副業でキャバクラ派遣をする人のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昼間は会社でOLとして働き、夜はキャバクラやスナックで副業するという女性が増えています。定時で上がる仕事で、アフター5に少しでも稼げることをしたいと考えている人が多いようです。
しかし、実際に水商売で働くとなると、ノルマや営業連絡など実際の働く時間以外でも副業のために時間をついやす必要が出てきます。本職としてホステスやキャバクラ嬢をやっている人は良いのですが、副業だとそれが苦痛になってしまうケースもあるようです。
そこで、副業でキャバクラ嬢をしたいという方に、「キャバクラ派遣」という新しい働き方が注目されています。今回は、キャバクラ派遣のメリット・デメリットをご紹介します。

キャバクラ派遣のデメリット

色々な店舗に行くのでルールが様々

キャバクラ派遣は、自分が働きたいと思った曜日・時間にあったお店にいくため、毎回違うお店に入ります。その都度、ドレスの貸し出しがある店なのか?新規のお客さんにつくのか?など、店舗によってのルールが異なります。毎回違うお店に行けるのが飽きないので楽しいという方もいますが、場所が決まってないとその都度、新しいルールに従うので慣れないうちは疲れてしまうかもしれません。

在籍ではないと衣装が大変

お店によって、ドレス貸し出しなどがありますが、自分で用意する場合もあります。その場合、昼の職場にドレスや靴などを持って行かなといけないため、荷物が多いのも大変です。在籍(1箇所に在籍するキャバクラ嬢)の場合は、靴やドレスを置いて置けるので、楽なのですが、キャバクラ派遣はそうはいきません。

キャバクラ派遣のメリット

ノルマや無理な営業をしなくてよい

キャバクラ派遣は、サポート的な立場でお客さんにつくことが多いので、ノルマや無理な営業をする必要がありません。在籍の場合は、自分にお客さんをつけないと、と日中に営業連絡をとったりと大変ですが、そういった煩わしさがないのがキャバクラ派遣の良いところです。

時間と日にちが自由

水商売の場合、欠勤や遅刻は罰金をとるところもあるほど厳しいので、本業の仕事で残業しなければいけなくなって出れなくなってしまったりすると、損失が出てしまいます。
その点、キャバクラ派遣は当日にスケジュールを入れることも出来るため、本業との両立がしやすいのが特徴です。

副業がばれないための対策

副業でキャバクラ派遣をする時に心配なのが、「副業がばれないかどうか」です。特に水商売の場合、職場の人にばれるとあまり良い印象を持たれないことが多いでしょう。そこで、副業がばれないための対策をしっかりととっておく必要があります。

当サイトでは、副業がばれたくない方のために「副業がばれないためのEブック」を配布しています。
もし、この資料を読んでも分からない、安心できないという場合は、税理士への相談が出来るアップグレードプランもありますので、ご活用くださいね。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。