副業アルバイトでも勤務先にマイナンバーを提出するのか? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2015年の10月からスタートしたマイナンバー制度。副業中の方はマイナンバーの存在で副業がばれるのではないか?と心配されていることでしょう。特に、2015年の年末調整では、本業の方で、マイナンバーの提出を求められた方も多いのではないでしょうか。
今回は、「このマイナンバーを提出するのはどんな時なのか?副業先でもマイナンバーを教えないといけないのか?」ということについてお伝えいたします。

副業でもマイナンバーの提出が必要

副業アルバイトをしている人は、マイナンバーを副業先にも提出する必要があることを覚えておきましょう。「マイナンバーを提出すると、本業の会社に副業していることがばれてしまうのではないか」と考える人がいるようですが、そんなことはありません。
なぜ、副業アルバイト先にマイナンバーを提出しなければならないのかというと、会社が報酬として支払った金額を税務署に通知する「支払調書」に支払先の人物のマイナンバーを記載しないといけない決まりになっているからです。これによって、税務署には、誰がどこからどのくらいの金額を受け取っているかが明確になり、脱税などが減るといわれています。

副業をしている人は、税務署には収入を把握されますが、副業先にマイナンバーを提出したからといって、本業の会社に副業がばれてしまうということはないでしょう。

扶養家族がいる時は、家族のマイナンバーも必要

本業の会社で年末調整をするかと思いますが、副業先でも年末調整を求められることがあるかもしれません。年末調整というのは、一箇所で行うのが原則ですので、副業先で年末調整はせず、本業の会社で年末調整を行いましょう。
この時、扶養家族がいる場合には、その家族のマイナンバーも扶養控除等申告書に記載が必要なため、家族のマイナンバーを提出する必要があります。

副業がばれないための対策

マイナンバーが登場してから、副業中の方を取り囲む環境は大きく変化しています。
マイナンバーを職場に提出したからといって、すぐに副業がばれるわけではないのですが、個人の収入は把握されやすくなっていることは事実で、しっかりと本業の会社へばれない対策をする必要があります。
当サイトでは「副業がばれないためのEブック」配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。