キャバクラで副業している人。源泉徴収票をもらおう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在増加中の副業についてのご相談を受けるなかで見えてきた、副業に関しての最低限の知識をお伝えするコチラのブログ。今回は「キャバクラで副業している人の源泉徴収」について、お話します。

キャバクラやホステス、スナックなどで副業している方は多くの場合、給与という形態ではなく、報酬という形で賃金を受け取ります。キャストのみなさんが受け取る報酬はすでに10.21%の所得税が差し引かれているのです(一定額を控除した後の10.21%です)。これを源泉徴収といいます。副業をしているのが会社にばれたくない場合には副収入について確定申告をしなければいけません。そこで源泉徴収票が必要になるのです。

確定申告は必要!

「源泉徴収で所得税が納付されているから確定申告はしなくてもいい」というのは間違いです。副業をしているのがばれしまう原因に住民税の納付方法が挙げられます。住民税の納付方法は普通徴収と特別徴収があります。本業の会社が特別徴収の形をとっていると給料から住民税が天引きされます。もし、副業をして所得が増加すると住民税も増加します。そうなると、給与支払者は「他の社員と給与は変わらないのに住民税は違う。副業をしているのかな。」と勘づいてしまいます。そうならないためにも、住民税の納付は自分で行う普通徴収を選択する必要があります。確定申告をするには源泉徴収票が必要になるので、副業先から受け取り、なくさず保管するようにしましょう。

確定申告で所得税還付が可能

所得税に関しては給与支払者が源泉徴収で納付しています。しかし、実際にかかった必要経費や各種控除が差し引かれず税金を支払い過ぎている可能性があります。

キャバ嬢やホステスとして副業している方の必要経費には、「職場までの交通費」や「仕事用の携帯にかかる通信費」「仕事で身につける衣装」などの費用が挙げられます。もし実際の所得税が源泉徴収分よりも少なければ還付金という形で戻ってくることがあります。確定申告を行えば副業をしているのがばれるリスクが軽減されるだけでなく、節税対策にもなるので忘れずに行うようにしましょう。

どのように確定申告を行うか

納税は義務ですから、副業の収入であってもきちんと確定申告する必要があります。とは言っても、「どうやって確定申告をすればいいのかよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。当サイトでは「副業がばれない方法のEブック」を配布しています。どうすれば本業の会社に副業をしていることがばれないのか具体的な方法からおすすめな副業までお得な情報を掲載しています。これから副業を始めようと思っている方や副収入の確定申告のやり方を知りたい方にも役立つブックになっております。

ご興味お持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。