副業アルバイトと業務委託はどっちがばれにくいか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業には大きく二つに分けて「サイドビジネスでお金を稼ぐ方法」と「給料としてお金をもらう方法」があります。それぞれの賃金体系は異なり、バレにくさにも違いがあります。ここでは「サイドビジネスでお金を稼ぐ方法」を業務委託、「給料としてお金をもらう方法」を副業アルバイトとします。そこで今回は副業アルバイトと業務委託はどちらがばれにくいかについてご紹介していきます。

副業アルバイトとは?

副業アルバイトは、一般的にアルバイト先と雇用契約を結び、賃金を「給与」として受け取ります。給与所得に該当する場合、すでに税金が引かれているため、確定申告の必要はありません。ただし、年末調整の書類を副業先にも出してしまうと後に確定申告で追加納税が生じる場合があります。
そのため、副業アルバイトでは副業先の会社にはあらかじめ「副業である」と伝え、副業分と本業分を合わせたところで確定申告をすることになります。

一般に副業アルバイトよりも業務委託の方が副業をしているのがバレにくいと言われています。

業務委託とは?

業務委託とはサラリーマンやOLの雇用形態とは異なり、賃金を「報酬」として受け取ります。例えば、OLで夜にキャバクラやクラブで副業をするという方は「お店から仕事を請け負っている個人業者」という扱いになります。業務委託や自営業は会社員とはまったく別の考えが適用されるのでバレない工夫がしやすいのです。

業務委託には、キャバクラやクラブの他にデータ入力から記事の制作、アプリの制作請負といったインターネットを使ったクラウドソーシングサービスもこれにあたります。

こういった業務委託は、副業アルバイトに比べたら本業の会社にバレる可能性は低いです。しかし、何の対策もしないで確定申告をするだけでは会社に副業をしているのがバレてしまうことがあります。業務委託については個人で確定申告をする必要があります。住民税の納付方法を特別徴収にしてしまうと本業の会社に住民税の通知が届いてしまいます。会社で算出した額と通知を受けた額が異なっていると担当者は副業をしているのではないかと疑ってしまいます。
そのため、住民税の納付方法を普通徴収に選択し、個別に住民税を納付するようにしましょう。

副業をしているのがバレない確定申告

副業アルバイトや業務委託を副業としている方も、正しく確定申告を行えば本業の会社にバレることはありません。ただし、確定申告を行わないと会社にバレるリスクが高くなるので確定申告は忘れずに行うようにしましょう。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」を記載しており、副業アルバイトや業務委託のおすすめ副業もご紹介しています。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。