間違った副業知識

サラリーマンやOLは副業を禁止されているのか?

サラリーマンやOLなどの勤め人の中には副業は禁止と会社に言われている方もいると思います。
法律的な部分は後ほどお話しますが、就業規則においては禁止されていることも多く、それを犯した場合、最悪、解雇を申し立てられることもありますので、副業をする際は慎重さが必要です。

副業を禁止する法律はない

まず、原則として「会社は本業に関わる事以外は従業員に命令できない。だから副業禁止の就業規則を根拠に解雇されることはない。」
というのが現在の判例から見る副業の扱いです。
実際、過去には「副業禁止の就業規則を根拠に解雇にするのは、無効である」という判例も出ています。

本業に問題が出てくるのであれば解雇理由になる

しかし、その副業が本業に関わって来るのであれば副業禁止の規則も有効になる、という判例も出ています。
例えば法律で副業が禁止されている公務員でも、一部の不動産投資や株の運用、また実家の家業手伝いや農地の経営、本の出版などであれば本業に関わりなく影響も出にくいのですし、明確な事情もあるので、申請の上、副業として認められるという決まりがあります。

しかし、職場の勤務時間中に株式投資などの副業を行っていた、となれば懲戒免職となります。
これと同じように勤務中に副業を行ったり、会社のノウハウや会社が所有している情報や設備などを流用するなど、本業に関わる問題があるのであれば解雇は有効になります。
また勤務後の副業でも深夜を回るような長時間の就業であれば「本業に影響が出る」と考えられるので解雇は有効であるという判例もあります。

法律的に禁止されていなくても影響がでるかもしれない

このような事情が有るので、最近では本業に差し障りの無い範囲であれば、黙認という企業や、許可制で副業を認める会社も有ります。
サラリーマンやOLで副業を始めたい方は、自分の勤務先で副業が認められるかどうか、始める前にしっかりと確認しておく必要があります。
副業が認められている場合でも、自分の評価に関わる可能性は高いです。

例えば、社員が風俗業と兼業しているとなれば、社員個人の評価以外にも会社の風評にも関わるので、基本的によい印象は持たれません。社員が兼業しているのは給料が安いからだ、と第三者に思われてしまうのもマイナスイメージとなるでしょう。
他にも上司などから「本業に本腰を入れていない」や「今は出ていなくても将来的に本業に影響が出るのではないか」と思われる可能性がありますし、「兼業をするという事はトラブルに巻き込まれて金に困っているのではないか」と考える人も多いようです。

このように、法律とはまた別の影響がでる可能性があるので、禁止されていなくても、「副業していることはばれたくない」と考える人は多くいます。
そこで当サイトでは、会社にばれないように副業を行いたい方の為に「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、副業中の方やこれから副業を始めようとしている方に、重宝していただいております。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

年末調整と確定申告の違いとは?

今年も終わりに近づき、年末調整のために「給与所得者の扶養控除等申告書」や「給与所得者の保険料控除申告書」を準備されている方もいるのではないでしょうか。
年末調整や確定申告という言葉はよく聞きますが、それぞれの違いを正しく理解しているでしょうか。特に本業とは別に副業をしている方は、「年末調整」と「確定申告」それぞれ準備しなければいけません。そこで今回は「年末調整」と「確定申告」の違いについて説明し、副業がバレないための方法を簡単にご紹介します。

年末調整とは?

年末調整とは、給与所得を受けている方が、毎月の給料から天引きされている所得税の金額を年末に清算する手続きのことです。年末になると所得税額が確定するので、所得税を払い過ぎていたら還付金として戻ってきます。ただし、所得税が不足していたら追加で払うこともあります。年末調整ではさらに扶養控除や保険料控除といった所得税の控除を受けることが出来ます。

副業をしている方も、年末調整を受けることになります。ただ、本業先と副業先で年末調整を行うと市町村を混乱させることになり、会社に所得税等の修正を求める場合があります。結果として、副業をしているのがバレる可能性が高くなるので、年末調整は本業先で行うようにしましょう。副業先には「副業である」という事を伝え、年末調整を行わないようにしましょう。

確定申告とは?

確定申告は1年間の所得を計算し税金を申告することです。所得税の確定申告は納付の場合、2月16日から3月15日の間に行います。確定申告を忘れると税務署から申告するように命令が届き、無申告加算税や延滞税がかかってしまいます。したがって、申告漏れに気づいた方は早急に確定申告をするようにしましょう。

本業以外で収入がある方はもちろんですが、本業のみの収入しかないサラリーマンの方も確定申告をすることがあります。「医療費控除」や「住宅借入金等特別控除(初年度のみ)」は、年末調整では控除してくれないので自ら確定申告しなければいけません。

次に、年末調整をしていない方も確定申告をする必要があります。年末調整は年末に勤務している人しか受けることができません。年度の途中で辞めた方は、自ら確定申告することになります。

他に年末調整に間違いがある方も、確定申告をする必要があります。扶養控除がされていない等、計算ミスがあるといった時に自ら確定申告することになります。

副業をしている方は、副収入分について確定申告する必要があります。副業をしているのがバレないためにするには、住民税の徴収方法を普通徴収に変える必要があります。特別徴収のままだと、副収入分についても会社に通知が届いてしまうので、バレる可能性が高くなります。

年末調整・確定申告正しく行うには

「年末調整」や「確定申告」は分からないことが多いと思う方もいると思います。確定申告や控除申請書など、記載すべきことが多く間違って記入してしまうことも多々あります。そこで、当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業をしているのがバレない確定申告法」を記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業でアルバイトをすると本業の会社にばれやすい!

日々増加していく副業に関する相談の中、「副業でアルバイトをしているが会社にばれない方法はないか?」という相談が多くあります。単刀直入に申し上げると、「アルバイトの副業」はばれる危険性が高いので、「会社にばれると困る」とお考えの方にはおすすめしておりません。今回は「なぜアルバイトの副業はばれやすいのか?」についてご紹介していきます。

給与所得の副業は、会社にばれる危険性が大きい

副業の種類により所得の種類も変わってきます。所得と言っても「雑所得」や「事業所得」など様々ですが、アルバイトの所得は給与所得となります。つまり企業から給与をもらっているという状態です。サラリーマンやOLをしている方は本業での収入も給与所得にあたるため、市区町村は本業と副業の給与所得を合算した上で住民税を計算します。そしてその住民税は特別徴収義務者となっている本業の会社に通知されるため、副業をしていることがばれやすくなってしまいます。アルバイトでの副業をしている以上、これを回避する方法は残念ながらありません。あるとすれば市区町村に直談判し、本業と副業の住民税納付を別にしてもらうことくらいです。しかしこれも市区町村により対応が異なりますので、そうしてもらえると一概にいうことはできません。
これらの理由からアルバイト副業をするのは「ばれる危険性」が高いといえます。さらに日雇いなどの給与手渡しのアルバイトであっても、給与を支払った会社が経費として税務署に申告すれば、そこからばれてしまう可能性もあります。副業をするのなら「雑所得」や「事業所得」にあたる副業がおすすめです。

おすすめの副業の種類

副業がばれないための確定申告

「確定申告をしなくても大丈夫」と思われる方もいるでしょうが、実際は確定申告をしないことにより副業がばれる危険性を大きくしています。しかし「会社にばれずに確定申告を行うには?」という疑問もあるでしょう。当サイトではプロの税理士による「副業がばれない方法のEブック」を配布しており、副業がばれないための確定申告のノウハウについてもご紹介しています。これから副業を始める方にもすでに副業をしている方にも是非、ご活用いただければと思います。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

『副業がばれないためのEブック』

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

サラリーマンに人気に副業「ドロップシッピング」とは

日々増加していく副業ですが、最近は「ドロップシッピング」という副業を行う人が増えているようです。あまり聞きなれない言葉ですが、今回はこの新しい形の自宅で出来る副業「ドロップシッピング」をご紹介していきます。

在庫を持たずに簡単開業、「ドロップシッピング」

ドロップシッピングとは、簡単に説明すると商品を手元に抱えていなくてもその商品を売ることができるシステムを言います。

自身のブログやサイトに商品を掲載し、商品の注文が入った時点で卸し業者から直接注文者に発送されるシステムです。ここまでではアフィリエイトと同じように感じますが、ドロップシッピングの特徴は商品に自分の好きな額を上乗せすることができるということです。つまり現価が10,000円のものに500円上乗せして10,500円で販売するとします。

商品が購入されると上乗せした分の500円が利益になるということです。

実際は手数料等が引かれますので純利益は500円より下がりますが、在庫を抱えなくてもいいというのはかなりのメリットでしょう。自宅で出来る副業としてサラリーマンの間で人気上昇中の副業となっています。

ドロップシッピングのデメリット

リスクが少なく儲けられることから、メリットの高い副業と思われる「ドロップシッピング」ですが、良いこと尽くしのように感じますが、デメリットもあります。ドロップシッピングでは問い合わせに対応するのが大変とうことです。皆さんが何か物を購入しその物に対しての問い合わせをするとき、メーカーではなく購入店に問い合わせると思います。

それと同じように購入者はメーカーではなく販売者へ問い合わせをするのです。しかしドロップシッピングでは在庫をかかえないので商品が手元にありません。商品に関する詳細な質問があった場合には返答に時間がかかってしまいます。そのためドロップシッピングを利用する場合はあらかじめ商品を自分用に購入しておくか、商品についての知識を深める必要があるでしょう。

しかしながら、パソコンとインターネットの環境さえあれば始めることができるので、在宅ワークや自宅で副業をしたいと考えている方にとってはメリットも大きい副業ではないでしょうか。

利益が増えると確定申告が必要

副業で収入が出たら申告をしないといけません。ドロップシッピングを副業としている人の中には会社に副業がバレないために安易な考えで確定申告を行わない人がいます。しかし実際はバレの危険性を高めているのです。当サイトではプロの税理士が運営している「副業がばれないためのEブック」を配布しており、ここでは副業がバレない確定申告のやり方についても解説されています。「すでに副業をしている」「これから副業を始めたい」という方にはご活用いただければと思います。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

「副業がばれないためのEブック」について:https://century-partners.biz/

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

「日雇いバイトの副業はバレない」はウソ!?その実態をご紹介

日々増加していく副業に関する相談の中、「副業として日雇いのバイトをしていますが、報酬が手渡しだから会社にバレないですよね?」と相談に来られる方がいらっしゃいます。ネットではよくこの手の情報が出回っていますが、これは大きな間違いなので注意してください。「日雇いバイト」が「会社にばれないバイト」だと誤解されている方が多くいらっしゃるようです。バレてしまってからではあとの祭りなので、今回ご紹介する日雇いバイトの副業に関する実態を参考にしていただければと思います。

副業のアルバイトはなぜバレる!?

「週末に1日だけ副業として日雇いのバイトをしているが、報酬も手渡しなのでこれなら会社にバレない!」と思っている人も多いでしょうが、もしあなたが稼いだ日給が派遣会社の経費として落とされればその会計帳簿からあなたが収入を得ているとういことがバレてしまいます。これは本業があり副業をしている人にとってはかなり好ましくない結果が待っているでしょう。法律で副業をすることは禁止されていませんが、会社の就業規則で副業を禁止している会社は多く存在します。そのため最悪の場合「解雇」なんてことも考えられます。

※副業を開始される際は、必ず就業規則をご確認ください。

さらに2015年のマイナンバーが導入されることにより個人の収入はさらバレるリスクが高まるので、今後さらなる注意が必要です。数年分の未申告を税務署に突きつけられてからでは遅いので、たとえ副業であっても確定申告をすることはとても大切なことなのです。

会社にばれにくい副業とは?

「副業でアルバイトをすると会社にばれるなら、何をすればいいんだろう」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。ばれにくい副業としておすすめなのは、「給与所得」をうける副業ではなく「雑所得」や「事業所得」として稼げる副業です。「給与所得」をうける副業とは、つまりアルバイトのことです。本業で働いている会社と副業としてアルバイトで働いている2つの会社から給与所得を受けていると制度上、どうしても本業の会社にばれやすくなるのです。

ばれにくい副業をするために

「副業でバイトをするとバレてしまうなら、副業をするのは無理…」と思ってしまった方も多いでしょう。当サイトではプロの税理士による「副業がばれないためのEブック」を配布しており、会社にバレにくい副業について紹介しています。会社にバレずに副業をしたいという人には是非おすすめです。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

「副業がばれないためのEブック」について:https://century-partners.biz/

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

ネットで稼ぐ副業はマイナンバー導入後もばれないのか?

日々増加していく副業に関する相談の中、2015年10月から導入されるマイナンバー制度において「ネットで副業していればマイナンー開始後もバレないよね!?」とご相談される方が多くいらっしゃいます。しかし実際は、マイナンバー導入後はこれまで以上にばれないための注意が必要です。そこで今回はマイナンバーの実態についてご紹介します

「ネットで稼ぐ副業はばれない」は、間違い

まずネットで稼ぐ副業ならバレないのではなく、確定申告の方法により副業がバレるリスクを軽減できるということを念頭に置いてください。ネットで稼いだからといって確定申告をしないと、税務署から会社に副収入に関する住民税の通知が届く可能性があり、その時点で会社に副業をしていることがバレてしまいます。こうなる前にしっかりと確定申告を行い普通徴収という形で納税する必要があるのです。

最近では在宅ワーカーとしてネットで副業をしている人が増加していますが、ネットで稼いでいれば会社にバレないと勘違いをしている方も多く、確定申告をしないことで後悔する結果になった方のお話も聞いております。

マイナンバーが導入された後、副業で気をつけること

2015年10月からマイナンバー導入が予定されていますが、マイナンバーが導入されると副業している人はどんなことに気をつけるべきなのでしょうか。マイナンバー導入の目的のひとつは、「行政手続き・事務処理を簡単にすること」です。

ひとりにひとつのマイナンバーで管理することにより誰がどのように収入を得ているかはこれまで以上に把握されやすくなります。これまで副業で得た収入を申告しないでいた方が、本業の会社にばれやすくなるばかりでなく税務署から連絡がきてしまうかもしれませんので、必ず申告は行うようにしてください。ネットで稼ぐ副業をしている方も例外ではなく、申告をしなければなりません。

会社にバレない申告をするためには!?

とはいえ「具体的な確定申告の仕方が分からない」「確定申告の仕方は分かるけど、どうすえれば会社にバレないか分からない」という方も多いでしょう。当サイトではプロの税理士が配布する「副業がばれないためのEブック」にて、副業をしている人の確定申告ノウハウなども解説しています。「ネットで稼ぐ副業をしているけど、ばれないか不安」という人には是非おすすめです。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

「副業がばれないためのEブック」について:https://century-partners.biz/

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

“ネットにはびこる副業知識のうそ” マイナンバーが始まって副業がバレる

マイナンバー制度が平成28年1月1日より始まります。これまで会社にばれないように副業をやってきたサラリーマンやOLの皆さんもマイナンバー制度の施行後は会社へばれてしまう可能性は十分ありえます。しかし、適切な方法で副収入の確定申告をすれば本業の会社にはバレないと考えております。

ネットでは、「必ずバレる」といった事も書かれていますが、まずは、マイナンバー制度をしっかりと理解し、対策をとることが必要です。以下をお読みになって、じっくりと考えてみていただければと思います。

マイナンバー制度が施行されると副業がばれるのか?

マイナンバー制度が施行される事によって企業は社員1人1人のマイナンバーを管理する事が求められます。そして、それぞれの企業が年末調整手続きを行う際、このマイナンバーについても税務署や市区町村へ年間給与データと共に送信されます。

従来と大きく変わる点は、煩雑だった税務署や市区町村の事務手続きがマイナンバーの一致により簡易且つ確実になるといった点です。マイナンバー制度の施行後は副業で得た収入が税務署や市区町村へ確実に把握されてしまうため、副業がばれてしまう、ということをネット上では多く書かれています。大事なのは、行政はあなたの年間収入を把握することになりますが、本業の会社に必ずしも副業の収入がわかるわけではない、ということです。一般的に会社では、住民税を給与から天引きしていますが、多くの場合この住民税から副業がバレてしまいます。住民税は、所得が反映されるため他の社員と同等の給与なのに住民税を多く払っている社員がいるとすれば「おかしいな…」と、なるわけです。
もちろん、副業で得た収入に対する住民税も収める必要がありますので、副収入の確定申告は行ってください。この申告の際に、ちょっとした技をつかうことで会社に副業がバレにくくすることが出来るのです。

マイナンバー制度が施行された後でも副業がばれない対策方法とは?

昨今、日本年金機構へのサイバー攻撃によって個人情報である年金記録が漏洩し大きなニュースとなりました。これに伴い、各企業においても社員のマイナンバー管理と漏洩防止のためにセミナー参加するなどの対策を行っています。

企業と同様にマイナンバー制度の施行後も副業がばれないためには「対策」が必要です。
当サイトでは副業がばれないための対策方法として「副業がばれない方法のEブック」を配布しております。税理士監修の下、副業がばれない方法を具体的に記載しており、たくさんの方々にご好評をいただいております。

副業が会社にばれたくないとお考えの方には一度、「副業がばれない方法のEブック」をご覧いただくことをおすすめします。

時間に余裕を持った早期対策で気持ちにも余裕を持ってバレない対策をしてくださいね。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

ネットにはびこる副業知識のうそ 確定申告をしなければ、その分だけ税金を納めなくて良いのでその分だけ儲かる

インターネット上では副業をして稼いだ収入について「確定申告をしなくても良い」などといった嘘の情報が出回っております。これを信じてしまったあなたは結果として多くの税金を納めなければならなくなってしまいます。場合によっては数年後、忘れた頃に税務署から通知が届く事もあるでしょう。

何故、このような事になるのか。これには所得税の計算方法や確定申告のルールが厳格に定められているからなのです。この記事ではその一部分をご紹介していきます。

副業で稼いだ収入の取り扱い

本業としてA社から給料を貰い、副業としてB社から報酬を貰ったと仮定した場合、2箇所以上から収入があるため、確定申告をしなければなりません。
確定申告を行わずそのままにしていた場合、正しい所得税が納められていない事に繋がり、税務署から修正申告する旨の通知が届きます。この通知は副業をした数年後に届く場合もあり、本来納めなければならなかった税金に加えて遅延利息にあたる延滞税も納めなければなりません。従って、確定申告をしなかった場合はかえって多くの税金を納めなければならない事になってしまうのです。

確定申告には「技」が必要

副業をしていて最も懸念するのは、やはり「職場にばれないか」という事でしょう。
所得税の申告期限である2月16日から3月15日までの間に確定申告書を作成して税務署へ提出すれば良いのですが、実はそうは簡単にいかないのです。

A社とB社から発行された源泉徴収票を持って確定申告書作成コーナーへ持って行ったとしても副業がばれない確定申告書を作成する事はできません。副業がばれない確定申告書を作成するためには「技」が必要なのです。

当サイトの「副業がばれない方法のEブック」には副業がばれないための「技」が凝縮しております。このブックは税の専門家である税理士が監修しているため記載内容に定評があり、多くの皆様方から重宝いただいております。

ご自身で本業と副業の収入について確定申告をするとお考えの方は、申告前にこの「技」を習得する事をおすすめ致します。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

ネットにはびこる副業知識のうそ その3「確定申告期限を過ぎれば、やっても意味ないからやらなくてOK」

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「ネットにはびこる副業知識のうそ」について、お話します。

サラリーマンで副業されている方やOLで副業をされている方は、会社にばれないようにいろいろと気を遣って、普段から情報収集されているかと思います。ネットでも副業についての知識を見つけることができますが、正しくない知識もかなりあるのが現状です。例えば「確定申告期限を過ぎれば、やっても意味ないからやらなくてOK」などというものがありますが、これは決して正しい知識ではありません。正しい知識をお知りになりたいのでしたら、こちらをよく読み参考になさってください。

確定申告期限を多少過ぎても大丈夫なのか?

「確定申告期限を過ぎれば、やっても意味ないからやらなくてOK」という情報をよく見かけますが、これを真に受けて確定申告をしない人がかなりいます。これは間違っていて、「期限を過ぎてしまっても確定申告はしなくてはなりません(期限後申告と言います)」というのが正確な知識です。ただし、期限を過ぎるとペナルティが発生するケースもありますし、遅れれば遅れるほど延滞税などの金額も膨らみますので、期限後であってもできる限り早めに申告をするようにしてください。
また、20万円以下なら申告は一切不要であると考えている方もいます。ただし、これは所得税に限ったことで、住民税については必ず申告をしなくてはなりません。確定申告の期限を経過した後でも、原則どおり申告する必要があります。なおペナルティの有無だけで、確定申告するかどうか判断するのは決して正しいことではありません。
ここで知っておいてもらいたいのは、住民税を申告していないから副業がばれないということではないということです。反対に、住民税の申告をしっかりしておいた方が、副業がばれることも少ないと考えています。サラリーマンで副業されている方やOLで副業をされている方はこのことをしっかりと頭に入れておいてください。

確定申告はどうやってすればいいのか?

とは言っても「自分一人で確定申告をする自信がない…」という方もいらっしゃるかと思います。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。具体的にどのような事項に注意すればよいのか、どのような税額控除・所得控除があると副業がばれるリスクが上がるのかということを中心に記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

ネットにはびこる「ばれない副業知識のウソ」 その2「報酬が手渡しなら、会社にも税務署にもばれない」

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回はインターネット上で伝えられている「副業収入に関しての間違った知識」についてお話します。

副業をお持ちの方の多くに共通しているのが「会社に副業を持っていることがばれては困る」ということです。ばれてしまった場合「本業がおろそかになるのでは?」と冷ややかな目で見られたり、「なんで副業するの?」と、いらぬ詮索をされてしまう場合もあるようです。そうならないためにも、こちらをよく読み参考になさってください。

報酬が手渡しかどうかは、ばれるばれないには関係ない

最近よく受ける質問で「日払い手渡しで報酬をもらっているから、これって誰にもばれないですよね?」というものです。しかし残念ながら、そう単純なものではありません。副業先が報酬を経費に落とせば、その会計帳簿から、手渡しであなたがもらった報酬の存在はばれてしまうものなのです。また、在宅(自宅)で副業を少しするだけなら大丈夫だとか、そういうこともありません。手渡しで受け取る人も、自宅副業でお小遣い程度の稼ぎの人も、収入がある以上確定申告はきちんと行ってください。確定申告をきちんと行うことが、結果、本業の会社へ副業がばれるのを防ぐ対策にもなるのです。

報酬が「手渡し」「振込」にかかわらず、収入がある場合には、確定申告を行うことは、社会人としての義務です。これは税務署からの指摘が入った方しかわからないものですが、納税義務を無視することは、大変危険な行為であり、後々後悔をすることになる可能性が高いのです。今後マイナンバー制度の導入により副業の所得もより容易に税務署等が把握できるようになるはずですが、その際に過去の何年分もの無申告も指摘されることは大いに考えられます。収入があれば、必ず申告するということを強くおすすめします。

確定申告はどうやってすればいいのか?

とは言っても「自分一人で確定申告を確実にやる自信がない…」という方もいらっしゃるかと思います。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。具体的にどのような事項に注意すればよいのかわかりやすく記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。