“ばれない”副業の種類とは?その2「せどり」

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「“ばれない”副業の種類とは?その2「せどり」」です。「耳にしたことはあるが、どのようなことを行うのかピンと来ない」という方もいらっしゃるかと思いますので、内容を簡単にまとめてみました。

なお、副業をお持ちの方に共通しているのが「会社に副業を持っていることがバレては困る」ということです。ばれてしまった場合「本業がおろそかになるのでは?」と冷ややかな目で見られたり、「なんで副業?」と、いらぬ詮索をされてしまう場合もあるようです。そうならないためにも、こちらをよく読み参考になさっていただければと思います。

◆「せどり」とは?

“「せどり」とは『同業者の中間に立って品物を取次、その手数料をとること。またそれを業とする人(三省堂大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした、
「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉”
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9B%E3%81%A9%E3%82%8A ウィキペディアより)。

要は、新古書店やフリーマーケット等で、高く売れそうなものを安く仕入れ、インターネットサイトで転売し、利益を得ることです。近年ではインターネットが普及しているため、商品の仕入れも販売も、以前より「せどり」を行いやすくなったと言われています。平日や週末の空いた時間で行えるため、会社にもばれにくく、副業として多くの方が行っているようです。

◆収入はどれくらいになるのか?

個人によって差はありますが、まずは「せどりで月10万円」を目指して始められる方が多いようです。ペースがつかめてくると月に10万円以上稼げることもあると聞いております。「せどり」の商才があり、こまめに続けている方では、月に100万円程度稼ぐこともあるようです。

◆気を付けるべきこととは?

月100万円程度稼ぐ方はもちろん、たとえ月10万円でも、収入を得られるようになってから気を付けなければいけないのが、確定申告です。インターネット上などで得た、誤った知識で行ってしまうと、メインの会社にばれる可能性がとても高くなります。

当サイトでは確定申告を行う上で「副業がばれない方法のEブック」を配布しております。具体的にどのような事項に注意すればよいのかわかりやすく、幅広く記載したものです。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

“ばれない”副業の種類とは? その1「週末起業」

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は副業に興味のある方ならどなたでも気になるであろう「“ばれない副業”の種類とは?」。その1は最近よく耳にする「週末起業」についてです。

副業をお持ちの方に共通している点は「会社に副業を持っていることがバレては困る」ということです。ばれてしまった場合「本業がおろそかになるのでは?」と冷ややかな目で見られたり、「なんで副業?」と、いらぬ詮索をされてしまう場合もあるようです。そうならないためにも、こちらをよく読み参考になさってください。

「週末起業」とは?

週末起業とは「会社を辞めずに、小資本で、インターネットを使って起業すること」。提唱者は経営コンサルタントの藤井孝一氏で、著書『「週末起業」これで私もお金もちかも』(中経出版)の中でこの言葉を定義したことで、世間に知られるようになりました。会社の安定した収入を保ちながら、少ない資本で副収入を確保でき、さらには自分のアイデアを形にできて「起業した!」という充足感をも充たせるため、多くの人が魅力を感じているようです。週末や平日の夜など、自分の時間で行えるため、「ばれるリスク」も低いと言えます。

以下は具体的な週末起業の例です。(参照:http://www.shumatsu.net/weekend/)

  • Web制作の代行
  • 通信教材などの配送代行
  • 週末だけ開店する雑貨屋
  • 経営コンサルタント

収入はどれくらいになるのか?

個人や業種によっても差が生じるようですが、ペースがつかめてくると月に5万円程度稼ぐことも難しくはないようです。月50万円ほど稼いでいる方も少なくありません。そのレベル以上で安定してくると、独立する方もいるようです。

気を付けるべきこととは?

収入を得られるようになってから気を付けなければいけないのが確定申告です。インターネット上などで得た、誤った知識で行ってしまうと、本業の会社にばれる可能性がとても高くなります。

当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。具体的にどのような事項に注意すればよいのか、市区町村別の対応を知るためには、どのような事項を役所の担当者に確認していけば間違いがなくなるのか、ということを中心に記載しています。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

よくある“副業がばれた”パターンその1「確定申告をしなかった」

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「副業がばれてしまったよくあるパターン」について、お話します。

副業をお持ちの方の多くに共通しているのが「会社に副業を持っていることがばれては困る」ということです。ばれてしまった場合「本業がおろそかになるのでは?」と冷ややかな目で見られたり、「なんで副業するの?」と、いらぬ詮索をされてしまう場合もあるようです。そうならないためにも、こちらをよく読み参考になさってください。

確定申告をしないと、ばれる確率は高くなる

「確定申告をしなければ、副業はばれないだろう」と考えている方もいらっしゃるようですが、これこそ会社へばれてしまう大きな理由のひとつです。たしかに、確定申告をしなければ、副収入があること自体誰にも分からないだろう、という意見は一見筋が通っているように見えます。しかし、副収入を得ている方で、勤務先としてどこか会社通してお仕事をされている方は、副業の勤務先があなたに支払った金額を、市区町村の税務課に報告していることが多くあるため、確定申告をしなければ本業の会社に、副業収入に対する住民税も通知され、副業がばれてしまうリスクが高いのです。
なお、収入が少ない場合、所得税を払う必要はなくても住民税は払う必要があります。うかつに「収入も少ないし、何もしなくていい」と考えていると、会社にばれる危険性が高まるばかりではなく、法律を無視することになり、後々後悔することになりかねませんので、確定申告は必ず行ってください。

確定申告はどうやってすればいいのか?

とは言っても「自分一人で確定申告をする自信がない…」という方もいらっしゃるかと思います。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。具体的にどのような事項に注意すればよいのか、どのような税額控除・所得控除があると副業がばれるリスクが上がるのかということを中心に記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

リンク

  • 六本木・ホステス求人クラブマネージメント
  • キャバクラ求人大阪京都神戸bsl
副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは