OLの月5万円稼げる副業とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本業の給与だけでは足りず、副業を始めようと考えているOLの方が増えています。昼間の仕事のみでは生活が苦しい、お給料アップを願うけど、中々上がらない。。。という方に、OLさんが月5万円稼げる副業についてご紹介します。

堅実に稼ぐ『副業アルバイト』

本業のお休みを利用したり、アフター5を活用して「副業アルバイト」をすれば、月5万円稼ぐことができます。

飲食店などのウエイトレスや、夜間のコンビニ、居酒屋などのバイトで時給1000円程の職場を探し、月50時間働けば、5万円の副収入になります。

しかし、接客業の場合、職場の人の通勤圏内で働くと顔ばれすることもあるので、絶対にばれたくない方は、アルバイトの種類を新調に選んだ方が良いです。

賢く投資『FX』

時間や場所の拘束なく稼げる『FX』は人気の副業です。副業アルバイトのように顔ばれなどの心配もありませんし、休日を犠牲にすることもありません。

しかし、しっかりと知識をつけて行わないと損益を出してしまう恐れがあり、資金に余裕のない方だと、かなりキツイでしょう。

株式投資と違い少額からスタートできますが、家計に余裕のない方にとってはリスクの高い副業です。

在宅ワーク『クラウドソーシング』

近年、ネット上でデータ入力やライティングなどの仕事を受発注できる『クラウドソーシング』が注目を集めています。

ネット上でやりとりができるので、場所を選ばず、PCさえあれば仕事を始めることができます。

クラウドソーシングの場合、案件によって金額のばらつきもあるので、毎月スタンダードな収入を求めるようなら、アルバイト副業などの方が確実かもしれません。

高収入も見込める『水商売』

短時間で高収入を稼ぎたい方は、「水商売」で働く人が多いです。昼間の仕事を終えたアフター5を活用して、クラブやキャバクラ、スナックなどで働くというスタイルですが、体力と気力を使うので始めるには覚悟が必要です。

また、副業アルバイトでも記載したとおり、接客業なので顔ばれしないとも限りません。

今回ご紹介した副業の中では稼げる副業で、水商売をしている人の中には、本業の収入を上回る副収入を得ている人もいるほどです。

副業をする際の注意点

副業を始めようと思う方は、まず、就業規則をチェックしましょう。副業禁止の会社で副業をしているのがバレると罰則を受けることがあります。また、副業を禁止していない会社でも周りに副業をしているのがバレたくないという方もいると思います。

副業をしているのがバレてしまう原因は、住民税の納付方法によるものです。住民税の納付を特別徴収にしていると副収入分にかかる住民税も本業の給与から天引きされてしまいます。そこで、会社は住民税の変額に気づき、副業をしているのではないかと疑ってしまいます。

そうならないために、正しい確定申告の方法を学ぶことが大切です。副業で収入が発生したら確定申告をしなければいけません。そこで、当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しており、確定申告の際の疑問やお悩みにお答えすることができます。ご興味をお持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。