住宅ローン控除の適用を行うと副業がばれやすくなるのか?

2016年も確定申告のシーズンが近づいてきました。副業中の皆さんは確定申告をされますよね。
確定申告の際に、「住宅ローン」を組んでいる方は、「住宅ローン控除」を行うかと思いますが、この手続きをすると、もしかして、本業の会社に副業をしていることがばれてしまうのではないか、と不安に思っている人も多いかと思います。そこで、今回は、「住宅ローン控除で副業がばれてしまうのか?」についてお伝えいたします。

住宅ローン控除って何?

住宅ローン控除は、金融機関などから住宅ローン等を利用してマイホームを新築したり、増改築した場合で一定の要件を満たした場合に適用される「税額控除」です。実際の節税効果は下記の具体例を見ると一目瞭然です。

例 
年収400万円の給与所得者で一般住宅を新築(特定取得)したと仮定します。
年末の住宅ローン残高は3,000万円とし、基礎控除以外の所得控除は加味しないものとします。計算の便宜上、復興特別所得税についても加味しないものとします。

この場合における、住宅ローン控除が適用される場合と適用されない場合の違いは以下の通りです。

住宅ローン控除が適用される場合

給与所得=①2,660,000円
所得控除=②380,000円
課税総所得金額(①-②)=2,280,000円
所得税額=2,280,000円×10%-97,500円=130,500円
住宅ローン控除=年末住宅ローン残高の1%=3,000万円×1%=30万円
還付される税金=130,500円-300,000円=-169,500円 よって130,500円が還付される

住宅ローン控除が適用されない場合

給与所得=①2,660,000円
所得控除=②380,000円
課税総所得金額(①-②)=2,280,000円
所得税額=2,280,000円×10%-97,500円=130,500円
納めるべき税金=130,500円

このように住宅ローン控除は税額控除です。税額控除とは本来納めるべき税金額から直接差し引く事ができるため、節税効果が極めて大きくなるのです。

住宅ローン控除が適用される場合は130,500円の還付が受けられますが、住宅ローン控除がない場合は130,500円の納税です。雲泥の差である事が分かります。

副業がばれる心配が少しある

年末調整で住宅ローン控除の申請を出した場合で、源泉徴収票の源泉徴収税額が0円となってしまっているケースは、多少ばれる心配があります。本業の会社だけで働いている場合、本業の会社の給与から住民税など税金が天引きされるのですが、副業をしているとこの住民税額が異なります。本業の社内によほど税務に詳しい人がいない場合は、ばれませんが、もしも詳しい方がいれば多少のばれるリスクがあります。

副業がばれる可能性が高い

初めて住宅ローン控除の申請をする人は、年末調整ではなく、確定申告で申請を行わなくてはなりません。この時、確定申告で課税される所得金額の下の税額より住宅ローン控除額が大きい人は、副業の利益によっては本業の会社にばれてしまうリスクがあります。この場合、住宅ローン控除を行うか、しっかりと検討するべきなのですが、住宅ローン控除は節税効果が高いため、利用したい方が多いのが事実です。

副業がばれないための対策

住宅ローン控除などを活用したい方で、自分がどんなばれるリスクがあるのか知りたいという方は多いかと思います。
このような場合は税の専門家である税理士へ相談、手続きを依頼して確実な節税対策をおすすめ致します。

当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しており、確定申告の際の疑問やお悩みにお答えすることができます。ご興味をお持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

「ばれやすい副業」と「ばれにくい副業」の違いとは?

サラリーマンやOLで副業をしている方々は、今している副業が本業の会社にばれないか、いつも心配しているかと思います。もしくは、これから副業を始めようとしている方は「本業にばれない副業ないかなぁ…」と探されているかと思います。
そんな方は、本業の会社にばれにくい副業とはどんな職業か、逆どんな副業ならばれにくいかを知っておく必要があります。
気になる方は、ぜひ、こちらをお読みください。

ばれにくい副業

「ばれにくい副業」とはどんな職業かというと、「サイドビジネスでお金を稼ぐ職業」です。
サイドビジネスとは、ネット上で仕事をする場合や、コンサルティング、ホステスや風俗嬢、業務委託で仕事をするライターなどの仕事です。サイドビジネスの場合、副収入にかかる住民税は、本業の会社と別に支払いをすることで、本業の会社にばれにくくすることが出来ます。

ばれやすい副業

「ばれやすい副業」とはどんな職業かというと、「給料をもらう仕事」です。
「給料をもらう仕事」がなぜばれやすいかというと、副業で給料を受け取っている場合に、この副収入にかかる住民税に関して市区町村に支払う義務があるわけですが、この住民税の支払いを本業の会社と分けてもらうのが難しい場合があるからです。

サラリーマンやOLの多くが、住民税は本業の会社の給料から天引きされているかと思います。副収入にかかる住民税も本業の会社から天引きされるとなると、本業の会社で給料の支払いをしている人は、「あれ?この人、みんなと同じ給料なのに住民税が多いな、おかしいぞ?」と勘づいて、副業をしていることがばれてしまう場合があるからです。

副業がばれないための対策

すでに副業をしている方は、もしも「ばれやすい副業」をしているなら、副業をかえることを検討してみた方が良いかもしれません。

副業をしているのがバレてしまう原因は、住民税の納付方法によるものです。住民税の納付を特別徴収にしていると副収入分にかかる住民税も本業の給与から天引きされてしまいます。そこで、会社は住民税の変額に気づき、副業をしているのではないかと疑ってしまいます。

そうならないために、正しい確定申告の方法を学ぶことが大切です。副業で収入が発生したら確定申告をしなければいけません。そこで、当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しており、確定申告の際の疑問やお悩みにお答えすることができます。ご興味をお持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

お金を増やすためには、副業・開業・週末起業どれがよい?

「もっとお金があったら…。」と感じることありませんか?色々な場面で、お金は必要になるのですが、お金を増やすためにはどんな手段があるのでしょうか。今、本業がありつつも「もっとお金を稼ぐ方法はないか?」と模索中の方は、ぜひ、こちらをお読みください。

開業・週末起業

週末起業とは本業をお持ちのサラリーマンやOLの方、主婦やパートをしている方が週末や平日の仕事終わりの時間を使い、自分でビジネスを始めることです。会社を辞めずに小資本で起業することができるのでリスクを最低限に抑えることができます。また、自分のやりたいビジネスを始めることができるので「起業した」という充足感を得ることができます。

週末起業で自分のビジネスが軌道にのってきたら完全に独立して「開業」するのも良いです。開業時は、お金が苦しい場面もあるかもしれませんが、最終的な資金のやりくりを自分で決定できるので、お金を稼げるチャンスは広がります。このまま、サラリーマン・OLとしてお給料制で働くか、開業をして自分の好きな仕事で自分の自由に稼ぐかは、大きな人生の選択です。

開業の場合は、副業よりも稼げる可能性は十分にあるのですが、事業に失敗した場合、借金をすることにもなります。リスクもしっかり検討した上で一歩踏み出すかどうかを決めた方が良いでしょう。

副業

「開業する自身はない…。」「今のお給料、プラスαで稼げれば良い」という人は、副業の方が向いているかもしれません。
ただし、副業をする際も「稼げる副業」と「稼ぐのが難しい副業」があるので、注意しなければいけません。

水商売などは、副業の中でも高収入をかせげる副業です。ただし、精神的にも体力的にも決して楽ではないので、継続するには覚悟が必要です。「稼ぐのが難しい副業」としては、内職やブログライターなどの仕事があげられるでしょう。頑張れば月数万円はかせげるけれど、それ以上は難しいでしょう。

月額どのくらいの副収入が欲しいかを決めて、どんな副業をするか選ばないと、目標金額を稼ぐのは難しいでしょう。
さらに副業の場合は、「本業の会社にばれたくない」という人も多いのではないでしょうか。
副業で収入を増やすつもりが、本業にばれて、本業をクビになってしまうということがないように、しっかりと「副業がばれないための対策」をすることが必要です。

まとめ

「開業・週末起業」でも「副業」でも、堅実にやっていればお金は増えていくと思います。ただ、前者の場合は、失敗する可能性もあるので、ちゃんとした計画と覚悟が必要です。手早くお金を増やせるとするならば、「副業」はオススメですが、本業の会社へのばれも心配です。

当サイトでは「副業がばれないためのEブック」を配布しています。具体的に、確定申告の際にどのような事項に注意すれば良いか、確定申告初心者の方にも分かりやすく記載されています。ご興味をお持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

「稼げる副業」と「稼ぐのが難しい副業」

最近、副業を始めるサラリーマン・OLの方が増えてきました。副業をしている方の中には本業先以上の収入を得ている方もいます。そんなに「稼げる副業」とは何なのか?そして逆に「稼ぐのが難しい副業」とは何なのかについてお伝えいたします。

稼げる副業

水商売

OLの高収入副業といえば、有名なのが「水商売」でしょう。昼間は本業の仕事をし、アフター5や休みの日を利用して、キャバクラ嬢やホステスとして働きます。この副業は、体力も精神力も必要になるので、簡単というわけではありませんが、時給にしても2000円〜4000円もらえ、さらに指名などがとれるともっと稼ぐことが出来ます。水商売を副業としている人の中には、本業よりも稼いでいるという方は珍しくなく、年収にして1,000万円近く稼いでいる人もいます。

FX

サラリーマンに人気の稼げる副業といえば、近年ますます人気が高まっているFXではないでしょうか。
FXは通貨の売り買いで稼ぐ手法で、株式投資と違い、元手は数万円と少額でスタートすることが可能です。元手は少なくても「レバレッジ」という仕組みを利用することで、元手の20倍の金額を取引することができ、大儲けできる可能性があるのです。ただし、マイナスになると借金を背負うことになりかねません。実際に慣れていない方が20倍の金額で取引することは考えられませんが、時間にしばられる高収入を得ることが出来る可能性のある副業です。

アフィリエイト

アフィリエイトは、自分で制作したサイトやブログ内に企業広告を掲載し、クリックされた分だけ金額が支払われますが、最初の訪問者を集める部分に成功するとコンスタントに収入を得ることができ、稼げます。ただしこの、【集客する部分】には、ネットの知識や技術が必要なため、自分のサイトを育てるための時間は必要です。長く根気強く続けられる方には向いています。

稼ぐのが難しい副業

内職

内職は、在宅でできるデータ入力のようなものから、袋詰めやシール貼りなど様々な作業に対して、金額が支払われますが、頑張っても本業がある場合だと、月数万円稼げる程度です。さらに安定して仕事があるかどうかも重要になってくるので、副業で稼ぎたいという方だと少し物足りないかもしれません。作業をした分だけは支払われますが、それと引き換えに時間もかかるので、自由な時間が少なくなってしまうのも事実です。

ブログライター

ブログライターは、有名ブロガーにならない限りも中々稼ぐのは難しい副業です。とくに、最近は、クラウドワークスなどで気軽に記事制作を依頼できるようになり、1記事の単価も数百円〜と安くなっています。不慣れな場合だと、何度も書き直しをしたりととてもわりにあった作業とは言えないのですが、「将来ライターになりたい」という夢があり、稼ぎのみが目的という方でなければ副業としてスタートしてみるのも良いかもしれません。

Naverまとめ

Naverまとめのシステムを使い、まとめ記事をアップしていって集めたアクセス数に応じて報酬が支払われるという仕組みなのですが、Naverまとめ自体が飽和状態で、どんなワードを検索してもまとめ記事が出てきてしまうご時世なので、これで稼ぐというのは難しいでしょう。

副業がばれないための対策

副業を始めたい、とお考えの皆様はもちろん少しでも収入を増やしたいとお考えかと思いますので、「稼げる副業かどうか」は非常に重要な問題かと思います。しかし、忘れてはいけないのが、「副業がばれないための対策」です。
当サイトでは、副業がばれたくない方のために「副業がばれないためのEブック」を配布しています。
もし、この資料を読んでも分からない、安心できないという場合は、税理士への相談が出来るアップグレードプランもありますので、ご活用くださいね。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

アフィリエイト副業のメリットデメリット

サラリーマンやOLに人気のネットを使用した副業といえば、「アフィリエイト」ですが、これから何か副業を始めようと考えている方は、ぜひ、このアフィリエイトのメリット・デメリットについて理解し、副業の種類をお選びいただければと思います。

アフィリエイトとは?

「アフィリエイト」とは、自分のホームページやブログに企業広告を掲載して、その広告がクリックされるとお金が入ってくるというビジネスです。たくさん見られるホームページやブログを制作することで、たくさんの人が閲覧し、広告クリックも増え、稼ぐことができるという仕組みです。

アフィリエイトのデメリットとは?

初期はほとんど稼げない

アフィリエイトは、自分のホームページやブログを制作し、そこに関連した広告(訪問したユーザーが興味のありそうな広告)を掲載させますが、まず、【自分のホームページやブログを制作する】という部分に時間を要します。
これも、ジャンルなどを決めて、ある特定の趣味をもったユーザーやある特定のことに関心をもったユーザーが訪れてくれるような情報のあるサイトにする必要があります。そうしないと訪問者にとって有益な情報を載せていないと、訪問者の数を増やすことができず、広告掲載をしても意味がなくなってしまうからです。
つまり、最初、訪問者が集まってくるサイトにするために時間がかかり、始めたからといってすぐに儲かるというビジネスではないのです。

引きこもりがちになる

こういったアフィリエイトの作業は、PCがあればどこでもできます。
休みの日や空いた時間を利用してせっせと情報収集をして、自分のサイトを充実させていくのですが、そうするとどうしても引きこもりがちになり、中々外へ出かけていくチャンスがなくなっていく可能性があります。そして、何より孤独です。誰かと行う作業でもないため、「ひとり」「自宅でもくもく作業」という部分に気が滅入ってしまう方にはオススメしません。

アフィリエイトのメリットとは?

初期費用が安い

どのようなサイトを制作するかによって初期費用はことなりますが、無料ブログでスタートする場合なら、初期費用0円でスタートすることができます。しかし、初心者でキーワードの選定などあまり分からない時は、キーワード選定ツールなどを使用して次始めた方がよいでしょう。無料ブログではなく、自分でサイトを作成する(技術が必要)場合なら、サーバー代金・ドメイン代金で年間5,000円くらいの費用がかかります。
いずれにしても、ほとんど費用がかからずに始めることができるのが魅力です。

サイトが育てば自走してくれる

アフィリエイトの良いところは、サイトが充実してくると、そんなに手を加えなくても訪問者がやってきて広告にクリックしてくれるようになり、毎月安定した収入が入ってくるようになることです。
しかし、この状態にまでサイトを成長させる前に断念してしまう人も多くいますので、根気が必要な副業であることは事実です。

副業がばれないための対策

副業を始める際に、どんな副業が良いか決めたら、つぎは「副業がばれないための対策」が必要です。「アフィリエイト」はアルバイト副業に比べてばれにくい副業ですが、それでも「ばれないための対策」をしておかないと安心して続けることが出来ません。当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業アルバイトでも勤務先にマイナンバーを提出するのか? 

2015年の10月からスタートしたマイナンバー制度。副業中の方はマイナンバーの存在で副業がばれるのではないか?と心配されていることでしょう。特に、2015年の年末調整では、本業の方で、マイナンバーの提出を求められた方も多いのではないでしょうか。
今回は、「このマイナンバーを提出するのはどんな時なのか?副業先でもマイナンバーを教えないといけないのか?」ということについてお伝えいたします。

副業でもマイナンバーの提出が必要

副業アルバイトをしている人は、マイナンバーを副業先にも提出する必要があることを覚えておきましょう。「マイナンバーを提出すると、本業の会社に副業していることがばれてしまうのではないか」と考える人がいるようですが、そんなことはありません。
なぜ、副業アルバイト先にマイナンバーを提出しなければならないのかというと、会社が報酬として支払った金額を税務署に通知する「支払調書」に支払先の人物のマイナンバーを記載しないといけない決まりになっているからです。これによって、税務署には、誰がどこからどのくらいの金額を受け取っているかが明確になり、脱税などが減るといわれています。

副業をしている人は、税務署には収入を把握されますが、副業先にマイナンバーを提出したからといって、本業の会社に副業がばれてしまうということはないでしょう。

扶養家族がいる時は、家族のマイナンバーも必要

本業の会社で年末調整をするかと思いますが、副業先でも年末調整を求められることがあるかもしれません。年末調整というのは、一箇所で行うのが原則ですので、副業先で年末調整はせず、本業の会社で年末調整を行いましょう。
この時、扶養家族がいる場合には、その家族のマイナンバーも扶養控除等申告書に記載が必要なため、家族のマイナンバーを提出する必要があります。

副業がばれないための対策

マイナンバーが登場してから、副業中の方を取り囲む環境は大きく変化しています。
マイナンバーを職場に提出したからといって、すぐに副業がばれるわけではないのですが、個人の収入は把握されやすくなっていることは事実で、しっかりと本業の会社へばれない対策をする必要があります。
当サイトでは「副業がばれないためのEブック」配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

副業でキャバクラ派遣をする人のメリット・デメリット

昼間は会社でOLとして働き、夜はキャバクラやスナックで副業するという女性が増えています。定時で上がる仕事で、アフター5に少しでも稼げることをしたいと考えている人が多いようです。
しかし、実際に水商売で働くとなると、ノルマや営業連絡など実際の働く時間以外でも副業のために時間をついやす必要が出てきます。本職としてホステスやキャバクラ嬢をやっている人は良いのですが、副業だとそれが苦痛になってしまうケースもあるようです。
そこで、副業でキャバクラ嬢をしたいという方に、「キャバクラ派遣」という新しい働き方が注目されています。今回は、キャバクラ派遣のメリット・デメリットをご紹介します。

キャバクラ派遣のデメリット

色々な店舗に行くのでルールが様々

キャバクラ派遣は、自分が働きたいと思った曜日・時間にあったお店にいくため、毎回違うお店に入ります。その都度、ドレスの貸し出しがある店なのか?新規のお客さんにつくのか?など、店舗によってのルールが異なります。毎回違うお店に行けるのが飽きないので楽しいという方もいますが、場所が決まってないとその都度、新しいルールに従うので慣れないうちは疲れてしまうかもしれません。

在籍ではないと衣装が大変

お店によって、ドレス貸し出しなどがありますが、自分で用意する場合もあります。その場合、昼の職場にドレスや靴などを持って行かなといけないため、荷物が多いのも大変です。在籍(1箇所に在籍するキャバクラ嬢)の場合は、靴やドレスを置いて置けるので、楽なのですが、キャバクラ派遣はそうはいきません。

キャバクラ派遣のメリット

ノルマや無理な営業をしなくてよい

キャバクラ派遣は、サポート的な立場でお客さんにつくことが多いので、ノルマや無理な営業をする必要がありません。在籍の場合は、自分にお客さんをつけないと、と日中に営業連絡をとったりと大変ですが、そういった煩わしさがないのがキャバクラ派遣の良いところです。

時間と日にちが自由

水商売の場合、欠勤や遅刻は罰金をとるところもあるほど厳しいので、本業の仕事で残業しなければいけなくなって出れなくなってしまったりすると、損失が出てしまいます。
その点、キャバクラ派遣は当日にスケジュールを入れることも出来るため、本業との両立がしやすいのが特徴です。

副業がばれないための対策

副業でキャバクラ派遣をする時に心配なのが、「副業がばれないかどうか」です。特に水商売の場合、職場の人にばれるとあまり良い印象を持たれないことが多いでしょう。そこで、副業がばれないための対策をしっかりととっておく必要があります。

当サイトでは、副業がばれたくない方のために「副業がばれないためのEブック」を配布しています。
もし、この資料を読んでも分からない、安心できないという場合は、税理士への相談が出来るアップグレードプランもありますので、ご活用くださいね。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

FXはなぜ副業として人気が高いのか?

サラリーマンやOLを中心に副業として人気の高いFXですが、なぜそんなに人気があるのでしょうか。今回は、副業FXの人気の原因について考えてみましょう。

少ない投資で大きく儲けられる

FXが副業に適しているのは、少額の元手で数十倍の取引を行うことができるからです。
投資というとある程度資金を用意しなくてはいけないと考えがちですが、FXは、証拠金が最低5万〜10万程度で始めることが出来ます。

少ない投資でも25倍までの金額で取引を行えるので、良い取引ができれば儲けは大きくなります。

24時間取引ができる

為替の取引は世界中で行われています。そのため、24時間取引が可能です。24時間取引が可能ということは、サラリーマンやOLの副業には好都合です。

昼間は、本業に専念し、空いている時間を活用して取引が行えるわけです。特に、東京市場が開く9時の時間帯に取引をする人が多いようです。

FXは、株式のような上がる時に儲けられるという仕組みではなく、「売り」「買い」が出来るため、投資のチャンスが多いのも特徴です。

現在は、取引ツールも簡単に使用でき、初めての方も抵抗なく利用できます。

FXはばれにくい副業

FXが副業として人気があるのは、副業アルバイトなどと比較して、ばれにくいからです。
副業は、住民税からばれることが多いです。
住民税は、本業の会社で給与から天引きされている方が多くいらっしゃるかと思いますが、副収入にかかる住民税については、別で支払うように手続きを取らなくては、本業の会社に副業がばれてしまいます。
副業アルバイトの場合は、副収入にかかる住民税の支払いを本業の会社と別に出来ない場合があるので、ばれやすいのです。

一方、FXを副業としている人は、給与として副収入を得ているわけではないので、利益が出た分を確定申告する際に、その金額にかかる住民税を別支払いにするよう手続きをとれば良いのです。

副業がばれないための対策

FXがばれにくい副業だとしても、本業の会社にばれないための対策が必要です。サラリーマンやOLの副業として人気のあるFXですが、多くの方が「副業していることがばれたくない」と思っています。ばれないためには、利益が出た際の確定申告ノウハウを身につけておく必要があります。

当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

FX会社にマイナンバーを知らせると、副業がばれるのか?

2015年の10月から開始されたマイナンバー制度。副業中の方は、「マイナンバーで副業がばれるのではないか?」と心配されているかと思います。
最近人気が出てきている副業「FX」で口座開設する場合も、マイナンバーの提出が必要になります。
マイナンバーの提出をすることによって、副業がばれてしまうのではないか、という声が聞かれるので、そのことについてお伝えいたします。

なぜ、FX会社にマイナンバーを提出するのか?

そもそも、マイナンバー制度とは年金や雇用、医療保険の手続き、生活保護、児童手当といった福祉の給付や、個人の収入に関する情報(納税状況)など、今まで別々に管理されていた個人情報を一元化させることで行政サービスの効率化を図るための制度です。

FX会社は、支払調書に顧客のマイナンバーを記載することが義務付けられたため、顧客は、口座開設をする際、マイナンバーを提出しなければなりません。

既にFX会社で口座を持っている人は、2018年の12月末までにマイナンバーを提出しなければなりません。

これによって支払先を明確にし、脱税を防ぎたいという、行政の考えもあるようです。

ご自身の住民票のある市区町村から個人番号通知カードが届きます。こちらには、個人番号が記載されており、この番号を

FXで利益が出た場合は、確定申告をする必要がありますが、その各種行政手続きを個人番号カードを取得することでできるようになります。

個人番号カードとは、市区町村に申請すると交付が受けられる顔写真付きのICカードです。

このカードを取得すると、自宅のパソコンから行政手続きを行えたり、コンビニなどで各種証明書を取得したり、本人確認の身分証明書としても活用することができます。

個人情報保護の点から、「FX会社にマイナンバーを教えるのは不安だ」という方もいるでしょう。

各社は、このマイナンバーの取り扱いにあたりかなり慎重に導入準備をしているようです。不安な点がある場合は、口座開設をする会社に問い合わせをしてみると良いでしょう。

マイナンバーをFX会社に教えたからといって、本業の勤務先にFXをやっている旨が通知されるわけではありません。マイナンバーをFX会社に教えることは、副業のばれに直接的にはつながらないでしょう。
マイナンバーでは様々な情報を一元管理することが出来ますが、勝手に情報を閲覧できない仕組みになっています。本業の会社の経理担当などが、マイナンバーからあなたのFX取引情報を知る、というのは考えにくい話なのです。

副業がばれないための対策

「マイナンバーを提出したからといって、副業がばれる」ということは考えにくいのですが、副業でFXをしていることが本業の会社にばれないための対策は必要です。サラリーマンやOLの副業として人気のあるFXですが、多くの方が「副業していることがばれたくない」と思っています。ばれないためには、利益が出た際の確定申告ノウハウを身につけておく必要があります。

当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。「副業がばれないための確定申告のノウハウ」や「節税方法」などを記載しており、確定申告を初めて行う方にも重宝していただいております。ご興味をお持ちのかたはぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは

OLの月5万円稼げる副業とは?

本業の給与だけでは足りず、副業を始めようと考えているOLの方が増えています。昼間の仕事のみでは生活が苦しい、お給料アップを願うけど、中々上がらない。。。という方に、OLさんが月5万円稼げる副業についてご紹介します。

堅実に稼ぐ『副業アルバイト』

本業のお休みを利用したり、アフター5を活用して「副業アルバイト」をすれば、月5万円稼ぐことができます。

飲食店などのウエイトレスや、夜間のコンビニ、居酒屋などのバイトで時給1000円程の職場を探し、月50時間働けば、5万円の副収入になります。

しかし、接客業の場合、職場の人の通勤圏内で働くと顔ばれすることもあるので、絶対にばれたくない方は、アルバイトの種類を新調に選んだ方が良いです。

賢く投資『FX』

時間や場所の拘束なく稼げる『FX』は人気の副業です。副業アルバイトのように顔ばれなどの心配もありませんし、休日を犠牲にすることもありません。

しかし、しっかりと知識をつけて行わないと損益を出してしまう恐れがあり、資金に余裕のない方だと、かなりキツイでしょう。

株式投資と違い少額からスタートできますが、家計に余裕のない方にとってはリスクの高い副業です。

在宅ワーク『クラウドソーシング』

近年、ネット上でデータ入力やライティングなどの仕事を受発注できる『クラウドソーシング』が注目を集めています。

ネット上でやりとりができるので、場所を選ばず、PCさえあれば仕事を始めることができます。

クラウドソーシングの場合、案件によって金額のばらつきもあるので、毎月スタンダードな収入を求めるようなら、アルバイト副業などの方が確実かもしれません。

高収入も見込める『水商売』

短時間で高収入を稼ぎたい方は、「水商売」で働く人が多いです。昼間の仕事を終えたアフター5を活用して、クラブやキャバクラ、スナックなどで働くというスタイルですが、体力と気力を使うので始めるには覚悟が必要です。

また、副業アルバイトでも記載したとおり、接客業なので顔ばれしないとも限りません。

今回ご紹介した副業の中では稼げる副業で、水商売をしている人の中には、本業の収入を上回る副収入を得ている人もいるほどです。

副業をする際の注意点

副業を始めようと思う方は、まず、就業規則をチェックしましょう。副業禁止の会社で副業をしているのがバレると罰則を受けることがあります。また、副業を禁止していない会社でも周りに副業をしているのがバレたくないという方もいると思います。

副業をしているのがバレてしまう原因は、住民税の納付方法によるものです。住民税の納付を特別徴収にしていると副収入分にかかる住民税も本業の給与から天引きされてしまいます。そこで、会社は住民税の変額に気づき、副業をしているのではないかと疑ってしまいます。

そうならないために、正しい確定申告の方法を学ぶことが大切です。副業で収入が発生したら確定申告をしなければいけません。そこで、当サイトでは、「副業がばれないためのEブック」を配布しています。税理士への電話相談やメール相談のついたプランもご用意しており、確定申告の際の疑問やお悩みにお答えすることができます。ご興味をお持ちの方はぜひ、こちらでご確認ください。

副業がばれないためのEブック

みなさんが、安心して副業を行えるよう、お役に立てれば幸いです。

副業がばれないためのEブックとは 副業がばれないためのEブックとは