よくある“副業がばれた”パターン

副業がばれないために年末調整はしっかりと対策が必要

10月の後半以降には、会社から「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」という2通の書類を配られます。

これらは、会社が社員の年末調整をするために必要な情報を社員に書いてもらう書類なんですね。会社員の方であれば、毎年会社に提出する書類ですからご存知の方も多いでしょう。

でも、実はこれらの書類、副業(アルバイトやサイドビジネス)が「会社にばれないか」ということと、無関係ではないのです。
普通に書いていれば問題ないのですが、もしも「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」でミスをしてしまったりすると、確定申告後に副業がばれる可能性につながったりするわけです。

インターネットで副業がばれない方法を調べた人であればわかると思うのですが、副業をすることで追加発生した住民税を自宅に送ってもらえると、会社バレを防止をできるわけです。

しかし、これは簡単そうに見えて、実は結構複雑で、自分ではうまくやったつもりでも、実は自宅に送ってもらえないことがあります。

少なくとも、ネット上の情報のみを頼りにして何となく処理するのは避けた方が良いでしょう。
※ちなみに、自宅に納付書を送ってもらって、自分で銀行やコンビニで住民税を納める納付方法を「普通徴収」と言います。

何故、自宅に送ってもらえないことがあるのでしょうか。

住民税の納付書を自宅に送ってもらえない原因

その原因の一つは、所得税法で定められている所得控除制度・税額控除をいう制度が深く関係しています。
これらの控除には、扶養控除・配偶者控除・配偶者特別控除・障害者控除・寡婦(夫)控除・生命保険料控除・地震保険料控除・住宅ローン控除などがあります。

上で挙げた控除は、年末調整で会社に申請することができるものです。

そして、年末調整で、これらの控除の記載をきちんとしていないと、翌年の確定申告後に、副業の住民税の納付書を自宅に送ってもらえないという事故が起きる可能性があるのです。

住宅ローン控除に関しては、記載をきちんとしているか以前の段階で、副業バレを生じる可能性があります。

自宅に送ってもらえないということは、副業の情報が会社に伝わるおそれがあるんですね。
非常にこのあたりは複雑でして、ネット上にもほとんど情報は出てきていないのですが、ありがちなパターンですので、副業をしている会社員の皆さんには十二分にご注意いただきたいとことですね。

副業でアルバイト・サイドビジネスをしている方はお忙しいものです。
だからついつい、副業のバレについては、「年が明けて、確定申告の書類を書くときに対策すればいいや」と思いがちになるのではないでしょうか。

ところが、実際には、年末調整の時期には、既にきちんと副業のばれない方法について理解しておかないとならないわけですね。
特にマイナンバーの絡みもありますから、なおさら早めに対応をしていきたいところですね。
なお、年末に向けて、会社からマイナンバーを求められたときは、素直にマイナンバーはお伝えください。

年末調整のよくある質問

最後によくある質問についてこちらで解説しておきます。
「副業のアルバイト先でも年末調整をするのですか?」というものです。副業のアルバイト先では、年末調整は不要です。
所得税法上、年末調整は、主たる給与をもらっているところ、つまり、本業先のみで行うことと定められているのです。

所得税法第190条では、1箇所のみで年末調整することが規定されているのです。
もしも、副業のバイト先に、それが副業であることが伝わっていないと、誤って副業先があなたの年末調整をしてしまうかもしれませんから、ここはご注意くださいね。

また、当たり前ですが、副業のアルバイト先の年収を、年末調整の際に、本業の会社に伝えなくてはならないという決まりはありませんのでご安心ください。

※副業がサイドビジネスであって、アフィリエイトなどのネットビジネス、コンサルティング業、システム開発の受注、キャバクラのホステス(キャスト)、ネットワークビジネスをして、他者から報酬をもらっている場合は、そもそもそれは給与所得ではなく、雑所得(又は事業所得)になるため、報酬の支払者が誤ってあなたの年末調整をすることはありませんので、それが副業であることを相手に伝える必要はありません。

それでは、年末調整に向けて、きちんと副業バレ対策を進めていってくださいね。

副業がばれないためのノウハウを知りたい方はこちら『副業がばれないためのEブック』

よくある“副業がばれた”パターンその4「確定申告後、何もせずにいたらバレた」

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「確定申告後、何もせずにいたらバレたパターン」について、お話します。
副業やサイドビジネスをされているサラリーマンの方は、だれでも会社にばれるのは避けたいと考えるのは当然でしょう。「自分はうまく隠しているから副業がばれることはない」「副業の確定申告はしたことないけど、ばれることはない」と考えている方でも不安はあるはずです。そんな方はこちらをよく読み参考になさってください。

副業がバレたパターン

副業やサイドビジネスのことがばれるパターンはほぼ決まっています。
まず知っておいてもらいたいのが、確定申告をしないと会社にばれる可能性がとても高いということです。確定申告をしていなくても、副業をしている会社が報酬の支払についてz税務署に届け出ます。そのため、所得に関する情報は把握されてしまうのです。そして、申告を迫られるのですが、その後には市区町村にも所得情報は伝わります。ここで、既にばれないための対策を打てなくなっていることもありますし、申告を焦って行うことになるので対策が行えず、ばれてしまうことがあるのです。本業の会社へ副業の住民税の通知が送付されると副業は会社にばれてしまうのです。これが確定申告をしないと会社にばれてしまう理由です。

たとえ確定申告をしても、その後何もしないでいたら会社にバレるというパターンもあります。副業の確定申告は普通徴収を選ぶのですが、普通徴収にならなくて会社にばれてしまうのです。これには理由がいくつかありますが、一番多いのが確定申告書の第二表の普通徴収の「自分で納付」という欄を選択しただけということです。本業の会社に収入金額や住民税額が通知されてしまう可能性があります。

この他では、「ネットビジネスなどの個人事業だと普通徴収にならないパターン」「医療控除や住宅ローン控除が関係するパターン」などは、会社にばれる可能性があります。

確定申告はどうやってすればいいのか?

とは言っても「自分一人で確定申告をする自信がない…」という方もいらっしゃるかと思います。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。具体的にどのような事項に注意すればよいのか、どのような税額控除・所得控除があると副業がばれるリスクが上がるのかということを中心に記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

よくある“副業がばれた”パターンその3「インターネット上の情報の通り“自分で納付”を選択したがばれた」

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。
副業をお持ちの方の多くに共通しているのが「会社に副業を持っていることがばれては困る」ということです。ばれてしまった場合「本業がおろそかになるのでは?」と冷ややかな目で見られたり、「なんで副業するの?」と、いらぬ詮索をされてしまう場合もあるようです。

今回は「副業がばれてしまったよくあるパターン」についてお話します。「インターネットに書かれていた通り確定申告を行ったのに結果ばれてしまった」という方が多くいらっしゃるようです。そうならないためにもこちらをよく読み参考になさってください。

ただ単に“自分で納付”にしただけではツメがあまい

「インターネット上で“自分で納付”に印をつければOKと読んだのでそうしたが、結局ばれてしまった」と言うお話をよく聞きます。確定申告書の普通徴収(自分で納付というところ)に丸をつけただけで安心してはいけません。

自分で“ばれない”確定申告をするには?

とは言っても「時間もないし、インターネットくらいしか頼れるツールがなくて正しいやり方がわからない」という方もいらっしゃるかと思います。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。具体的にどのような事項に注意すればよいのか、普通徴収(自分で納付というところ)に丸をつける以外にも、どういった事に注意を払わなければいけないかが分かっていただけるかと思います。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

よくある“副業がばれた”パターンその1「確定申告をしなかった」

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「副業がばれてしまったよくあるパターン」について、お話します。

副業をお持ちの方の多くに共通しているのが「会社に副業を持っていることがばれては困る」ということです。ばれてしまった場合「本業がおろそかになるのでは?」と冷ややかな目で見られたり、「なんで副業するの?」と、いらぬ詮索をされてしまう場合もあるようです。そうならないためにも、こちらをよく読み参考になさってください。

確定申告をしないと、ばれる確率は高くなる

「確定申告をしなければ、副業はばれないだろう」と考えている方もいらっしゃるようですが、これこそ会社へばれてしまう大きな理由のひとつです。たしかに、確定申告をしなければ、副収入があること自体誰にも分からないだろう、という意見は一見筋が通っているように見えます。しかし、副収入を得ている方で、勤務先としてどこか会社通してお仕事をされている方は、副業の勤務先があなたに支払った金額を、市区町村の税務課に報告していることが多くあるため、確定申告をしなければ本業の会社に、副業収入に対する住民税も通知され、副業がばれてしまうリスクが高いのです。
なお、収入が少ない場合、所得税を払う必要はなくても住民税は払う必要があります。うかつに「収入も少ないし、何もしなくていい」と考えていると、会社にばれる危険性が高まるばかりではなく、法律を無視することになり、後々後悔することになりかねませんので、確定申告は必ず行ってください。

確定申告はどうやってすればいいのか?

とは言っても「自分一人で確定申告をする自信がない…」という方もいらっしゃるかと思います。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。具体的にどのような事項に注意すればよいのか、どのような税額控除・所得控除があると副業がばれるリスクが上がるのかということを中心に記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。