マイナンバー制度

FX会社にマイナンバーを知らせると、副業がばれるのか?

2015年の10月から開始されたマイナンバー制度。副業中の方は、「マイナンバーで副業がばれるのではないか?」と心配されているかと思います。
最近人気が出てきている副業「FX」で口座開設する場合も、マイナンバーの提出が必要になります。
マイナンバーの提出をすることによって、副業がばれてしまうのではないか、という声が聞かれるので、そのことについてお伝えいたします。

なぜ、FX会社にマイナンバーを提出するのか?

そもそも、マイナンバー制度とは年金や雇用、医療保険の手続き、生活保護、児童手当といった福祉の給付や、個人の収入に関する情報(納税状況)など、今まで別々に管理されていた個人情報を一元化させることで行政サービスの効率化を図るための制度です。

FX会社は、支払調書に顧客のマイナンバーを記載することが義務付けられたため、顧客は、口座開設をする際、マイナンバーを提出しなければなりません。

既にFX会社で口座を持っている人は、2018年の12月末までにマイナンバーを提出しなければなりません。

これによって支払先を明確にし、脱税を防ぎたいという、行政の考えもあるようです。

ご自身の住民票のある市区町村から個人番号通知カードが届きます。こちらには、個人番号が記載されており、この番号を

FXで利益が出た場合は、確定申告をする必要がありますが、その各種行政手続きを個人番号カードを取得することでできるようになります。

個人番号カードとは、市区町村に申請すると交付が受けられる顔写真付きのICカードです。

このカードを取得すると、自宅のパソコンから行政手続きを行えたり、コンビニなどで各種証明書を取得したり、本人確認の身分証明書としても活用することができます。

個人情報保護の点から、「FX会社にマイナンバーを教えるのは不安だ」という方もいるでしょう。

各社は、このマイナンバーの取り扱いにあたりかなり慎重に導入準備をしているようです。不安な点がある場合は、口座開設をする会社に問い合わせをしてみると良いでしょう。

マイナンバーをFX会社に教えたからといって、本業の勤務先にFXをやっている旨が通知されるわけではありません。マイナンバーをFX会社に教えることは、副業のばれに直接的にはつながらないでしょう。
マイナンバーでは様々な情報を一元管理することが出来ますが、勝手に情報を閲覧できない仕組みになっています。本業の会社の経理担当などが、マイナンバーからあなたのFX取引情報を知る、というのは考えにくい話なのです。

副業がばれないための対策

「マイナンバーを提出したからといって、副業がばれる」ということは考えにくいのですが、副業でFXをしていることが本業の会社にばれないための対策は必要です。サラリーマンやOLの副業として人気のあるFXですが、多くの方が「副業していることがばれたくない」と思っています。ばれないためには、利益が出た際の確定申告ノウハウを身につけておく必要があります。

当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

正社員はマイナンバー制度で副業がバレるのか?

2015年の10月から導入されたマイナンバー制度は、副業をしている方たちにとって関心の高い話題ですが、どの程度本業に影響を与えるかは、まだ見えにく部分が多いでしょう。

とくに、正社員で副業している方たちは、マイナンバー制度の仕組みを理解していないと、ばれにつながってしまう可能性もあります。

今回は正社員で副業している人が、マイナンバー制度によって副業がばれないための対策についてお伝えします。

マイナンバーは年末調整にも確定申告にも必要

マイナンバー制度とは、一人にひとつの個人番号によって、行政手続きの簡略化を図るという制度です。これにより行政は、その人物が何処から収入を得ているのか、所得がどのくらいあるのかを把握することができ、脱税防止や手続きの簡略化を図ることができるのです。
この個人番号は、行政に提出するあらゆる書類に記載することが義務付けされます。つまり、本業の会社での年末調整・副業の収入を申告する確定申告の書類にもマイナンバーを記載することになるのです。

これによってこれまで別々に提出されていた書類も、紐付けが簡単になり、個人の収入は把握されやすくなるということです。

マイナンバー制度で副業がばれる?

正社員の人が、マイナンバー制度によって副業がばれるリスクが高くなるのは、副業でアルバイトをしている場合です。副業アルバイトで給料をもらっている場合に、この収入にかかる住民税と、本業の収入にかかる住民税を別々に支払うことが出来ない場合があります。正社員の方の多くが、給料から住民税は天引きされているかと思いますが、この住民税が同等の給料の社員と違ってくると「あれ?他に収入があるのかな?もしかして、副業をしているのかな?」という風に、経理の人に気付かれてしまうケースがあるということです。

マイナンバー制度によって個人の収入の把握は、これまでより簡単になります。別々に支払いたいという意向を汲み取ってもらえなくなるのも十分に考えられることなのです。

副業がばれないための対策

そこで、これまでばれずに副業をしてきた方も「副業がばれないための対策」をしっかりと考える必要があります。とくに、正社員の方は、本業にばれて降格されたり、減給されたり、最悪の場合は、解雇される可能性もあります。
就業規則を見て副業を禁止している会社にお勤めの場合、副業はオススメしませんが、すでに副業をされている方はしっかりと対策をとることが必要です。

当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」を記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

2016年に行う確定申告(27年度分)はマイナンバーが必要?

2015年の10月からスタートしたマイナンバー制度。副業がばれたくないと考えている皆さんは、マイナンバー制度について色々とお調べになっているかと思います。
とくに、これまで、何も対策をしなくても副業がばれなかった方は、マイナンバーでばれるリスクがどのように高まるのかを確認していただければと思います。

副業先でマイナンバーを提出することになる

副業でアルバイトや派遣のような仕事をしている方は、勤務先でマイナンバーの提出を求められるようになりますが、提出する際には、本業があることを伝えておきましょう。
マイナンバーは、年末調整などの手続きに使用されますが、年末調整を本業の会社で行なっている場合、副業の勤め先では年末調整を行うことができません。
とくに控除の申請をしている人は申請を二重にしてしまうことが、問題となりますので、注意しましょう。

アルバイトや派遣ではなく、本業以外に何か自分でビジネスを立ち上げている人、外注として企業から仕事を受けている人もマイナンバーの提出を求められることになります。これは、企業側が個人に外注を依頼した際、支払調書にマイナンバーを記載する必要があるからです。「これは、副業だからマイナンバーは提出できません」なんてことを言ってしまうと、外注の仕事がもらえなくなってしまうかもしれませんので、企業や会社から仕事を受けている場合、マイナンバーの提出が必要になることを覚えておきましょう。

確定申告でマイナンバー記載が必要になるのはいつから?

確定申告でマイナンバーの記載が必要になるのは、正確には28年度分の確定申告から、つまり2017年の2月頃に行う確定申告にはマイナンバーの記載が必要になります。2016年2月から3月に行う27年度分の確定申告に関しては、マイナンバーの記載は必要ありません。

マイナンバーで副業はばれるのか?

マイナンバーを記載したからといって100%副業がばれるというわけではありませんが、これまで副業の収入を無申告で通してきた方は、要注意です。マイナンバー制度で、個人の所得はこれまで以上に把握されやすくなるのです。先にも述べたように、職場でのマイナンバー提出が必要になったり、個人で仕事をする際にもマイナンバーが必要になるのですから、照合すれば誰がいくらの所得があるのか把握されやすくなるのも当然です。

副業がばれないための確定申告

副業の収入をしっかりと申告しないといけない、といことがご理解いただけたかと思います。そうは言っても「副業していることを本業の会社にばれたくない。」と思っている方は多いかと思います。当サイトでは「副業がばれないためのEブック」配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

マイナンバー制度は拒否すれば副業はばれないのか?

マイナンバーの通知が始まり、いよいよ来年からマイナンバー制度が施行されます。マイナンバー制度により、副業をしているのがバレるのではないかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。そんな中、マイナンバーを受け取らなければ会社に副業をしているのがバレないという意見があります。そこで、今回はマイナンバーを拒否すれば本当に副業をしているのがバレないのかについて考えてみたいと思います。

受取拒否しても「番号」は消えない

そもそも、マイナンバーとは年金や雇用、医療保険の手続き、生活保護、児童手当といった福祉の給付など今まで別々に管理されていた個人情報を一元化させることで行政サービスの効率化を図るために活用されるものです。

しかし、個人情報の漏えいや悪用などといった理由でマイナンバーの受け取りを拒否している人が多発しています。また、マイナンバー制度により副業をしているのがバレたくないがためにマイナンバーの受け取り拒否をしている人もいます。では、マイナンバーの受け取り拒否をしたらどうなるのでしょうか。

結論から言うと、受け取りを拒否しても、その人のマイナンバーが消えるわけではありません。また、マイナンバーを知らないままだと将来行政サービスを受けられなくなる可能性があります。社会保障や税の手続きの際にマイナンバーの提示が求められるようになります。その時、マイナンバーの記載がないと不利益を被るおそれがあります。

給与関係の納税と国民健康保険、年金などの手続きで従業員は会社にマイナンバーを提出することになります。副業がバレるのを防ぐためにマイナンバーを提出しない人も、おそらく出てくるでしょう。内閣官房の公式ホームページでは「従業員等がマイナンバーの提供を拒んだ場合、どうすればいいですか?」という質問に「社会保障や税の決められた書類にマイナンバーを記載することは、法令で定められた義務であることを周知し、提供を求めてください。それでも提供を受けられないときは、書類の提出先の機関の指示に従ってください。」と記載されています。つまり、現時点でマイナンバーの提出がないからといって特別罰則を受けることはありません。しかし、将来的にはマイナンバーの提出がないと不利益を被るおそれがあるので会社に提示を求められたら提出した方がいいでしょう。

マイナンバー導入と副業がバレる理由

副業をしているのがバレる一番の原因は住民税です。また、マイナンバーの導入により、今まで確定申告をしなかった人たちは申告の命令や指示により、副業をしているのがバレる可能性があります。したがって、マイナンバーの受け取りを拒否したからといって副業がバレないことはありません。

マイナンバーが導入されてもきちんと確定申告を行えば問題ありません。副業をしているのがバレる原因の一つに住民税の通知が考えられます。住民税の徴収方法を特別徴収にしていると会社に副業分の住民税の通知も届いてしまいます。そこで、会社に副業をしているのがバレるおそれがあります。

住民税の徴収方法を普通徴収にしていれば見つかる可能性は少なくなるでしょう。副収入分の住民税は自分で納付する普通徴収であれば会社に副業の住民税の通知が届けられることはないので、会社に副業をしているのがバレるリスクを軽減させることができます。

マイナンバーの導入で個人所得の流れが把握されやすくなりましたが、毎年、確定申告を行っていればそこまで心配することはありません。
そして、確定申告の際には住民税の納付は普通徴収を選択するようにしましょう。
しかし、それだけでは「副業がばれない」と安心する事はできません。
当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。今回紹介した副業がバレないための確定申告について分かりやく記載されおり、確定申告初心者の方にも重宝していただいております。ご興味お持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

マイナンバーで過去の副業もばれてしまうのか?

マイナンバーの導入によって個人の所得の流れが税務署に把握されやすくなりました。過去に無申告をした方は修正申告の命令や追徴課税の通知を受けるかもしれません。マイナンバー導入に伴い、副業を辞める方もいらっしゃいますが、これだけで本当に副業をしていたのがバレないのでしょうか。

そこで今回、マイナンバー導入で過去の副業がバレるのか、副業がバレないためのマイナンバー対策についてご紹介します。

マイナンバー導入で過去の副業がバレる!?

マイナンバーの導入で過去の申告漏れが容易に把握できるようになりました。そのため、過去の何年分もの無申告分が指摘されることが考えられます。今からでも無申告分は申告しておくことをおすすめします。
副業がバレる原因に住民税の変額があります。住民税は通常、会社が給料から天引きする特別徴収の形をとっています。副業をしている方は副収入分については確定申告する必要があります。その際に、住民税の通知が会社に送られます。経理担当の方が住民税の通知を見て、会社で算出した額と異なっている、副業をしているのではないかと勘付いてしまいます。
住民税は前年の所得に対して計算されます。そのため、マイナンバー導入前に副業を辞めたからといって会社にバレないというわけではありません。

ただし、住民税の通知が行ったからといって過去の副業がバレることはありません。社員は原則マイナンバーを提出するようになります。ただ、会社側は目的を超えたマイナンバーの利用することが出来ません。会社側はマイナンバー通知カードに記載されている「個人番号」「氏名」「住所」「生年月日」「性別」以外を知ることができません。現状、マイナンバーから情報を検索できるのは行政機関だけなので、マイナンバーが導入されたからといって会社に過去の副業がバレることはないでしょう。

副業がバレないための対策

副業が会社にバレないために今まで確定申告をしなかった方もいるかもしれません。脱税の罪は重く、税務調査が入った場合に、過去7年前まで遡って調査される可能性があります。そのため、今副業をやめたからといって過去の脱税を帳消しにすることはできません。副業がバレる一番の原因は脱税です。マイナンバー導入で一番被害を被るのはおそらく今まで確定申告をしなかった方達です。無申告のため税務署から通知が届き、家族や身内に副業をしているのがバレる可能性があります。

副業をしているのがバレないためにも確定申告をすることが大切です。ただ、自分一人で確定申告をする自身がないという方も多いと思います。ネットには間違った情報もはびこっているので、自分一人で確実にできるというわけではありません。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がバレないためのノウハウが確定申告初心者方にも分かりやすく記載されています。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業でサラリーマン大家をしている人は要注意。マイナンバー対策が必要か!?

サラリーマン大家が流行して以降、不動産投資に興味を持つ人は年々増加しています。サラリーマン大家とは普段はサラリーマンをしながら1棟のアパートやマンションのオーナーになることです。本業の収入の他に、家賃収入を得ることができます。サラリーマン大家の人気の理由に安定した収入を得ることができるというのが挙げられます。株式投資のように株価が日々値動きするということはないので家賃の滞納リスクがない限り毎月安定した収入を得ることができます。
一方で、マイナンバーの導入が本格的に始まり副業をしていることが本業の会社にバレるのではないかと不安に思う方も多いのではないでしょうか。マイナンバーと不動産は密接に関わっていると言われています。そこで今回、サラリーマン大家をしている方の副業がバレないためのマイナンバー対策についてご紹介します。

マイナンバーの提供機会が増える

サラリーマン大家をしている方はマイナンバーの提出機会が増えると言われています。
例えば、法人相手に不動産を貸している場合、法人は支払調書を税務署に提出します。その際に大家のマイナンバーを記載する必要があります。
また、相手が個人の場合でも必要経費を計上する際にマイナンバーを記載する必要があり、今まで以上に個人の収入が税務署に把握されるようになります。

マイナンバーの導入で副業がバレる!?

では、確定申告をしなければ副業をしているのがバレない…そう思っている方は要注意です。確定申告をしないと申告漏れにより、税務署からの修正申告の命令や追加徴収の通知を受ける場合があります。その際に家族や身内に副業をバレる恐れがあります。マイナンバー導入で申告漏れや脱税はすぐに発覚されるようになるので確定申告はしっかり行うようにしましょう。
副業がバレる原因に住民税の変動があります。本業で給与所得を得ている方は会社があなたの給料から住民税を天引きします。しかし、副業をやっている方が副収入分について確定申告を行うとその分が会社に通知されます。住民税は所得金額によって決まります。そのため、副収入分で所得金額が増えると会社が算出した住民税よりも多い金額が通知されます。そこで、あなたは副業をしているのではないかと疑われてしまうのです。
このようなことを防ぐために住民税の徴収方法を普通徴収に変える必要があります。通常、会社があなたの給料から天引きする特別徴収で行われています。この徴収方法だと副業バレのリスクが高まるので、普通徴収に変えることをおすすめします。

副業がバレないマイナンバー対策

マイナンバーが導入したからといって、会社が副業収入を正確に把握できるわけではありません。まして、あなたが何の副業をしているかを特定することはできません。確定申告を正しく行っていれば副業がバレるリスクはさらに軽減されるでしょう。しかし、どうやって確定申告をすれがよいかよく分からないという方もいると思います。
そこで当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がバレないためのノウハウや税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しています。副業を始める多くの方に重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業でFXをしている人のマイナンバー対策

株式投資・FXを副業として行う方でマイナンバー対策をしている方はいるでしょうか。マイナンバーの導入で「FXをしていたのが会社にバレてまうのではないか。」「自分は確定申告しなくて大丈夫だろうか」と不安に思う方も多いと思います。
副業をしていると会社側から本業をおろそかにしていると思われたり、実は会社の就業規則に反していたということがあります。そうならないためにも副業がバレないための対策をとっておくことが必要です。そこで、今回副業でFXをしている人のマイナンバー対策についてご説明します。

FX口座の種類

副業で人気を集めるFXですが、FXには一般口座、特定口座、NISAと様々な種類の口座があります。源泉ありの特定口座や非課税投資枠があるNISAは20万円超の利益が出なければ確定申告不要です。一般口座、源泉なしの特定口座の場合は確定申告が必要です。
株式投資・FXは損をする方も多いです。しかし、利益が出なかったからといって確定申告をしなくていいわけではありません。株式投資・FXでは損失を最長で3年間繰越控除することができます。今年損失が出たとしても翌年に利益が出れば利益と相殺して課税対象額を減らすことができるのです。たとえ、損失しか出なかった場合でも確定申告をすることをおすすめします。

FXで副業をしているのがバレる

マイナンバーの導入で副業をしているのがすぐにバレるのでしょうか。結論は今まで通りきちんと確定申告をしていれば問題ありません。
将来的には口座開設時にマイナンバーの記入が求められ、既に口座をお持ちの方もマイナンバーを提示するように通知されるでしょう。これにより、株式投資・FXで得た利益や損失が簡単に把握されるようになります。してがって、今まで利益が出ていたにもかかわらず確定申告をしなかった方は追徴課税の通知を受ける可能性があります。
しかし、特に対策をたてず確定申告を行ってはいけません。副業をしているのがバレる主な原因は住民税の通知によるものです。住民税の徴収方法を給料から天引きという特別徴収の形をとっている場合、副業をしているのがバレる可能性があります。本業以外の収入があると会社が計算した住民税額より多く会社に通知されます。そこで、この人は副業をしているのではないかと疑われてしまいます。
副業をしているのが会社にバレないためには住民税の徴収方法を普通徴収に変更しましょう。普通徴収にしておけば副収入分の住民税の通知が会社に届くことはありません。

副業をしているのがバレない確定申告

と言ってもどうやって確定申告をすればいいかよく分からないという方もいると思います。特に今まで確定申告をしたことがない方は間違ったやり方で行ってしまう場合があります。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。確定申告を正しく行うノウハウからおすすめ副業まで幅広い内容が記載されています。確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

キャバクラ嬢やホステスが注意しなければいけないマイナンバー詐欺

色々な議論と問題を含みながら成立し配布が開始されたマイナンバー詐欺ですが、早速「マイナンバーが流失したので登録抹消の為にお金が必要」というおれおれ詐欺の亜種のような詐欺が報告されています。
このような単純な事件以外にも、アメリカでは成りすまし事件なども起きており、今後はもっと複雑な犯罪が起こりうると警告されているので注意が必要です。

マイナンバー詐欺の狙いは副業関係者?

[注意]
今起きている被害ではなく、予測の話も含まれていますので、その点を注意してください。

今後マイナンバー詐欺で一番狙われるであろうと言われているのが、副業関係の人間です。
 特に昼はOLで夜はキャバクラやホステスと言ったダブルワークの場合、会社に副業について知られたくないという人も多くいます。
 その一方で事実とは少々違うのですが「副業にもマイナンバーを申請する」という事から「隠している副業が会社に発覚してしまうのではないか」という危惧が多くあると考えている方が多いようです。
 そこで、税理士などを語って「他の人のマイナンバーで副業をばれないように納税をしてあげる」と高額な経費を求める可能性なども指摘されています。
 また「架空のマイナンバーを買わないか」という詐欺も予想されており、警察などでも注視している状況です。

マイナンバーでのなりすまし

 マイナンバー詐欺というのは、マイナンバーを口実にお金をだまし取るだけではありません。マイナンバーの不正取得を目的に行う場合もあると言われています。
 マイナンバーが導入されて長いアメリカでは、年末の確定申告で「なりすまし」が大量に現れるというがもはや一つの風物詩に近い物になっています。
 これは不正に取得したマイナンバーで他人に成り代わり確定申告を行う事で控除や還付金をだまし取るという物です。
 この他にも他人のマイナンバーを使い、個人情報を取得し、クレジットカードを不正に作成したり、他人名義の買い物などを行った犯罪も報告されています。
 
これはアメリカの話ですが、日本でも同様のことが起こる危険性があります。

このような危険を回避するために、むやみやたらとマイナンバーを他者に教えないようにしましょう。

詐欺の対象にならい為に正しい知識をつけよう

 副業関係者を狙ったマイナンバー詐欺が予想される一番の理由は「マイナンバーで会社に副業がばれてしまう」という危機感が有るためです。

 実際マイナンバーで確定申告を行わない人の確保率は上がると言われていますが、それはあくまで「上がる」という話で、しっかりと確定申告を行っていればマイナンバーがあるからと言って副業が本業の会社に発覚してしまう可能性は非常に低いと考えられます。

税務署も副業で有ろうが、納税さえしていれば会社に副業についてわざわざ伝えるなんてことはしません。

そうは言っても確定申告というのは難しいですし、会社にばれない為にはいろいろな工夫が必要です。そこで当サイトでは会社にばれないように副業を行いたい方の為に「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がばれないための確定申告のノウハウや節税方法などを記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

どうなる?マイナンバー施工前に副業辞めれば大丈夫?

これまでのサラリーマンの副業

月々の収入だけでは足りず、副業せざるをえないサラリーマンの方は、多いのではないでしょうか?
今までは「この程度の収入なら申告しなくても大丈夫」思っていた方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、平成27年10月1日、ついに恐れていたマイナンバーが国民一人一人に割り振られました。
これから、軽いアルバイト程度でも申告しないとならないのか、と副業を持つほとんどのサラリーマンが肩を落としていることでしょう。
行政の手続きの簡略化がどうの、経費が大幅に削減できるがどうの、と言われても実際のところどう影響があるのか分かっていない方も多いでしょう。
気になるのは、申告しなければならないのか?会社にばれるのか?来年の1月までに辞めれば、確定申告は必要なしではないのか、といことではないでしょうか。

マイナンバーが導入されるとどうなるのか?

1)勤務先(副業含め)にマイナンバーを提出しなければならない

マイナンバーが導入されると、社員は勤務先等にマイナンバーを提出することになります。また法人も法人用のマイナンバーが割り振られます。したがって、誰がどこからいくらの収入を得たかがすべて税務署に把握されることになりそうです。今やっている副業の申告をしなければならないのは来年の春です。今辞めたからといって、マイナンバーから逃れられる、ということはありません。法人は決算期を任意に設定でき、3月の決算であれば、4月〜翌年3月が申告の対象期間となります。個人の場合は1月〜12月が対象期間となります。「今すぐ副業をやめれば、マイナンバーの影響を受けない」と明確には言えないのです。

2)副業でアルバイトをしていると確定申告が必要

副業等の収入が20万円を超えると、会社員でも確定申告が必要です。これはマイナンバーの導入されたこととは関係なく、現在の税制上で決まっています。さらにいうと収入が20万以下の場合、税務署への確定申告は不要でも住民税の申告は必要な場合があります。
「なんだ、20万円を超えなきゃいいんだ」そう思いますよね?
でも年間20万円ですよ。月1万8千円稼いでしまえば申告の義務が生じるわけです。世の中これ以上の額を副業で稼いでいる方が、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
副業をしているほとんどの方が、年20万円は軽く超えていると思いますので、確定申告せざるを得ませんね。

3)確定申告をすると、副収入分を含めた住民税額が会社に通知されるので、ばれる

副収入を普通徴収にすれば副業分の住民税は会社に通知されません。(確定申告に普通徴収を希望したからといって安心は出来ませんが…)
例えば、個人で頼まれている家庭教師や、休日に個人的に頼まれている引っ越し作業など、現金をその場で渡されるような副業では、マイナンバーが始まったからといってばれてしまう、ということは考えにくそうです。
普通徴収と特別徴収の違いは一言でいうと、普通徴収は自分で住民税を払い、年4回もしくは一括払いができる、ということ。特別徴収の場合は会社が給料から天引きする形で払う方法です。こちらは給料からですので年12回あります。当然払い過ぎの年もあります。それが年末調整で戻ってきたり、確定申告時に戻ってきたりするわけです。
ですが、ちゃんとした会社を通して副業をしている場合、本業の住民税と合わせて特別徴収となりますので、会社に副業分も含めた住民税の額が報告されます。イコールそれをきっかけに、副業がばれる可能性があるのです。

特別徴収ではなく、普通徴収にすればいい

副業が給与という形で、ある意味きちんとしている会社を通して、副業をしている場合はばれやすいのです。そうでない場合、上にあげたような家庭教師や、OLさんが夜こっそりやっている水商売のアルバイトなどは、日払い、歩合制等、給与ではなく報酬として支払われている場合には、バレる心配は低いといえるでしょう。

副業のマイナンバー対策はどうすれば良いか?

マイナンバー制度が導入されるか、されないにかかわらず、確定申告はしていた方がよいことは確かです。その時「会社にばれてしまうことが怖い」と考えていらっしゃる方は、当サイトで配布している「副業がばれない方法のEブック」を活用いただければと思います。「副業がばれない方法のEブック」は、税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しています。「自分の副業の場合はどういう対策が必要か聞きたい」という方には重宝いただけるものですので、ご興味のある方はこちらをご覧ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業で風俗嬢をしている人はマイナンバーでバレるのか!?

マイナンバーの発表と共に一部で話題になっているのが「夜の街での利用」です。特に副業で風俗嬢や夜の仕事をしている、という事を家族や会社に知られたくないという人にとっては死活問題であるという意見もあります。そこでこの「副業で風俗嬢をしている人はマイナンバーでバレるのか!?」について解説してみたいと思います。

マイナンバーによって大きく変わるのは「行政」の話

まず基本的に「マイナンバー」の活用は「新しいシステム」ではなく「既存のシステムの効率化」を目標にしていると理解する必要があります。
例えば行政は民間人のマイナンバーを知る事で、今まで見逃していた脱税を取り締まりやすくなりますし、民間企業や民間人は納税や社会保障関係の際にマイナンバーを提示する事で便利になるというのがマイナンバーの第一の目標です。
つまり将来的には判りませんが現在の所、マイナンバーが出来たからと言って現行の仕組みが大きく変わるという訳ではないという事です。

副業がばれる理由とマイナンバーの関連性

次に副業がばれる理由を考えてみます。まず一番ばれる原因になるのが脱税です。脱税と言うと仰々しい印象がありますが、具体的には「副業の収入を確定申告しないという事です。法律的には、申告漏れと脱税は異なると言えますが、同じようなものであるというくらいの気持ちを持っていただければと思います。
風俗嬢など給与の手渡しなどで税務署も実態をとらえにくい部分があり、今までは確定申告をしていなくても多かれ少なかれ見過ごされてきました。
これがマイナンバーの登場により見過ごされなくなり税務署からの修正申告の命令や指示の結果、発覚すると言われています。
次に多いのが住民税など納税額の変動です。確定申告を行えば納税額や控除額なども変わりますので、会社に通知が行きます。その際に副業を隠していると、給与に対してなぜか納税額が多いという事で副業が発覚するという結果をたどるわけです。
ただしマイナンバーを使っているとはいえ、会社が他の収入をどのように得ているか確認できるわけではないので、「風俗嬢である」という事のみを隠したいのであれば不可能では有りません。
また副業が発覚しない為の工夫として、確定申告の際に通常とは少々違う方法を取る事で発覚を防げる事が可能と言われています。
他にばれる可能性として高いのが、日常の勤務態度や勤め先の人間や家族に副業をやっている所を見られるという事ですが、これはマイナンバーや納税云々とは別の問題であり、それぞれの工夫と対応で乗り切るしかありません。

確定申告をする際には専門家に相談を

マイナンバーが始まったことで副業の風俗嬢がばれる可能性が高まるという事はありません。しかし、今まで確定申告をしていなかった人物は、申告を求められる可能性が高まります。そこで、税理士や専門書などで勉強をして毎年2月にある確定申告を忘れずに行うようにしましょう。
また、確定申告の際にも、普通の確定申告では副業がばれてしまう可能性があります。そこで当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がばれないための確定申告のノウハウや節税方法などを記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に大変喜ばれています。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。