スナックでの副業はマイナンバーでばれるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「スナックでの副業はマイナンバーでばれるのか?」について、お話します。

昼間は本業をお持ちで、副業としてスナックで働いている方のなかで、マイナンバー制度の導入について気になっている方は多いかと思います。「職場に内緒で副業やアルバイトをしているけど大丈夫だろうか?」「マイナンバー制度の導入で会社に副業がばれるんじゃないか?」という不安を持たれているのではないでしょうか。こんな不安をお持ちでしたら、こちらをよく読み参考になさってください。

給与手渡しはばれない?

スナックで働く場合、給与という形態ではなく、報酬という形で賃金を受け取ることもあります。個人経営が多いスナックの場合、日払い、手渡しで賃金を受け取ることができるような店舗もあるので、ばれにくいという認識をされている方もいらっしゃるようです。しかし、これは大きな誤りです。マイナンバー制度導入により、すべての店舗にマイナンバー提出を求められるため、これまでよりも個人収入の流れを税務署に把握されやすくなります。確定申告をしなかった場合、お店からの情報により、所得がわかってしまい、そこで焦ってしまい、的確な対応ができないと、会社に副業がばれやすくなってしまいます。

どのような対策をとるべきか

上記のように、今まで特に対策をたてなくても、ばれずにスナックで副業をされていた方も、マイナンバーの導入によりばれる可能性が高くなっています。ではなぜばれてしまうのか。これには住民税の納付方法が関係しています。本業の会社が特別徴収という徴収方法を取っている場合、給与から住民税が引き落とされることとなります。副業をすることで所得が増えた場合、この住民税額が変化してしまうので、会社にばれるリスクが高くなるのです。住民税を納める方法は、特別徴収ではなく、自身で払う普通徴収を選択する必要があります。きちんとした対策を立てて、副業分の確定申告を行い、普通徴収という自身で納税する方法を選択することで、ばれる可能性をずっと低くすることができます。

確定申告ってどうすればいいの?

副収入を得られるようになってから気を付けなければいけないのが確定申告です。インターネット上などで得た誤った知識で行ってしまうと、本業の会社にばれる可能性がかなり高くなります。当サイトでは確定申告を行う上で「副業がばれないためのEブック」を配布しています。具体的にどのような事項に注意すればよいのかわかりやすく、幅広く記載したものです。また、マイナンバー制度の導入により、接客系の副業は以前にも増してばれる危険性が高くなるとも噂されていますが、そのあたりの知識もしっかりと記載しております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。