対策もしっかりと考えておいた方が良いでしょう。
今回は、副業で水商売をするときのメリット・デメリットについてお伝えします。

水商売のデメリット

体力を消耗する

キャバクラやスナックは深夜まで営業しているので、昼間の仕事をしながらの接客は体力を消耗します。閉店より、前にあがらせてもらったり、翌日が休みの日だけ出勤するなど希望を聞いてくれるお店は良いですが、そうでないと体力が持たなくて続けられなくなるケースもあるようです。昼間は仕事をしていることに理解のあるお店選びは重要になります。

入店前の準備に時間がかかる

お店に入る前はヘアメイクやドレスに着替えたりと1時間程度準備に時間がかかるのも、始める前に考慮しておかなければいけません。お店によって制服があったり、ドレスを支給される場所もありますが、自分で用意する場合は、その費用も考えておく必要があります。

水商売のメリット

アルバイトより高収入を稼げる

副業でキャバクラ嬢やホステスをやっている方で、本業よりも稼いでいるという方は結構いらっしゃいます。もちろん、彼女達は指名をとったり、細やかにお客様に連絡をとったり、と努力しているので、お店に出ている時間以外にも努力しているのですが、その分平均的なOLさんの給料よりもはるかに稼いでいるケースが少なくありません。

様々な人の話が聞ける

普段出会えないような業界の人と顔見知りになれるのも水商売の魅力です。どんな人がお客様に多いかは、働く場所によって左右されますが、銀座などは経営者などと知り合いになれると聞きますし、六本木などは芸能人が多く訪れるという話もききます。いずれにしても、本業の会社で働いているだけでは知り合うことのないような方のお話を聞く事ができるので、社会勉強にもなります。

副業で水商売していることをばれたくない

副業で水商売をするのは、良い事もありますし、リスクもあります。とくに、副業で水商売をする方が気にされているのは、「本業の会社にばれたくない」という事です。副業が禁止されていない会社であっても、水商売をしていることがばれると、「お金に困っているのか」とか「本業に支障がでる」など、同僚から変な目で見られてしまうのではと心配される方もいらっしゃるようです。

そこで、しっかりと「副業がばれないための対策」をする必要があります。当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないためのノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、本業の会社にばれたくない、とお考えの方にひろくご利用いただいております。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業でFXをするときのメリット・デメリット

サラリーマンやOLの方で、副業でFXを始める方が増えてきています。知人などに、「FXいいよ、稼げるよ〜。」と話を聞いて気軽に始める方も多いようですが、まずは一度副業でFXをする際のメリット・デメリットをしっかりと検討してから始めることをおすすめします。
また、副業でFXをしている方の中には、本業の会社にはばれたくないと考えている方も多いようです。
しっかりと対策ができるよう、このブログの最後に方法を記載していますので、ぜひご覧ください。

FXのデメリットとは?

損失が出る可能性がある

FXは投資なので、損失が出る場合があります。アルバイト副業では、働いた時間、費やした時間が収入に反映されますが、FXの場合はそうでは、ありません。アルバイト副業の方が一定の収入を確実に得られるため、お金がカツカツという方は、FXで損失を出してしまうとかなり家計を圧迫することになってしまいます。 

事前の情報収集が大変

FXをするためには、FXの仕組み、リスク管理方法など事前にある程度知識をつける必要があります。為替相場についても勉強する必要があるので、こういったことに興味がない方は、事前の情報収集が苦痛になってしまい、結局 FXで稼げない状態に陥りやすくなってしまいます。

FXのメリットとは?

高額の収入を得る可能性がある

FXは投資なので、損失が出る場合がある一方で、アルバイト副業よりも儲けられる可能性があります。もちろん、誰でも儲けることが出来るわけではありませんが、「レバレッジ」という仕組みがあり、少ない資金で大きな金額の取引を行う事が可能なのです。失敗すれば大損失を出す可能性もあるため、慎重さは必要です。

時間や場所が自由

FXは、取引ツールを見ながら取引を判断していきます。取引ツールは、スマホでも利用できるので、PCがない場所でも確認することができます。時間も、24時間顧客サポート対応をしているFX業者が増えており、時間を有効活用することができます。この時間や場所が限定されないことは副業を続けて行く上で大きなメリットになります。

副業でFXしていることがばれないための対策

副業としてFXを行っている方から、本業の会社にばれたくないという声をよく聞きます。よく、勘違いされている方がいらっしゃるのは、「確定申告をしなければ、FXで利益が出ていてもばれないのではないか」という意見です。利益が出ているのに、申告しないのは、あきらかに違法です。きちんと確定申告をしてください。そして、副業で稼いでいることがばれないように確定申告をするためには、ちょっとしたコツがあります。

当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

ネット副業のメリット・デメリット

インターネットが普及し、副業でもパソコンやスマホなどインターネットを利用して稼ぐ方法が注目されるようになりました。「2016年は、ネット副業はじめてみようかな。」とお考えの方に、ネット副業のメリット・デメリットをお伝えします。

ネット副業のデメリット

ネットで稼ぐ方法として、よく知られているのが、「アフェリエイト」「webライター」「転売・せどり」です。これらは、ばれにくい副業として人気のため、当サイトの「バレない副業の種類」でもご紹介させていただいております。ただし、パーフェクトな副業かといえば、どのような副業にもデメリットがあります。

副業収入が安定しない

上記で紹介した、3つの副業のうち、いずれも月額固定の収入を稼ぐのが難しい副業です。

例えば、「アフェリエイト」でいえば、広告がクリックされた回数によって収入に変動が生じます。

「Webライター」の場合は、もしも連載を持つようなことがあれば一定期間は安定した収入は得られるかと思いますが、多くの方はクラウドソーシングなどで、案件を見つけ仕事にするため、案件数や執筆量に応じて月の収入は変動します。

「転売・せどり」は、特に収入が安定しにくい副業です。買って売るまでに時間がかかりますし、予想していた金額で売れない場合もあるからです。

パソコン作業が疲れる

パソコンは便利なのですが、長時間使用していると、肩こりや目の疲れなど、身体の疲労が溜まります。本業の仕事でずっとパソコンに向かうような場合は、副業でもパソコンを使用するとその疲労感はさらに増してしまうでしょう。中には、一日中パソコンを見ていられるという人もいるので、そんな方は心配ないと思いますが、ブルーライトを予防するメガネなど使用するようにして少しでも疲労を軽減させましょう。

ネット副業のメリット

場所・時間を選ばない

アルバイト副業と違い、ネット副業は、場所・時間を選びません。平日は忙しいサラリーマンやOLで、空いた時間で少しずつ副業したいという方には、非常に都合がつきやすく継続しやすい副業といえます。

アルバイト副業よりばれにくい

そして、ネット副業は、アルバイト副業に比べて「会社にばれにくい副業」です。なぜばれにくいかというと、アルバイト副業の場合、給与としてお金が支払われますが、ネット副業は、その都度、報酬というかたちでお金を貰うことがほとんどです。副収入を給与としてもらっている人の場合、市区町村によっては、本業の会社と住民税の支払いを分けてもらえず、副業がばれてしまう可能性があるからです。

副業するならばれない対策が必要

副業をしている多くの方から、マイナンバー制度の導入をうけ「ばれないか不安だ」という声を耳にします。マイナンバー制度が導入されたからといって、ただちに副業がばれるというわけではありませんが、しっかりとばれない対策をとる必要があります。当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウなどを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業でFXを行う人が気をつけたい3つのポイントとは?

サラリーマン・OLの副業としてFXが人気を集めています。FXは、株式投資よりも少ない金額で始めることができることや、時間に縛られることなく取引が行えるため副業としても人気があるのですが、始める際は、いくつか気をつけるポイントがあります。
今回は、副業でFXをはじめる方の気をつけるポイントをお伝えします。

取引手数料などの仕組みを理解する

FX人気を受けて、FX会社は非常に増えてきました。副業でFXをはじめる方は、どの業者にすれば良いか迷ってしまうことでしょう。ポイントのひとつは、口座開設費・取引手数料・スプレッド・レバレッジ・ロスカットといった仕組みを理解し、いくつかの会社を比較することです。

「口座開設費・取引手数料」については、多くの業者が無料にしています。

「スプレッド・レバレッジ・ロスカット」の部分は、業者によって特徴があるので、比較しやすいでしょう。

FX業者の信頼性

これだけたくさんの業者が増えてくると、中には突然破綻したりするFX業者も出てきます。
そんな業者と契約してしまわないために、いくつか見分けるポイントがあります。
ひとつは、「信託保全」があるかどうかです。「信託保全」とは、顧客の資産をFX業者が外部の提携銀行に預け管理して貰うシステムのことで、これにより万が一そのFX業者が破綻したとしても、顧客の資産は守られるということです。

「信託保全」の無い業者がもしも破綻した場合、返金などが受けられ無い可能性はがあるため、しっかりと確認しておくことが必要です。

取引の環境が整っているか

取引を行う際に、重要なのが「取引ツール」です。最近は、スマートフォンの普及により、色々な端末で使用できる取引ツールが増えています。副業としてはじめてFXをするいう方は、まずは高性能なものより、使いやすさ、分かりやすさを売りにした取引ツールがオススメです。

そして、大事なのは顧客のサポート体制です。大手のFX会社は24時間電話サポートを取り入れて、いつでも顧客対応を可能にするという努力をしています。まずは、色々知るためにこのようなサポートが整っている業者を選ぶと良いでしょう。

副業がばれないための対策

そして、大事なのが、副業でFXをしていることが本業の会社にばれないための対策です。サラリーマンやOLの副業として人気のあるFXですが、多くの方が「副業していることがばれたくない」と思っています。ばれないためには、利益が出た際の確定申告ノウハウを身につけておく必要があります。

当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

2016年に行う確定申告(27年度分)はマイナンバーが必要?

2015年の10月からスタートしたマイナンバー制度。副業がばれたくないと考えている皆さんは、マイナンバー制度について色々とお調べになっているかと思います。
とくに、これまで、何も対策をしなくても副業がばれなかった方は、マイナンバーでばれるリスクがどのように高まるのかを確認していただければと思います。

副業先でマイナンバーを提出することになる

副業でアルバイトや派遣のような仕事をしている方は、勤務先でマイナンバーの提出を求められるようになりますが、提出する際には、本業があることを伝えておきましょう。
マイナンバーは、年末調整などの手続きに使用されますが、年末調整を本業の会社で行なっている場合、副業の勤め先では年末調整を行うことができません。
とくに控除の申請をしている人は申請を二重にしてしまうことが、問題となりますので、注意しましょう。

アルバイトや派遣ではなく、本業以外に何か自分でビジネスを立ち上げている人、外注として企業から仕事を受けている人もマイナンバーの提出を求められることになります。これは、企業側が個人に外注を依頼した際、支払調書にマイナンバーを記載する必要があるからです。「これは、副業だからマイナンバーは提出できません」なんてことを言ってしまうと、外注の仕事がもらえなくなってしまうかもしれませんので、企業や会社から仕事を受けている場合、マイナンバーの提出が必要になることを覚えておきましょう。

確定申告でマイナンバー記載が必要になるのはいつから?

確定申告でマイナンバーの記載が必要になるのは、正確には28年度分の確定申告から、つまり2017年の2月頃に行う確定申告にはマイナンバーの記載が必要になります。2016年2月から3月に行う27年度分の確定申告に関しては、マイナンバーの記載は必要ありません。

マイナンバーで副業はばれるのか?

マイナンバーを記載したからといって100%副業がばれるというわけではありませんが、これまで副業の収入を無申告で通してきた方は、要注意です。マイナンバー制度で、個人の所得はこれまで以上に把握されやすくなるのです。先にも述べたように、職場でのマイナンバー提出が必要になったり、個人で仕事をする際にもマイナンバーが必要になるのですから、照合すれば誰がいくらの所得があるのか把握されやすくなるのも当然です。

副業がばれないための確定申告

副業の収入をしっかりと申告しないといけない、といことがご理解いただけたかと思います。そうは言っても「副業していることを本業の会社にばれたくない。」と思っている方は多いかと思います。当サイトでは「副業がばれないためのEブック」配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

サラリーマンやOLが始められるサイドビジネス5選

「お給料以外にも収入が欲しい!副業はじめようかな、でもばれないか心配。。。」という方、ばれにくい副業としてオススメなのが、サイドビジネスです。
サイドビジネスとは、自営業のようなもので、アルバイトのようにお給与をもらう形態ではなく、仕事ごとに報酬が入ってくるイメージのことをいいます。
アルバイトの場合、給与支払いがあり、様々な経理上の手続きを通して本業の会社にばれてしまうリスクが高いのですが、サイドビジネスはお給与はないので、ばれにくい副業といえます。
では、サイドビジネスとしてどんなビジネスが考えられるのかをご紹介しましょう。

翻訳

日本語以外に得意とする言語がある方や、仕事で外国語を使用している方が、サイドビジネスとして翻訳の仕事をしているというのは、結構聞く話です。翻訳の仕事は、最近人気のクラウドソーシングなどでも翻訳の仕事をチラホラ見ることがあります。一度、取引が出来ると同じお客様から追加の依頼をもらえたりするので、スキルのある方にはオススメのサイドビジネスです。

せどり・転売

ネットオークションを通じて、プレミアのつきそうな商品を購入し、高額で売ることを目的とした転売やせどりは、一見サイドビジネスと思われない方もいるかもしれませんが、サイドビジネスとして成立します。情報収集の力も必要で、儲けたいと考えているのであればそれなりに、時間を要しますが、中にはオークションで1万円で購入した商品が、25万円で売れたという人もいるほど、商品を見極める力を持っていると儲けることも出来るビジネスです。

ライター

趣味でブログやSNS投稿をしている方、文章を書くのが好きな方は、ライターがおすすめ。とくに、WEBライティングは最近非常に仕事数も増えているので、ライティングに特化したクラウドソーシングに登録しておいて、頻繁にチェックしていれば必ずといっていいほどお仕事はあります。しかし、執筆には時間もかかるので、ある程度副業の時間を持てる方におすすめです。

アフェリエイト

アフェリエイトは、自分のホームページやブログに企業広告を掲載して、その広告がクリックされるとお金が入ってくるビジネスです。たくさん見られるホームページやブログを製作することで、たくさんの人が閲覧し、広告クリックも増え、稼ぐことができるという仕組みです。最初この閲覧者が来てくれるページにするまでに労力がかかりますが、安定して閲覧されるページに成長すれば、そんなに時間をかけずに、広告収入を得ることができるようになります。

内職

ラベル貼りや袋詰めといった作業を行う内職は、今も人気があります。パソコン作業が苦手な方や外に出るのがおっくうだという方は、このような単純作業の内職がおすすめです。内職は、一ついくらの単価がついていて、やればやるだけ収入につながるので、積み上げればしっかりとお小遣い稼ぎになりますよ。

副業をしているのがバレないために

サイドビジネスをはじめて、収入が生じたら、確定申告を行わなければなりませんよね。しかし、確定申告も注意して行わなければ本業の会社にばれてしまいます。
当サイトでは「副業がばれないためのEブック」配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業でFXをする人におすすめの会社とは?

サラリーマンやOLの副業として人気の高いFX。時間に縛られない、無理のない範囲で投資ができる、ということで、副業としても非常に注目を集めています。
現在は、日中帯でもスマホさえあれば為替をチェックできるので、昼間に仕事をしている方でも継続して続けられる副業です。今回は、初心者がはじめやすいFXの会社を3つご紹介します。

DMM FX(DMM.com証券)

TVCMでも人気になったFX取引高第2位のDMM FXは、初心者に安心なサービスが充実しています。
初心者に安心なポイントとしては、スマホアプリや取引ツールの使いやすいということです。
もうひとつは、カスタマーサポートサービスが24時間体制であることと、LINEを通じてオペレーターとやり取りが出来るということです。
口座開設時期によっては、キャッシュバックキャンペーンなども行っているのでお得です。

DMM FX(DMM.com証券)

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券はFX取引高で世界第1位になった会社です。GMOの魅力はFXのみならず、株式投資、先物OPもあつかっている証券会社で、一つのアカウントですべてを利用できるのが魅力です。また、高性能の取引ツールの無料で使用できるのが嬉しいところ。
24時間電話でのサポートを受け付けているため、FX初心者にも優しいですね。

GMOクリック証券

らくらくFX

株式会社FXトレード・フィナンシャルがやっているサービス「らくらくFX」は、初心者のためのFX会社といっても過言ではありません。こちらは、あらかじめ損失額を設定できるので、初心者でわからずにはじめて大幅な損失を出してしまうといった心配がなくなります。取引ツールも初心者に分かりやすい設計になっているため、むずかしそうで敬遠していた方にはおすすめです。

らくらくFX

FXをするなら確定申告の準備を

副業でFXをはじめてみようかな。という人は、確定申告についても事前に確認しておく必要があるでしょう。とくに、本業の会社に副業していることがばれたくないという方は、当サイトで配布している「副業がばれないためのEブック」をご活用くださいね。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業でFXをしている人の確定申告

サラリーマンやOLの副業として人気を集めているのがFXです。FXはアルバイトなどの副業とは違い、時間の拘束もないので継続しやすい副業といえます。FXをして利益や損失が出た場合は、確定申告をする必要があります。間もなくやってくる27年度分の確定申告に向けて、副業でFXをしている方の確定申告についてご説明いたします。

FXは損失を最長3年分繰り越せる

副業としてFXをする場合、アルバイトの副業と大きく違うのが、「損失」が出る場合があるということです。アルバイトであれば、働いた分だけ稼ぐことが出来るのですが、FXはそうはいきません。FXを始めたいと考えている人が知っておいたほうが良いのが、「FXの損失は最長3年分を繰り越すことが可能」ということです。

FXの税率は、20.315%で、利益が出た場合に税金を支払いますが、もしも過去3年間に損失が出ているとその分を差し引いた利益にできます。例えば、今年100万円の利益が出ている人が、過去に100万円分の損失を出していると、納税額は0円になるということです。例外的に、海外FXの場合などには、総合課税として、より大きな税率で課税されることもありますのでご注意ください。

確定申告の基本

初めて確定申告をする方は、記入方法や確定申告の提出について色々と不安な点も多いでしょう。そこで、確定申告の基礎をお伝えします。

確定申告には、以下の方法があります。

1)確定申告用紙を印刷して手書きで記入
2)確定申告のサイトで、設問に回答しながら入力、最後に印刷
3)e-Taxを使用し、すべてオンラインで申告する

この中で、あまり慣れていない方は、1)か3)を選んだ方が良いでしょう。e-Taxはオンラインで申告出来るので非常に便利ですが、パソコンに接続するカードリーダーを購入したり、オンライン申告に必要な証明書を発行する必要があり、準備が必要で、申告に慣れてきた方向けといえます。

FXの確定申告

確定申告には、青色・白色と呼ばれる書類があり、確定申告初心者の方は迷ってしまう方もいるかもしれません。FXは基本的に雑所得となり、雑所得の場合は白色申告となります。

FXを副業で行なっている方で特に事業などを営んでいないようなら、白色申告となります。

FXをしている方が税務署に提出する書類は以下になります。

1)申告書Bの第一表
2)申告書Bの第ニ表
3)申告書第三表
4)先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書
5)取引明細
6)添付書類台紙

損失がある場合は、上記の書類に加えて、「所得税の確定申告書付表」が必要になります。

提出する書類が結構あるんだなぁ。と思う方も多いと思いますが、分からないところは税務署に尋ねることもできます。

副業がばれないための確定申告

「FXの確定申告で、色々聞きたいことがあるが、本業の会社に副業をしていることがばれたくないために、色々聞くことができない。」とお悩みの方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか。「確定申告をすると副業がばれるから、確定申告はしない」という方もいらっしゃるようですが、これは脱税になってしまい、違法行為ですのでやめてください。確定申告をすると副業がばれるというのは、ネット上の噂で本当は、しっかりと対策をとれば副業がばれるリスクを大幅に軽減することができるのです。
当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

アルバイト副業とネット副業を比較!ばれにくいのはどっち?!

副業には「給料としてお金をもらう方法」と「サイドビジネスでお金を稼ぐ方法」があります。一般的に前者がアルバイト副業、後者がネット副業になります。ネット副業よりもアルバイト副業の方が会社にはバレにくいと言われています。では、なぜネット副業の方がバレにくいのでしょうか。今回はその理由と副業をする上での注意点について解説します。

アルバイト副業とネット副業の違いは何か

副業アルバイトで得た収入は給与所得となります。給与所得は副業先の会社が経費として役所に申告しており、その住民税通知が会社に送られる可能性があるので、何の対策も行わないとバレてしまう可能性が高いのです。一方、ネット副業で得る収入に関しては、本業をお持ちの方は雑所得(開業届を提出すれば「事業所得」)になるのできちんと確定申告をしていれバレる可能性が低いのです。

あくまでバレにくい

ネット副業はアルバイト副業に比べて会社にバレにくいですが、絶対にばれないというわけではありません。ネットで稼ぐ副業ならバレないのではなく、確定申告の方法により副業がバレるリスクが軽減されるのです。副業がバレる原因は、住民税の納付方法によるものです。住民税の納付方法を特別徴収にしていると副業分の収入にかかる住民税も本業の所得から天引きされてしまいます。そうなると、会社側は住民税の変額により副業をしているのだと分かってしまいます。

そうならないために、確定申告の際に住民税の納付方法を普通徴収に切り替えましょう。副業分にかかる住民税は個別に納付することで会社にバレるリスクを軽減できます。また、確定申告時には節税対策を行うことで、住民税を減らすことができるのです。結果、万が一会社に住民税の通知が行ったとしても、住民税の変動が小さければバレる確率は下がるのです。

副業をしているのがバレないために

インターネット上では「ネットで稼いだ収入は確定申告をしなくてよい」などといった情報が出回っていますが、これは間違いです。確定申告をしないと副業をしているのがバレるリスクが高まります。マイナンバー制度の導入により、ネットの収入であっても税務署は簡単に把握できるようになります。副業をしているのがバレないためにも確定申告をしっかり行うようにしましょう。

けれども、具体的に何に注意して確定申告を行えばよいか分からない方も多いと思います。そこで、当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは