節税

副業でも還付金は受け取れるのか?

サラリーマンの方でも副業がある方は年末調整だけではなく、確定申告も必要になります。
ですから100%とは言えませんが、副業の経費を計上したり、控除の内容次第では節税が出来たり、還付金がもらえる場合があります。

そもそもなぜ還付金が受けられるのか

サラリーマンの方がなぜ年末調整で還付金を受けられるのかというと、「源泉徴収された金額は実際に収めるべき税金より一般的に多い」からです。
源泉徴収の金額というのは一年の総所得を12カ月で割った概算で出すのが普通です。しかし、これはあくまで概算の額であり、控除などの年末調整を踏まえて出す実際の納税額より高い金額になることが多いのです。
そこでその徴収しすぎたお金を還付金として返すという仕組みです。

年末調整と確定申告

年末調整というのは、会社が代理で従業員の確定申告を行ってくれる制度といっても良いでしょう。副業中のサラリーマンなどは、本業の会社では年末調整をして、副収入については確定申告を行うのが一般的です。

企業から仕事を請け負う「ダブルワークで行うバイトや派遣」、他にも「業務委託」などは、源泉徴収を受けていることがあるのできちんと確定申告をすれば、還付金を受けられる可能性もあります。

ただし、副業を行っている方の場合、本業と合わせて稼いだ金額が大きい可能性もあるので、確実に還付を受けられるとは限りません。

確定申告の場合は経費の申告が出来る。ただし過度な申告はNG

副業の確定申告では「経費」の申告が出来ます。

「所得」というのは「収入-経費」で計算されます。サラリーマンの場合はその収入と給与所得控除の情報を各自で確定申告をするのではなく、年末調整の情報を加えて会社が代理で行います。 
副業中の方は経費を自分で計算して確定申告する必要が有りますが、これをうまく使えば節税、場合によっては他の控除と合わせて還付金を受けることが出来ます。
 
ただし、注意点として、根拠がない過度な経費の申告はしてはいけません。
一例として、かつて「存在しない副業をでっち上げて過剰な経費を申告する」という方法で脱税を指南して逮捕された人がいます。

これは実態のない副業なので収入は0円であり経費が多いので赤字の副業という形になります。その結果、個人の所得が通常より少額になり所得税が減る。そして節税になるという理屈だったのですが、これは完全な違法行為です。
このように制度を悪用する人は逮捕される可能性がありますし、悪意が無くても修正申告という事で本来より多くの税を支払う必要が出てきます。

賢く節税するための確定申告

そこで、当サイトでは自分で確定申告を行う方の為に「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に大変喜ばれています。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業中のサラリーマンが年末調整で申告すべき項目とは?

基本的にサラリーマンは副業で収入を得ていない限り確定申告を行う必要はない、というのが一般的です。
しかし、年末調整では対応できない範囲の控除がある場合、確定申告を行う必要があります。

年末調整で申告する必要が有る項目について

基本的に年末調整で申告するのは、ほぼすべての控除です。例えば「扶養者控除」は年末調整で申告すべき代表的な控除です。
考え方としては、年末調整の申請項目を考えるというよりも「確定申告を行う必要が有る控除でない限りすべて年末調整の対象になる」と考えた方がよいでしょう。

「確定申告をする必要がある控除」とは

それでは具体的にどのような項目があれば、サラリーマンでも確定申告を必要とするのか、と言うと会社の年末調整では対応出来ない場合については確定申告をする必要があります。
例えば、個人で支払った医療費が10万円以上になると「医療控除」を受ける事が出来ます。これは年末調整の対象ではないので、自分で治療費の証明などを集め、確定申告や還付金の申請を行う必要があります。

確定申告を行う必要が有る控除について

他に上げられる控除は雑費や寄付金の控除です。
まず「雑費控除」についてですが、これは火事や盗難、自然災害などで家財や家などに被害が有った場合に受けられる控除です。
この控除はかなり幅が広い上に複雑で、少々難しいのですが、損害額が大きいということで控除の中では唯一翌年に繰り越せるシステムが取られています。

「寄付金控除」というのは、その名前の通り特定の団体に対して寄附を行うと、その分控除を受けられるシステムです。
最近増えてきている「ふるさと納税」はこれに当てはまるので、ふるさと納税を行った方は、確定申告を行い、控除を得る事が出来ます。

この二つと先にあげた医療控除以外の控除はすべて年末調整で対応が可能です。逆に言えばこの三つの控除を受ける必要がある方は確定申告を行う必要が有ります。

その他に確定申告を必要とする控除や還付金

この三つは控除を受けるために確定申告をする必要が有りますが、このほかにも住宅ローンなどで還付金を国からもらいたい人などは確定申告を行う必要が有ります。
また、最近注目を集めているのが「特定支出控除」と呼ばれる控除で、これはあらかじめ決められた用途と条件の中で、一定額を確定申告の際にサラリーマンの経費として認める控除です。

サラリーマンの確定申告方法

このように副業をなされる方以外でも、確定申告を行うことで、控除を受けることが出来る場合があります。当サイトでは確定申告を行う方や会社にばれないように副業を行いたい方の為に「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がばれないための確定申告のノウハウや節税方法などを記載しており、副収入で確定申告を行う方以外でも確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

キャバクラの同伴費用は経費?交際費と経費をしっかりと見極めよう

副業であれ本業であれ、キャバクラとアフターや同伴というのは切っても切り離せない関係に有ります。
アフターや同伴と言えば、お客様との食事などですがこの食事にかかる費用はある程度の基準があるとはいえ、経費として計上できる可能性があります。

キャバクラ関係者の多くは個人事業主

そもそもの話ですが「経費」を自分で確定申告するのは自営業者です。
一口にキャバクラで勤めていると言っても雇用形態は様々ですが、多くの場合は個人事業主として会社から仕事を請け負っているという形になります。これは従業員一人の会社を作っているようなことだと考えてください。

そこでサラリーマンやOLの場合、会社が変わりにやってくれる申告を、副業の方でも行う必要があるのです。

「交際費」は経費なのか?

自営業として確定申告を行う方であれば、確定申告の際に経費を提出する必要があります。
基本的には「収入-経費-控除」の計算で残った金額から税金が計算されるので、経費が多ければ多いほど節税になると考えて貰って結構です。

この経費や税金を定める法律の中に、「接待交際費」という枠があり一部の同伴費用はここに入れて申請することが可能なのです。

「交際費」は一部課税対象

「接待交際費」というのは細かな規定があるのですが、要は「お得意様や関係業者との接待や交際などに使うお金」ということです。
この交際費は、友人との食事代などは含まれず、あくまでも仕事に関わる飲食代だけが対象となりますのでご注意下さい。

「5000円以下の食事であれば課税の対象にならない」は法人税の話とお考え下さい

交際費は色々な規定が定められており、一概には言えないのですが、同伴費用というのも交際費の中に入るので、課税の対象になる可能性があるのです。

ただ、その一方で、控除規定や交際費ではなく経費に入れるという規定などもあるので、うまく使えばこれも節税になるとも聞いたことがあるかもしれません。

その中で、よく聞くのが、代表的なのが「飲食店での接待として一人5000円以下の食事」というものです。

この範囲内であれば交際費となり、これを超えると会議費になるというものですね。そして、交際費の場合は、経費として認められない部分が一分あると皆さんは聞いたことがあるかもしれません。

しかし、実はこれは個人の場合は気にしなくても大丈夫です。あくまでも法人税の話ですので。個人の場合は全額が必要経費に参入できるわけです。

細かな規定がある

「交際費」と「会議費」の違いというのは、一般企業でも扱いに困る部分で時折税務署が修正申告をするように要求することがあります。もしも法人を経営していて、交際費と会議費の相違がいまいちわからないという場合は、税理士に相談してみましょう。

副業の経費をしっかりと確定申告しよう

「自分で確定申告をするのは、不安…」という方も多いかと思います。
当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業中の方の為に確定申告のノウハウや節税方法などを記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

自分で確定申告を行ってみようという方で、興味があるのであればぜひ一度拝見していただけると幸いです。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業中のサラリーマンは年末調整で経費を申告できるのか?

年末調整というのは基本的には「会社が行ってくれる確定申告」です。そもそも一社のみでお金を稼いでいる方であれば、収入は会社が知っていますし仕事上の経費などは大抵会社が持ちます。

不動産控除や副業など特別な事情が無ければ会社が申告の代理を出来るのです。では、サラリーマンは「確定申告による経費の申告」は出来るのでしょうか?

サラリーマンが確定申告を行うとき

そもそもサラリーマンで1つの会社から給与をもらっている場合は、確定申告は行いませんが、特定の理由を満たす人は確定申告を行う必要が有ります。

例えば2000万円以上の給料を得ている方や、ダブルワークなどで20万超の収入がある方などが税務署へ「確定申告を行う義務」があります。

その他に、10万円以上の医療費を支払って医療控除を受けるという人やふるさと納税での控除、住宅ローンの還付など「確定申告を行った方が良い」人というのがいます。

サラリーマンの経費というのも後者のもので「特別支出控除」という枠が存在するのです。

「特別支出控除」とは

 「特別支出控除」というのは「給与所得」のある人が「特定の支出」をし、「会社が証明をした」場合に限って控除する事が可能というものです。
 
 これは概ね6つの項目があるのですが、例として、通勤費や転勤のための転居費、資格を取得するための費用や作業用の服、接待の際に使ったお金などです。
 これらの出費を会社が証明してくれるのであれば、確定申告で申請する事で所得額から差し引くことが出来るのです。

副業をうまく使うという方法もある

 また特別支出を使うのではなく「副業の経費」として確定申告を行う方法もあります。 経費というのは曖昧な所はあるのですが、税務署に認められるのであれば家賃や光熱費、研究用の書籍代やパソコンの購入費など様々な物が経費として認められるのです。
 例えば作業服などは、本業でも副業でも利用している場合、会社に作業服の購入費用を請求できない場合は。副業の経費として一部を計上できる可能性があります。他にも、副業で必要なものを購入した場合、申請できるものはいくつかあります。
しかし、だからといってむやみやたらと経費扱いするのはもちろんいけません。「あくまでも実際に副業の業務にかかった支出が経費になるのであり、副業の業務と直接の関係性のないものを経費としてはならない」ということは念頭に置いてください。

過去には「実態のない副業の経費を過剰に申請して、副業の事業を赤字にする」という方法でサラリーマンの脱税を指南していたコンサルタントが逮捕されたこともあります。

 適切な申告をしっかりと行うことは大前提ですが、認められる範囲で少しでも得をするために工夫をしましょう。

副業がばれないように確定申告をする

しかし、「こんな風に確定申告で経費を申告して、副業がばれてしまうことはないのだろうか?」と不安になる方もいらっしゃるかと思います。
当サイトでは、副収入を自分で確定申告する為に「副業がばれないためのEブック」を配布しています。副業がばれないための確定申告のノウハウや節税方法などを記載しており、副収入の確定申告をご自身で行う方に、重宝していただいております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業で風俗嬢をしている方の節税対策

気軽な気持ちで始めた風俗の悩み

欲しい物がたくさんあった私。気軽な気持ちで風俗嬢を始めました。
週3日で働き始めたんだけど、すごいお給料。
若い時の特権!と、ここ1年間ぐらい続けています。
でも知らなかったんです。私たちほとんどが、実は雇用されているOLのような立場ではなく、一人一人が独立した「個人事業主」っていう扱いを受けていることを。この場合、稼いだお金はどのように申告すればよいのでしょうか。昼間勤めている会社にはばれたくありませんが、ばれずに申告することは可能なのでしょうか。

個人事業主とOLの違い

風俗嬢に限らず、キャバクラ嬢、ホステスなども、いわゆる水商売で働いている人は店側と、「業務委託契約」というのをしています。これは「個人事業主」、平たく言えば自営業と同じ扱い、ということです。
その場合、確定申告も必要だし、節税も必要となりますよね。
この申告について、「お店がやってくれる」と思っている風俗嬢の方は少なくないようです。
でも、知っている人と知らない人とでは、色々な部分で差が出てしまいます。
まず、確定申告は年度末(大体毎年2月中旬から3月中旬まで)にしなくてはなりませんよね。でも、勘違いしやすいのが、申告する収入は前の年の1月1日から12月31日までの分なのです。
確定申告自体は、基本自分の住んでいる場所の税務署に出向いてするのが普通ですが、国税局のホームページから用紙をダウンロードして申告してもよいですし、ネット申告もできます。郵送もできます。郵送の場合、消印が最終日であれば問題ありません。

もはや常識、風俗嬢の節税対策

せっかく頑張って稼いだ副収入は少しでも取られる税金を少なくしたい、って思いませんか?
そこで、風俗で働いている女の子がやるべき節税を、まとめてみました。
もし自分が「業務委託契約」を受けている「個人事業主」という立場だとわかったら、絶対に青色申告の方を選びましょう。なぜなら、努力すればするほど、得をする申告の方だからです。
書かなければいけない項目は大体次の通りです。

  1. 納税地(ほとんどが自分の住所)
  2. 氏名,生年月日、捺印
  3. 職業(「個人事業主」とは記載できません。具体的な職業名を書かなければならないけれど、キャバクラ、とは書きません。「接待飲食等営業」と書きましょう。)
  4. 屋号(個人事業主になるためには届け出が必要です。思い浮かばなかったら、空欄のままでも大丈夫です。)
  5. 青色申告したい年を記載する(収入のあった年)
  6. 所得の種類(風俗嬢のように接客して、お金をもらっている場合、「事業所得」になります。他には家賃収入や山林売買など色々とあります)
  7. 事業所または所得の起因となる資産の名称、およびその所在地(事業所名のところは空欄で。所在地には自分の住所を書いてくださいね)
  8. 今回初めて、青色申告をする場合は「いままでに青色申告承認の取消しを受けたこと又は取りやめをしたことの有無」のところは無に丸をします。

そのほかもありますが、空欄で構わない部分です。
このときにモノをいうのが経費の存在。
経費は車だって経費として申告できます。でも知らないと、車など10万円を超える高額商品は経費として落とせる消耗品ではなく、固定資産として処理されてしまうんです。
例えば車の場合は6年(72か月)に分割されて、経費に計上することになっています。
ここで知っておきたいのは青色申告した人には減価償却の特例がある、ということです。
青色申告をしている人は10万円以上30万円未満の資産は「必要経費算入の特例」として、最高29万9999円まで経費として、その年に収入から引かれます。つまり、300万円の車を買ったら、10年間30万円の経費が毎年落とせるということです。
これを知っているのと、知らないのとじゃ大違いですよね。
このように、パソコンやスマホも経費で落とせます。
パソコンも新しくしたら、経費として大切にレシートを保管しておいてください。このように知っていれば得をする、ということが白色申告より、青色申告の方が、断然多いのです。
この経費はあくまで、風俗嬢の仕事上必要であることが前提です。個人の趣味に利用する目的のものは経費として計上出来ないので注意してください。

風俗嬢をやっていることがばれたくない

このように、副業で風俗嬢をやっている人は確定申告をすることで、経費を計上し節税をすることが出来るのですが、「確定申告をしてしまうと、会社に副業をしていることがばれてしまうんじゃないか」と考えている方は多いのではないでしょうか。実は適切な方法で確定申告を行えば、副業のばれる確率を低くすることが出来るのです。
当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。確定申告を行う上で具体的にどのような事項に注意すればよいのかわかりやすく記載したものです。
ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

キャバクラで副業している人。源泉徴収票をもらおう!

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「キャバクラで副業している人の源泉徴収」について、お話します。

キャバクラやホステス、スナックなどで副業している方は多くの場合、給与という形態ではなく、報酬という形で賃金を受け取ります。キャストのみなさんが受け取る報酬はすでに10.21%の所得税が差し引かれているのです(一定額を控除した後の10.21%です)。これを源泉徴収といいます。副業をしているのが会社にばれたくない場合には副収入について確定申告をしなければいけません。そこで源泉徴収票が必要になるのです。

確定申告は必要!

「源泉徴収で所得税が納付されているから確定申告はしなくてもいい」というのは間違いです。副業をしているのがばれしまう原因に住民税の納付方法が挙げられます。住民税の納付方法は普通徴収と特別徴収があります。本業の会社が特別徴収の形をとっていると給料から住民税が天引きされます。もし、副業をして所得が増加すると住民税も増加します。そうなると、給与支払者は「他の社員と給与は変わらないのに住民税は違う。副業をしているのかな。」と勘づいてしまいます。そうならないためにも、住民税の納付は自分で行う普通徴収を選択する必要があります。確定申告をするには源泉徴収票が必要になるので、副業先から受け取り、なくさず保管するようにしましょう。

確定申告で所得税還付が可能

所得税に関しては給与支払者が源泉徴収で納付しています。しかし、実際にかかった必要経費や各種控除が差し引かれず税金を支払い過ぎている可能性があります。

キャバ嬢やホステスとして副業している方の必要経費には、「職場までの交通費」や「仕事用の携帯にかかる通信費」「仕事で身につける衣装」などの費用が挙げられます。もし実際の所得税が源泉徴収分よりも少なければ還付金という形で戻ってくることがあります。確定申告を行えば副業をしているのがばれるリスクが軽減されるだけでなく、節税対策にもなるので忘れずに行うようにしましょう。

どのように確定申告を行うか

納税は義務ですから、副業の収入であってもきちんと確定申告する必要があります。とは言っても、「どうやって確定申告をすればいいのかよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。どうすれば本業の会社に副業をしていることがばれないのか具体的な方法からおすすめな副業までお得な情報を掲載しています。これから副業を始めようと思っている方や副収入の確定申告のやり方を知りたい方にも役立つブックになっております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

サラリーマンで副業している方の税金対策「医療費控除」

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「サラリーマンで副業している方の税金対策【医療費控除】」について、お話します。

サラリーマンやOLで副業をされている方で、「副業収入の税金対策がしたい。」と言うご相談を多く受けています。そこで、適用される方は多いはずなのに多くの方が勘違いしている「医療費控除」についてお伝えいたします。

税金対策の「医療費控除」

サラリーマンやOLで副業をされている方から、『副業収入』について節税出来るのに、気がついていない方、副業収入は本業の会社にバレると困るから税金対策はしたくない。と考えている方がいらっしゃいます。『医療費控除』は合計所得金額の5%・10万円とのいずれか低い金額を超えた部分の金額となります。例えば、合計所得が180万円の場合、180万円の5%=9万円を超えた金額が所得控除となり、医療費控除を所得控除に載せることができます。家族の医療費を集約して控除することができるため、家族全員の年間医療費が9万円を超えている場合には控除の対象になります。

そのほかの節税対策は?

とは言っても自分一人で節税を考えるのは、難しいですよね。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しており、「Eブック」には、節税についても記載しております。具体的にどのような副業の税金対策が出来るのか知りたい方はぜひ、ご活用いただければと思います。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副収入を節税するポイント

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「副収入を節税するポイント」について、お話します。

サラリーマンやOLで副業をされている方で、「副業収入の税金対策かしたい。」と言うご相談を多く受けています。間違えてはいけないのが、税金対策とは節税をするということであって、脱税のお話ではありません。ネットでは脱税と節税を混ぜて考えてしまっている記事を見かけますが、脱税は犯罪ですので決してそのような内容を鵜呑みになさらないようご注意ください。以下は、節税についてのお話ですので、気になる方はお読みください。

副収入の税金対策とは?

サラリーマンやOLで副業をされている方から、『副業収入』について節税出来るのに、気がついていない方、副業収入は本業の会社にバレると困るから税金対策はしたくない。と考えている方がいらっしゃいます。しかし、副業の収入を得るために直接要した費用は『必要経費』として、算出することがきますので、しっかりと計上し、条件にあてはまれば副収入を節税できます。

必要経費として計上できるものは?

とは言っても「自分一人でこれは経費になるかな?」と考えていてもなかなかすすみませんよね。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しており、「Eブック」には、節税についても記載しております。具体的にどのような副業の税金対策が出来るのか知りたい方はぜひ、ご活用いただければと思います。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業で水商売をしている方の税金対策

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「副業で水商売をしている方の税金対策」について、お話します。

昼間はOLで副業としてクラブやキャバクラのホステスをされている方から、「副業収入の税金対策かしたい。」と言うご相談を多く受けています。そしてそのご相談者の方は「本業の会社に副業をしていることがバレたくない。」というお悩みも持っています。副業がバレず、且つ副業収入の税金対策をするにはどうすればよいか、以下を参考になさってください。

ホステス報酬は確定申告をしたほうがよい?

水商売(キャバクラ・クラブ・スナックなど)でホステス報酬を副収入とされている方は、その報酬から所得税を天引きされている場合があります。これは、確定申告をすれば戻ってくる可能性もありますので、「副業がバレたくないから」と言って確定申告を行わないと損をするケースもあります。もちろん、収入がある以上、申告をすることは義務ですので、当サイトから相談に来られた方には、本業の会社にバレないよう確定申告をするノウハウをお伝えしております。

水商売の確定申告ってどうすればよい?

とは言っても「自分一人で確定申告を行うのは不安」という方が多くいらっしゃるでしょう。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しており、「Eブック」には、副収入の節税についても記載しております。具体的にどのような副業の税金対策が出来るのか知りたい方はぜひ、ご活用いただければと思います。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

サラリーマンで副業している方の税金対策「住宅ローン控除」

住宅やマンションを購入した多くのサラリーマンが適用している住宅借入金等特別控除(以下、住宅ローン控除とします)ですが、節税という意味ではとても大きな効果をもたらします。今回は税金対策には欠かす事のできない住宅ローン控除について記述していきます。

住宅ローン控除とは

住宅ローン控除は、金融機関などから住宅ローン等を利用してマイホームを新築したり、増改築した場合で一定の要件を満たした場合に適用される「税額控除」です。実際の節税効果は下記の具体例を見ると一目瞭然です。

例 
年収400万円の給与所得者で一般住宅を新築(特定取得)したと仮定します。
年末の住宅ローン残高は3,000万円とし、基礎控除以外の所得控除は加味しないものとします。計算の便宜上、復興特別所得税についても加味しないものとします。

この場合における、住宅ローン控除が適用される場合と適用されない場合の違いは以下の通りです。

住宅ローン控除が適用される場合

給与所得=①2,660,000円
所得控除=②380,000円
課税総所得金額(①-②)=2,280,000円
所得税額=2,280,000円×10%-97,500円=130,500円
住宅ローン控除=年末住宅ローン残高の1%=3,000万円×1%=30万円
還付される税金=130,500円-300,000円=-169,500円 よって130,500円が還付される

住宅ローン控除が適用されない場合

給与所得=①2,660,000円
所得控除=②380,000円
課税総所得金額(①-②)=2,280,000円
所得税額=2,280,000円×10%-97,500円=130,500円
納めるべき税金=130,500円

冒頭でご説明したように住宅ローン控除は税額控除です。税額控除とは本来納めるべき税金額から直接差し引く事ができるため、節税効果が極めて大きくなるのです。

住宅ローン控除が適用される場合は130,500円の還付が受けられますが、住宅ローン控除がない場合は逆に130,500円を納めなくてはなりません。雲泥の差である事が分かります。

初年度は確定申告が必須

住宅ローン控除の適用を受けるためには、適用を受けようとする初年度においては確定申告が必須となります。2年目以降は年末調整で適用が可能となりますが初年度は確定申告をしなければなりませんので注意が必要です。

副業をしているサラリーマンの場合は毎年確定申告をしているのが一般的ですので、必要書類を添付して申告すれば良いのですが、一般のサラリーマンの皆さんは確定申告に馴染みがないと思います。従ってこのような立場の皆様は税の専門家である税理士へ相談、手続きを依頼して確実な節税対策をおすすめ致します。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。
https://century-partners.biz/
みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。