副業で風俗嬢をしている人は確定申告する?しない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

軽いノリで勤めたのはいいけれど・・・

毎月のお給料がちょっと足りないから、キャバクラにでも務めちゃおうかな?
そう思って、軽いノリで、キャバクラやクラブのホステス、もっと稼げるソープ嬢など、会社勤めの傍ら、風俗嬢として収入UPに励んでいる若い女性は結構いらっしゃいます。
いずれの場合も、風俗店というところに雇用され、一見会社員と同じく、そういった面倒なことはすべて店側がやってくれるものと思っていませんか?

風俗嬢にも確定申告は必要

ところが、大部分の風俗店は、税務調査対策として風俗嬢と「業務委託契約」をしているところが多いのです。
多いどころかほとんどが、この形式を採用していると思います。
つまり、「業務委託契約者」はサラリーマンやOLのような雇用ではなく、「個人経営主」として扱われ、当然、確定申告の必要が出てくるわけです。
その際、少しでも節税対策をすることが出来た方がよいですよね。
個人事業主は確定申告の際、収入と経費の報告をしなければなりません。
衣装代、美容院代、交通費、化粧品代、などなど、すべてレシートを取っておいて、できれば家計簿のような帳簿をつけましょう。
要は「収入」と「経費」をはっきりとさせておく必要があるのです。
帳簿をつけるのが面倒!という方は、せめて絶対にレシートだけは取っておいてくださいね。確定申告の時、このレシートがものを言うのです!

税金は収入に対して何%という具合に課せられます。
経費は収入から引けるのです。つまり経費が多ければ多いほど、収入分が減る。ということは掛けられる税金も減る、という仕組みになっているのです。
ここで勘違いしないでほしいのは、あくまでも課税対象の「収入」であって、実際の収入が減るわけではないので、安心してください。
お店によっては「税金は雑費として引いているから、心配しなくても大丈夫」などというオーナーもいるでしょう。
ですが、もしその「雑費」の中に源泉徴収税が、含まれているのであれば、その金額をはっきりさせておきましょう。
なぜなら、確定申告の際、「還付」つまりお金が戻ってくる、かもしれないからです。

どうやって所得証明をするのか

風俗のような経営方式の場合、キャバ嬢やホステスにちゃんとした明細を渡さず、ポンと現金だけを月末に封筒に入れて渡したり、中にはその日払いでお金を渡すお店も少なくありません。
給料明細もなければ、銀行口座に証拠が残るわけでもない。どうしたらいいのでしょうか?
そこが確定申告の不思議なところなのですが、本人が作った「帳簿」(収入と経費の書いてあるもの)を丸々信用してくれるのです。
ですが、先ほどもふれたとおり、収入が多ければ多いほど、掛けられる税金も多くなるのですから、収入を水増しして確定申告する人はまずいませんよね?
ですが、経費は別です。経費が多ければ多いほど得をする仕組みになっているのですから、経費は皆さん血眼になって申告します。
この際に提出する帳簿は、「家賃」「光熱費」「食費」などで風俗として経費計算できないものは含めないでください。
あくまでも、風俗でもらった収入と経費の記載を見るのが目的の帳簿なのですから。

副業がばれないための確定申告

「確定申告をきちんとすることで、節税対策になることが分かったけど、本業の会社にはばれたくない」という方は多いのではないでしょうか?
とくに風俗関係の仕事をしていると良く思わない人もいたりして、「絶対に知られたくない」と考えている方が多いでしょう。「確定申告をすると副業がばれる」と考えている方もいらっしゃいますが、これは間違いです。きちんと適切な方法で確定申告をすれば、副業がばれないばかりでなく節税にもなるので、風俗嬢をしている方は確定申告をするべきです。
とは言っても「自分一人で確定申告をする自信がない…」という方もいらっしゃるかと思います。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。具体的にどのような事項に注意すればよいのか、副業がばれるリスクがへらせるのかということを中心に記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。