「ばれやすい副業」と「ばれにくい副業」の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サラリーマンやOLで副業をしている方々は、今している副業が本業の会社にばれないか、いつも心配しているかと思います。もしくは、これから副業を始めようとしている方は「本業にばれない副業ないかなぁ…」と探されているかと思います。
そんな方は、本業の会社にばれにくい副業とはどんな職業か、逆どんな副業ならばれにくいかを知っておく必要があります。
気になる方は、ぜひ、こちらをお読みください。

ばれにくい副業

「ばれにくい副業」とはどんな職業かというと、「サイドビジネスでお金を稼ぐ職業」です。
サイドビジネスとは、ネット上で仕事をする場合や、コンサルティング、ホステスや風俗嬢、業務委託で仕事をするライターなどの仕事です。サイドビジネスの場合、副収入にかかる住民税は、本業の会社と別に支払いをすることで、本業の会社にばれにくくすることが出来ます。

ばれやすい副業

「ばれやすい副業」とはどんな職業かというと、「給料をもらう仕事」です。
「給料をもらう仕事」がなぜばれやすいかというと、副業で給料を受け取っている場合に、この副収入にかかる住民税に関して市区町村に支払う義務があるわけですが、この住民税の支払いを本業の会社と分けてもらうのが難しい場合があるからです。

サラリーマンやOLの多くが、住民税は本業の会社の給料から天引きされているかと思います。副収入にかかる住民税も本業の会社から天引きされるとなると、本業の会社で給料の支払いをしている人は、「あれ?この人、みんなと同じ給料なのに住民税が多いな、おかしいぞ?」と勘づいて、副業をしていることがばれてしまう場合があるからです。

副業がばれないための対策

すでに副業をしている方は、もしも「ばれやすい副業」をしているなら、副業をかえることを検討してみた方が良いかもしれません。

副業をしているのがバレてしまう原因は、住民税の納付方法によるものです。住民税の納付を特別徴収にしていると副収入分にかかる住民税も本業の給与から天引きされてしまいます。そこで、会社は住民税の変額に気づき、副業をしているのではないかと疑ってしまいます。

そうならないために、正しい確定申告の方法を学ぶことが大切です。副業で収入が発生したら確定申告をしなければいけません。そこで、当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しており、確定申告の際の疑問やお悩みにお答えすることができます。ご興味をお持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。